fc2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山を探検に行こう

南伊勢 網掛山 (2023.11.26) 

20231126s-69.jpg
網掛山 もみじ谷にて

これにて見納め?名残りの紅葉となるか

週末に限って微妙な天気続きだった秋の低山山行。
晴れて暖かい日に限って別の予定があってこの秋の候補山に行けず。
もたもたしているうちに気温的にもすっかり冬になってしまった。
秋はほんとに短い。
もうちょっと秋を満喫したい。
昨年は行きそこねた候補リストに入れていた山へ。
奥伊勢は網掛山(あみかけやま)。
林道を走れる車であれば山頂近くまで上がれるだけに
山自体は期待しておらずでメインはもみじ谷。
紅葉シーズン以外に来る目的が無いと思えたが・・。
地形図的にも単純明快な登山道で林道だらけだろうなんて侮っていたら
コース案内図にもあるルートなのに見失うほどワイルドだったり
勝手ルートも多くて複雑で独特な山だったのが面白かった。
なによりも変わっていたのは、
地形図をどう読み解いてもピークじゃないところに2座も隠れていた。
その名も「女浅間山(おんなせんげんざん)」「阿曽浅間山(せんげんざん)」だ。
そんなところに山なんか無いと思って女浅間山はスルーしてしまったり。
肝心のもみじ谷として有名な谷の紅葉はどうだったかというと・・。
登山道から見上げるほど上のほうにあったので遠くて紅葉のトンネルとはいかなかった。
もしかして他のルートを探せばもっと紅葉にまみれられたかも。
それよりなにより往路の道路際の各所の紅葉に最初に見惚れてしまった。
帰りに立ち寄った丸山公園は有名すぎて車や人の数に参った。
登山の後だけにそれなりに疲れていたので
臨時駐車場から片道15分も歩く気力はなく車から降りることもなく退散。
道路際の紅葉でも十分堪能できた。
さらにハナノキを見に行くも散り終わっていた。
そんなこんなで名残りの紅葉を楽めた一日だった。

詳細は以下より

20231126s-124.jpg
ジオグラフィカより  ★時計回り周回

20231126s-3.jpg
道中の日本一の清流のまち「本田木屋」にて

20231126s-4.jpg
あまりに朝の光に照らされたモミジやイチョウが美しかった

20231126s-5.jpg
まるで燃えてるかのようだ

20231126s-6.jpg
水面からは蒸気

20231126s-8.jpg

20231126s-9.jpg

20231126s-10.jpg

20231126s-11.jpg
すでにもうお腹いっぱいになった(≧∇≦)

20231126s-12.jpg
ということで網掛山の登山口駐車地(無料)に到着
いったい何台停めれるのだろうという広さだ

20231126s-13.jpg
500m先の登山口から登ろうと思っていたら・・

20231126s-14.jpg
伐採作業期間とやらで通行禁止だった

20231126s-128.jpg
地図でおさらい
黄色破線で登る予定だったが大きく迂回する羽目になった
あとから貼ってあった地図をよく見ると黒破線あたりに迂コースがあったみたい(^^ゞ

20231126s-15.jpg
本来取り付く予定だった駐車地から500m先の登山口(右手)を通過・・・

20231126s-16.jpg
背後は写せなかったが、
我々の行動に従ってゾロゾロと8名くらい付いてこられた。

20231126s-17.jpg
大きく迂回した先の取り付き
「近道コース」となっていた

20231126s-18.jpg
いざ、山中へ

20231126s-19.jpg
金剛山ではすでに終わっているセンブリ祭り

20231126s-20.jpg
しばらくは作業道歩きだった

20231126s-21.jpg
分岐に到着
本来の取り付きからのルートや迂回路も合流していた

20231126s-22.jpg
林道コースへは進まず、尾根へ

20231126s-23.jpg
六町から見かけたが、どこからか一町から始まっているんだと思われる

20231126s-24.jpg
約100m起きに木札があるようだ
以降は省略

20231126s-25.jpg
あちこちに勝手ルート分岐があったりで複雑だ

20231126s-26.jpg

20231126s-27.jpg

20231126s-28.jpg
口紅マークがナイスな女浅間山(おんなせんげんざん)とやらが左に行くとあるとの表示
しかしそっちは下る一方だったので山があると思えずスルーしたのが惜しまれる
本当にありえない場所にあったようだ

