fc2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、未だ見ぬ山へ!

高野山森林鉄道跡 トロッコ道 (2022.1.29) 

20220129-0.jpg
高野山森林鉄道の隧道にて

タイムスリップ昭和、幻のトロッコの遺構を辿って

ヨー君と久しぶりの山行。
早いもので青山高原行き以来2年ぶりの再会。
ヨー君との初めての出会いはおよそ10年前の伊吹山からなので細く長い付き合いが続いている。
九度山スタートの山歩き?と聞くと真っ先に思いつくのは町石道歩きだ。
町石道もご無沙汰しているが今回は高野山森林鉄道跡トロッコ道跡とやらが
九度山駅から上古沢駅までの間でハイキングコースなっているとのことであるが
そこからさらに先の廃線跡の遺構を辿って行けるところまで行くというプラン。
廃線跡と聞くと福知山線武田尾の廃線跡が思いつくところであるが、
こっちは果たしてどんなところなのか想像もつかない。

駐車場に困ることがないくらい九度山周辺には無料の町営駐車場がたくさんある。
ご多分に漏れず九度山町役場の駐車場もハイカーに開放してくれているとかで
今回初めて町役場に訪れたところそこそこ立派で天川村役場にも似たクラシックな建物。
駐車スペースも十分あった。
到着した車内で軽く朝食を採っていると一台の車がそろそろっと入ってきた。
なにやら危なっかしくてヨー君と二人して注視する。
変なバックを始めたがそのままいくと縁石に当たるんちゃうん・・
当たる・・当たる・・あたたた、当たった!ほらいま当たったよね?みた?
あたった箇所は軽くコツンとだったのでほぼダメージが無いみたい。
隣も、その隣にも車がないけど反対側の縁石の当たったからそこに入れるのはやめる?
別の場所に移動する?移動はじめたぞ・・こんどは広いぜ、そこにする?
こんどは余裕だよね?バックを始めた・・なんだそのバック・・
車が白線の真上だ。前進してまたバック、また真上だ。。跨いでる!
初めての車の運転をしたのか、練習でもしてるのか??
見ているこちらも当てられないかハラハラ。
疲れ切ったところで外に出て出発準備。
その後、しばらく沈黙(何の沈黙だったのだ?)の後、車から女性が降りてきて
満面の笑みでニッコリ「おはよーございまーす!」と言って目の前を通過していった。
我々「ハィ・・オハ、オハ、オハヨゴザイマス。。」と凍りつく。
明るくて愛想の良いその女性、てっきり役場の職員とかで中に入って行くのかと思いきや・・
あらら、もうあんなとこ歩いてるよ・・どこいくの?と目が点。(・・?
ちょっと紙面を割きすぎたけれど、これは伏線である。
あとで回収するからね。(≧∇≦)
さて、九度山町役場駐車場をスタートした我々は・・。
って今回のトロッコ道の事を書くスペースがもう無いではないか。

続きは以下より写真のインラインにて。
  20220129-00.jpg
山と高原地図2018年版+GPSログ  ★九度山~紀伊細川駅まで

20220129-1.jpg
Geographoca + GPSログ  ★途中、各駅に立ち寄ったりと道草も。

20220129-2.jpg
約13kmの行程となった
ところどころにスパイクがあるのは駅に立ち寄ったり踏切まで上がってみたりしたため。

20220129-3.jpg
九度山町役場に駐車させていただく。
駐車場は無料でハイカーウェルカムの太っ腹だ。

20220129-4.jpg
スタート時間。
昭和レトロな時計はちゃんと機能している。

20220129-5.jpg
町役場(右)から下ってきて左へ進行。
すでにトロッコ道だ。

20220129-6.jpg

20220129-7.jpg
あんなところにいつのまに高速道路ができたのか?と思いきや
地図上では「紀の川フルーツライン」となっていた。
いわゆる広域農道かな?