20231126s-29.jpg
ポテトチップが刺さった切り株w

20231126s-30.jpg
いつしか自然林帯へ
さらに登る

20231126s-31.jpg
阿曽浅間山(あそせんげんざん)にて
とても山頂と思えない場所だったのであえて山頂とは書かなかった

20231126s-32.jpg
こちら方面ではお馴染みのイセAOKIさんの山名板だ
パンダの絵柄が無いので古いのかな?

20231126s-125.jpg
地図でおさらい
まさかの場所に「女浅間山」があるという
ちなみに男浅間山ならぬ「阿曽浅間山(あそせんげんざん)」も
ピークじゃないだろコレ?という場所にあった(≧∇≦)

20231126s-33.jpg
疑似ドローン撮影

20231126s-34.jpg
落ち葉、サックサク

20231126s-35.jpg
またややこしい分岐が登場
展望所と書かれた方向には進めなくて、
「幸の森」と書かれた方向に展望があるような無いようなw
進むべきは林道終点方向だ

20231126s-36.jpg
展望はきびしかった「幸の森」

20231126s-37.jpg

20231126s-38.jpg
山上の駐車地が見えてきた

20231126s-39.jpg
林道終点の山上の駐車地
まさかの駐車車両0台
やっぱり下から登りたいよね

20231126s-40.jpg
つまり、山頂直行の尾根と
遠回りになるが左・右とのルートに分かれていた

20231126s-41.jpg
山頂直行の尾根ルートに進むも・・・

20231126s-42.jpg
紅葉はほとんど無し

20231126s-43.jpg
たまに紅一点、ポツンと
こんなことならもみじ谷側の右ルートに行くべきだったか?!

20231126s-44.jpg

20231126s-119.jpg

20231126s-45.jpg
疑似ドローン撮影

20231126s-48.jpg
本日のメインピーク、網掛山山頂に到着

20231126s-47.jpg
網掛山山頂にて
道中ではほとんど人を見かけなかったが
さすがは山頂、周りには休憩している人が多数
山名板の真後ろやすぐ脇で休憩するのだけはやめてほしい気持ちでいっぱいです

20231126s-46.jpg
なにやらややこしいなぁ

20231126s-49.jpg
山頂から少し戻ってラクラクコースのほうへ進むも・・・

20231126s-50.jpg
ややブッシュぎみで、あまり歩かれてなさそうなルートだった

20231126s-51.jpg

20231126s-52.jpg

20231126s-53.jpg
やはりややこしいが、ラクラクコースまで行かずに途中から

20231126s-54.jpg
ちゃんと案内表示があるというのに、すぐにルートがわからなくなった

20231126s-55.jpg
それでも無理やり進んでいるといつしかラクラクコースに合流した(`´)

20231126s-56.jpg
ラクラクコースにて

20231126s-57.jpg

20231126s-58.jpg

20231126s-59.jpg
山頂からの東尾根コースと合流
方向感覚がおかしくなるなぁ

20231126s-60.jpg
なになに?
展望岩からの紅葉が素晴らしいと?
行かないわけにはいかないか

20231126s-61.jpg
もしかして難所では?

20231126s-62.jpg
岩場であったが難所ではなかった

20231126s-63.jpg
展望岩に到着
さぁ、振り返ります!

20231126s-64.jpg
をを~~
網掛山が一望

20231126s-65.jpg
分岐まで戻って、いざ!もみじ谷へ
いよいよ本日のメインイベント

20231126s-66.jpg
斜面の上のほうに・・
遠い・・
もしかして網掛山山頂への右ルートへ進めばまみれてたかも?