20220129-8.jpg
軽自動車1台でいっぱいの車幅はまさにトロッコ道。

20220129-9.jpg
左手には川が並走している。

20220129-10.jpg
車はほぼ通ることがない安全安心な舗装路が続く。

20220129-11.jpg
見上げると高所にさきほどの「紀の川フルーツライン」
建設費がかなりかかってそうだ。

20220129-12.jpg
川原までけっこうな高低差がある

20220129-14.jpg
舗装路なのがいささか平和すぎではあるが、
この先に何が待ち構えているか未踏なだけに新鮮だ。

20220129-15.jpg
対岸には南海高野線の線路が見える

20220129-16.jpg
右手の山は柿畑のようだ。

20220129-17.jpg
この橋もトロッコ用に作られたもののようだ。

20220129-18.jpg
橋脚ががっちりしている。

20220129-19.jpg
欄干はプラスチックで近年の後付けだ。

20220129-21.jpg
川がエメラルドグリーンとなって渓谷美が増してくる。

20220129-22.jpg
わざわざトロッコ道跡の上を沢が跨いでる。

20220129-23.jpg
この屋根の上を伝って川に向かって沢水を逃している。

20220129-24.jpg
このあたりを「竜王渓」と言うようだ。

20220129-25.jpg
南海高野線のクラシックな鉄橋。

20220129-26.jpg
上へ上がってみた

20220129-27.jpg
撮り鉄の撮影ポイントのような場所があった。

20220129-28.jpg
電車が来るのを待って撮ってみた。
「天空」なら良かったのになぁ。

20220129-29.jpg
しばらく進んで振り返るとあんなところに隧道跡?
今、トロッコ道を歩いているはずなので支線などがあったのかもしれない。

20220129-30.jpg

20220129-32.jpg

20220129-33.jpg
舗装路と林道が交錯する

20220129-34.jpg
元温泉街だったかのような情緒あるところに出た。

20220129-35.jpg
高野下駅

20220129-36.jpg
こちら側は昔の表記「驛下野高」
駅舎の下に道。

20220129-37.jpg
こっち側は現代の表記「高野下駅」となっていた。

20220129-38.jpg

20220129-39.jpg
高野山森林鉄道は、明治42年~昭和34年まで存在した。
当時、どうやって岩を掘削して切り開いたのか議論。
ダイナマイト発破だろうなということで結論に達した。

20220129-40.jpg

20220129-41.jpg
なかなかの渓谷美。

20220129-42.jpg
ここをもっと整備すれば武田尾廃線跡のような観光資源になりうる。

20220129-43.jpg

20220129-44.jpg

20220129-45.jpg

20220129-46.jpg

20220129-47.jpg
ここで初めて車の往来のある道路に出た。

20220129-49.jpg

20220129-48.jpg
飲み物ではないTシャツなどのグッズもある自販機。

20220129-50.jpg
道路から少し逸れたところにトロッコ道の遺構を発見。
この橋脚の前後は歩けないのだろうか。

20220129-51.jpg
橋脚の下に隧道があったので入ってみた。

20220129-52.jpg
どこに通じているともなさそう。
取って付けたようなハダカの蛍光灯などが付いていた。
南海高野線が電気を供給しているような配線だ。

20220129-53.jpg
抜けてみたがこの先は山。

20220129-157.jpg
地図上では山の上に集落というより畑があるようだ。

20220129-54.jpg
道路に戻ってあの坂道を登る。

20220129-55.jpg
このような案内板が九度山~上古沢間の随所に設置されてある。
ルートから脱線して右上の下古沢駅へ上がってみる。

20220129-57.jpg

20220129-56.jpg
ちょうど「こうや号」がゆっくりと通過。

20220129-58.jpg
駅から下ってきて、トロッコ道を進む

20220129-59.jpg
トロッコ道では最初の隧道だ。

20220129-60.jpg
軽トラならギリギリ通れる。
もし車が来たら対人とも離合できない。

20220129-61.jpg
隧道を抜けると白浜「とれとれ市場」の大看板
あと120kmです、お兄さん。

20220129-62.jpg

20220129-63.jpg
あんなところに隧道が。

20220129-64.jpg
もしかしてこの道の行く先があそこまで回り込んでるのか?
答:はい、そうでした。

20220129-65.jpg
「トレッスル橋」 現代では非常に希少らしい。
トロッコ道からすこし逸れたところにあった。
地図では展望デッキがあるように書いているが傷んでいて利用禁止だった。
写真には無いが実物を見ればそもそも利用する必要性がないことがわかる。

20220129-156.jpg

20220129-66.jpg
トロッコ道に復帰。

20220129-67.jpg
どんどん回り込んでさきほどの隧道へと近づいていく。

20220129-68.jpg

20220129-69.jpg
さっき見えていた隧道はこれかぁ。
もっとおどろおどろしい隧道を期待したが。。

20220129-70.jpg
あっさり終了。

20220129-71.jpg

20220129-72.jpg
こんどは上古沢駅に立ち寄り。

20220129-74.jpg

20220129-73.jpg
トロッコ道ハイキングコースは上古沢駅までだ。
もしくはここ起点で九度山まで。

20220129-75.jpg
駅前でカップ麺とオニギリの簡単な昼食を摂る。

20220129-76.jpg

20220129-77.jpg
パティシエであり熱血教○という異色の経歴のヨー君のお昼は
どんな飛び道具が飛び出すのかと思ったら今回は普通にカレーまみれ。
カレーパンにカレーめしに・・・。

20220129-78.jpg
さて、ここからはトロッコ道の痕跡を辿って歩く。

20220129-80.jpg
上古沢駅から先は町石道へと誘導している。
あえて通行不可(Dead End)の左へと進んでみた。
通行禁止ではないので詰んだら戻るつもりだ。

20220129-81.jpg
トロッコ跡らしい盛り土が続いてる。
探検続行だ。
いよいよここからワイルドになりそう。

20220129-82.jpg
下に見えるは町石道だろう。

20220129-83.jpg
スタート時からこのような岩盤を切り拓いたところが多数ある。

20220129-84.jpg
ついに廃隧道が現れた。

20220129-86.jpg
素掘りのトンネルだ。
フラッシュを炊いての撮影。

20220129-87.jpg
真っ暗だったがぎりぎりヘッデン使わなくても大丈夫な長さだった。

20220129-88.jpg
隧道から出て振り返ってびっくり。
岩盤が崩落してる。

20220129-89.jpg
こんどは倒木まみれ。
苦労することなく突破できた。

20220129-90.jpg

20220129-91.jpg
こんどは何だ?
コンクリートの梁だけが残る橋脚。

20220129-92.jpg
強度は大丈夫そうだが、もし崩壊したら危ない。
怖いくらいの高さがあった。

20220129-93.jpg
振り返る。

20220129-94.jpg
おっと、今度は橋脚が跡形もない深い谷。
トラロープにたよって下降する。

20220129-95.jpg
登り返しも少しロープに頼った。

20220129-96.jpg
振り返ると橋があっただろうところに電線だけがたら~んと。

20220129-97.jpg
平和を取り戻す。

20220129-98.jpg
また倒木。

20220129-99.jpg
下の沢まではけっこう深い

20220129-100.jpg
進む・・・

20220129-101.jpg
進む・・・

20220129-102.jpg
最大の難所!でもないか。。
まさかのお助けアルミはしご。

20220129-103.jpg

20220129-104.jpg
平和を取り戻す

20220129-105.jpg
たしかにここに高野山森林鉄道が走っていたという名残り。

20220129-106.jpg

20220129-107.jpg
おっと、この橋脚は容易に巻けた。

20220129-108.jpg
平和を取り戻す。

20220129-109.jpg
ゴルジュがあったかと思えばこのあたりの川原は広くて穏やか。
ただしトロッコ道からはかなり下。

20220129-110.jpg
進む・・

20220129-111.jpg
本日最大の核心部か?!

20220129-112.jpg
そびえ立つ橋脚跡。

20220129-114.jpg
崩壊する橋脚のコンクリート塊

20220129-116.jpg

20220129-117.jpg
コンクリートに突き刺さったレール

20220129-118.jpg
太陽の神殿アステカⅡを彷彿させる
果たして登り返せるのか?

20220129-119.jpg
意外とあっさり登り返せた。
念の為、ばけたん発動するもグリーン。

20220129-120.jpg

20220129-121.jpg
今度の橋脚は2本重ねなので余裕。

20220129-123.jpg
トロッコ道と南海高野線は寄り添うように並走している。
電車が通るたびにけたたましいスキール音がつきまとう。
よっぽどカーブがキツイのだろう。

20220129-124.jpg
ツヤツヤの植生が現れたら道路に合流してゴールだ。

20220129-125.jpg
やたらと青々してツヤツヤ。

20220129-126.jpg
平べったい焼き餅で有名な花坂へはここから約2.5kmだ。
極楽橋へは舗装路率が高いのと時間切れで今日は終了。

20220129-127.jpg
紀伊細川駅へ向かう。

20220129-128.jpg

20220129-129.jpg

20220129-131.jpg
ここは有人駅だった。
大阪狭山市駅や狭山駅でも無人駅なのに有人駅との違いが何なのか?
ヨー君の見立てでは単線すれ違いをする駅は有人ではないか?とのこと。
なるほど。