20231126s-67.jpg
ちょっと肩透かしを食うたような

20231126s-68.jpg
美しいんだけど遠い

20231126s-70.jpg
トラロープに誘導されてちょっと登れるところがあったので近づいてみた

20231126s-72.jpg

20231126s-71.jpg
ズームで引き寄せてなんとか

20231126s-73.jpg

20231126s-120.jpg

20231126s-74.jpg

20231126s-76.jpg

20231126s-75.jpg
以上、おわり、という感じ

20231126s-77.jpg
まだあった

20231126s-78.jpg

20231126s-121.jpg

20231126s-79.jpg
ここで引き返す人方たちがいらっしゃったので身構える(≧∇≦)

20231126s-80.jpg
難所かも、いやそうでもないかも
「は?」
聞こえてなかったみたい

20231126s-122.jpg
ほどなく採石場跡の広場に到着

20231126s-83.jpg

20231126s-89.jpg
なかなか広大だ

20231126s-82.jpg
ようやくここで昼休憩だ
無駄に広いフラットさ
ここ以外だと網掛山山頂と山上の駐車地くらいしか適地がなかった
最初からここまで下ってきて休憩する予定だったが
それでもまだ全体の半分くらいの場所だ

20231126s-84.jpg
やっとザックを降ろせた

20231126s-86.jpg

20231126s-85.jpg
今回はチキンラー、オンリー
さすがにもう飽きた。。

20231126s-87.jpg
みねごん特製の自家製レモンの手作りクッキー

20231126s-126.jpg
地図でおさらい
網掛山山頂への尾根ルートと
もみじ谷ルートの間のルートはどんな感じだったのだろうか

20231126s-88.jpg
休憩中は化繊ダウンを着ていたが
行動再開ということで最初から脱いでおいたら寒いのなんの

20231126s-90.jpg
一時間の休憩の後、下山へ
採石場跡があるということはここまで林道なりがきているはず
しかし登山道を忠実に、しかも足早に下山
次に行くところがあったので

20231126s-91.jpg
どんどん進む

20231126s-92.jpg
国道42号線(熊野街道)が見える
あそこの標高まで下りないといけないのだ
まだまだだ

20231126s-93.jpg
何やら謎のサンドバッグのようなものがぶらさがっている
ここからもどこかに取り付けるようだった

20231126s-94.jpg
あの山はどこの山かな?
方向的に南
古和峠は大河内山ピークから東に300mくらいのところにある電波塔と判明
つまり右のピークは大河内山だ

20231126s-95.jpg
さらに下山を急ぐ

20231126s-96.jpg

20231126s-97.jpg
きわめて快適なルートであるがあまり歩かれてない感じはあった

20231126s-98.jpg

20231126s-99.jpg

20231126s-100.jpg
地形図で谷を鋭角に折れる場所

20231126s-101.jpg
いつしか植林帯へ
着地は近い

20231126s-102.jpg

20231126s-103.jpg
案内板は整っているが歩かれていない感じが濃い

20231126s-104.jpg

20231126s-105.jpg
ようやく着地
昼休憩地からけっこう時間がかかった

20231126s-106.jpg
紀勢本線の線路
単線であるばかりか電化もされていないローカル線だ

20231126s-107.jpg
駐車地へ戻る道中、阿曽駅に立ち寄ってみる
無人駅なのは当然ながら、バス停並みのシンプルな駅舎

20231126s-109.jpg
阿曽駅にて

20231126s-108.jpg
時間帯によっては数時間に1本だ
お!もうすぐ13時30分の列車が到着するではないか

20231126s-110.jpg
ワンマンの気動車が2両編成で到着

20231126s-111.jpg
大内山川を跨ぐ

20231126s-112.jpg
川面に何か居るのかな?