20220129-132.jpg
駅員さんによると15:04に電車が来るとのこと。
時刻表では15:13となっているがなんで?
答:上りと下りのすれ違い待ち時間があったため。

20220129-134.jpg
「乗車駅証明書」を手渡しでもらう。
降車駅で精算する。(九度山駅まで280円だった)

20220129-133.jpg
標高363mと書かれている。

20220129-135.jpg
電車が着いた。
さすが橋本駅以南は2ドア車でないと降りれないホームとの間隔。
しかも登坂のため全車両がモーター車だ。

20220129-136.jpg
ホームから1mくらいは開いている。

20220129-137.jpg
発車待ちの間に。。

20220129-139.jpg

20220129-138.jpg
あの下を今日歩いてきたのだ。

20220129-140.jpg
そういえば上古沢駅は無人駅だった。
かつてはここもすれ違い駅だったのだろう名残りのホーム。

20220129-141.jpg
九度山町役場が見えた。

20220129-142.jpg
九度山駅。
これにておつかれさん、終了のはずであったが・・・。

20220129-143.jpg
あんだこれ?

20220129-144.jpg
こ、これは・・。
しかも左右連動ドア。

20220129-145.jpg
うわぁ~、ここはお召し列車?

20220129-146.jpg
列車集中制御装置(CTC)まである。

20220129-148.jpg
かつてなんば駅に設置されていた「南海沿線案内図」
そう、ここはイートインスペースなのだ。

20220129-149.jpg
南海平野線とかあったんだ。
大阪球場なつかしい。

20220129-150.jpg
さやま遊園はともかく、錦渓温泉って何だ??

20220129-151.jpg
なつかしの「さやま遊園」急流すべりに観覧車。
そういえば冬場の体育授業はアイススケートだったので
東小の生徒は全員が滑れた。

20220129-152.jpg
なかなかこだわりの自産自消メニュー。
ところでこれらはいったいどこで買えるの?

20220129-147.jpg
外に販売コーナーがあるではないか。
あれれぇ?どこかで見たことある人が居る!しかも今日見たよね?
店員さん「もしかして今朝の?ぶつけるところ見ました?あはは、
バックが下手なんです、主人に怒られるわどうしよう。。」

20220129-158.jpg
これも何かの縁なのでいろいろ購入。
ここのオニギリ、なんと!本物の「かまど」で炊いているではないか。
これは美味しいに決まってる。

20220129-153.jpg
イートインスペースに戻って熱々のぜんざい。
ヨー君にゴチになりました。

20220129-155.jpg
さすがにそろそろ帰ろうと駅を出たところでコンちゃんに遭遇。
お久しぶりです!
今日で何度目かの町石道を歩かれたとのこと。
今日のボリュームだと町石道のほうがハードだな。

20220129-154.jpg
そんなこんなでコンちゃんとは積もる話をする間もなく役場に到着してしまった。
今の季節ならではの低山歩き、なかなか楽しかった。
紀伊細川駅から先もまだトロッコ道は続くようなのでまた機会があれば歩いてみたい。

[ 2022/01/31 21:18 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)
今回はコメント送れるか少々心配しました

掲載地図に未踏の山ラン(山頂無線)有効山一座
含まれていたので・・・(^0^)/

「雨引山・510m」(伊都郡かつらぎ町&九度山町)
山行記録検索で慈尊院から1時間30分、九度山町駅から
2時間程度で△477.3mの南200mの山頂踏めそうです。
自宅(堺区)から🚗車でも鉄道利用でものんびり一日
散策出来そうです。

[ 2022/02/01 21:24 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。

こういうところがあったのですね、、(@@)
最後まで、観させていただきました。

今はハンコ登山で忙しいので、^^;;;;
300回の目途がたったら行ってみたいルートですね。
[ 2022/02/01 23:58 ] [ 編集 ]
キバラーさん

先日はお疲れ様でした。
お目にかかったときは嬉しくてビックリでした。
今回歩かれたトロッコ道、ヤマコー地図を見ながら楽しく拝見しました。
上小沢駅から紀伊細川駅間は先に何が出てくるやら破線も無いルートでドキドキものですね。
トロッコ道は気になってましたので一度九度山町役場から上小沢駅まで歩いてみたいと思ってます。
しかし九度山駅にあんなイートインコーナーがあるとは驚きですわ~。(゚o゚;
次回は必ず立ち寄りますね。
またどちらかで会えるのを楽しみにしてます!

[ 2022/02/02 20:54 ] [ 編集 ]
後半はおもっていたよりもワイルドでした。
行けなくなったらどうしようかと、ドキドキしながら歩いてました。
距離も高低差もありませんでしたが、とても楽しかったです。
[ 2022/02/02 22:15 ] [ 編集 ]
有効山未踏の雨引山を発見されるきっかけになって良かったです。
電車でも車でも行けるのは何よりですね。
私もその山について調べてみます。

[ 2022/02/03 08:12 ] [ 編集 ]
このところずっとハンコ登山に勤しんでおられるのですね。
私も存在を知りませんでした。
今回、九度山から上古沢駅までは平和そのものでしたが、我々やとんとんさんが本領発揮するとしたら上古沢駅から極楽橋、そして高野山から花坂経由で紀伊細川駅ってところかと思います。
またチャレンジしてみたいです。
[ 2022/02/03 08:13 ] [ 編集 ]
最近なかなかお会いできなぁと思ってたところだったので再会嬉しかったです。
今度は紀伊細川駅から極楽橋~高野山~花坂からの周回などをやってみたいです。
九度山駅のイートインなど注意深く観察しないと気づかず我々も素通りしそうになりました。
販売コーナーもこだわりの品々の数々で興味深かったです。
またお会いできるのを楽しみにしております。
[ 2022/02/03 08:13 ] [ 編集 ]
先日はありがとうございました。
まったく予備知識無しで、しかもあの辺りを自分の足で歩いたのは初めてだったので新鮮でした。
今回歩いてみて、やはり紀伊細川駅から先も気になります。
また機会がありましたらよろしくおねがいします。
[ 2022/02/03 08:13 ] [ 編集 ]
こんばんは!
九度山には2度ほど訪れたことがありますが、高野山森林鉄道跡があったなんて知りませんでした。材木の運搬に使用していたトロッコ列車だったんですね!機会があれば訪れてみたいです。あと気になったのが「南海沿線案内図」南海平野線跡は通勤の時によく見ますし、一度全体像を目に焼き付けたいという衝動にかられたことがあります。問題は「錦渓温泉」ですね!三日市は縁の深いところです。キバラーさんも調べられたと思いますが・・・
https://www.omoroionnsenn.com/entry/2019/10/09/074038
興味は尽きません
[ 2022/02/04 21:16 ] [ 編集 ]
運転免許は、MTだけに戻した方が良いと思っています。なぜか、クリーム色とかピンクシルバーみたいなシルバー特殊色の車の方って、そーゆー運転する人多くないですか?僕は、進撃の巨人みたいに『特殊色』って呼んでますw
[ 2022/02/05 12:47 ] [ 編集 ]
私も森林鉄道は知りませんでした。
幼少の頃だと玉川峡、名前こそよく知ってたものの高野山への通過点、町石道を歩くときに初めてじっくり歩いた感じです。
真田なんとかで盛り上がったのも実は知りませんでした。
南海沿線案内図など南海電鉄で使われていたレトロな引退モノが展示されたりうまく再利用されてました。
錦渓温泉の情報ありがとうございます。
まさに幻の温泉ですね。
勉強になりました。
いつもありがとうございます。
[ 2022/02/05 22:00 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております!
バイクも含めてMT免許だけの時代が良かったですね。
ほんと最近は事故が多いように思います。
特殊色、わかります。(^^)
おおよその車種もじゃないでしょうか。
コメント通知が来た時、てっきり測量野帳に関してコメントいただいたと思っていました。(^^ゞ
[ 2022/02/05 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山の一日

↑CLICK HERE! 静止画一覧

 
金剛山山頂気温
30分毎更新(画像タップ)
金剛山登山回数

2024.5.4時点

1092回

キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルデバイスが大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・LCR・GNSS
Raspi・SDR・3Dprinter
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
新ステッカー(Ver.3)

強剥離タイプで耐候性のある素材で屋外対応へ

お会いした際にお声がけいただければ差し上げております
山仲間(過去1年以内更新)
月別アーカイブ
更新日カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
バックナンバー