20231126s-113.jpg
なになに、ブロッケン現象だと?
僕の知ってるブロッケンとちょっと違う~

20231126s-114.jpg
やまびこ作業所
季節ものの栗餡のたい焼きが有名なのに平日しか営業してないんだよね
たこ焼きも食べたかったなぁ

20231126s-115.jpg
阿曽観音堂の欅(けやき)の巨樹

20231126s-116.jpg

20231126s-117.jpg
再び大内山川を跨いで駐車地に戻ってきた

この後、丸山公園のトトロの森に向かうも、
歩いて15分かかる臨時駐車場に駐車するも
人と車の多さに参って車から出ることなく退散。

20231126s-118.jpg
せっかくなので、三重県立飯南高等学校もあるハナノキに会いに行った
すでに散っていた。。
[ 2023/11/28 21:26 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)
キバラーさんトリオ
「網掛山・544m」(三重県度会郡大紀町)
北緯34度19分25秒 東経136度25分32秒
見事な紅葉、黄葉が画像からも感じますね
私には近傍と云える山もありません。
完全に脱帽…(^^);
[ 2023/11/30 18:52 ] [ 編集 ]
キバラーさん
私は行った事の無い山域です。
この紅葉を見てしまうと、きっと来年も訪れたいと思うのでしょうね。
写真を見ただけでそう思いました。
13時半の電車は下調べされていたとは思いますがナイスです。
タイ焼き&たこ焼きを食べられなくて残念でしたね。
お疲れ様でした。
[ 2023/12/01 13:36 ] [ 編集 ]
 網掛山・・伊勢の辺りに、紅葉で有名なこんな山があったんですね。
 それにしても、女浅間山とか、阿曽浅間山とか、地形図で見ると、確かに、とてもピークとは思えませんが、いつ、誰が、どんな理由で名付けたものか、そちらの方が気になりますね(笑)。
 展望岩からの、網掛山南斜面の紅葉はみごとですね。もみじ谷の紅葉も、キバラーさんは、斜面の上の方で遠いとおっしゃってますが、写真を拝見する限り、充分、紅葉にまみれておられるように見えますよ(笑)。
 ところで、キバラーさん一行が、昼食を摂られた「採石場跡広場」というのが、地形図を見てもはっきりしません。写真を見ると、相当広々とした平坦地に見えますが、地形図のどこを見ても、そんな平坦な地形は見当たらない気がするのですが、ちょっと気になります。
[ 2023/12/01 18:54 ] [ 編集 ]
このあたりはJH3JFFさんでも歩かれていないエリアなのですね。
千メートルを超える山がほとんど無いからでしょうか。
南紀か伊勢方面でないと晴れない空模様が続いておりましたがこの日は紅葉目当てでの山行となりました。
[ 2023/12/03 09:39 ] [ 編集 ]
このところずっと南紀か伊勢方面でないと晴れない空模様が続いておりましたが、この日に限ってはわざわざ紅葉のために行きました。
道中の紅葉が朝日に照らされて最も美しく、あちこちで見られました。
私の地元からですと宍粟に行くより安・近・短なのですが、それでも3時間近くかかるのでプチ遠征になりますね。
列車の時刻は偶然ですよ。
早く北部(湖北や若狭あたり)の山に行きたいですが白いものがちらつき始めると来春まで見送りになりそうです。
[ 2023/12/03 09:42 ] [ 編集 ]
女浅間山や阿曽浅間山、地形図に現れないわずかでもピークっぽいところになっているのかと思ったのですが阿曽浅間山では謎のケルンぽいのがある程度でしたがその尾根続きの奥のほうが明らかに高くなっていました。
採石場跡は私も地形図で見ても表現されていなのが不思議に思いました。
山は行ってみないとわからない不思議や発見あって楽しいです。
[ 2023/12/03 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
金剛山山頂気温
30分毎更新(拡大可)
金剛山登山回数

2024.1.3時点

1088回

キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルデバイスが大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・LCR対応
ラズパイ・SDR・GNSS
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
新ステッカー(Ver.3)

強剥離タイプで耐候性のある素材で屋外対応へ

お会いした時にお声がけいただければ差し上げておりまして
ぜひもらってください!余りまくっています!!

山仲間(過去1年以内更新)
月別アーカイブ
更新日カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
バックナンバー