FC2ブログ

山に登れば、答えはある

赤赤縦走路 大江山・赤石ヶ岳 (2020.3.21) 

20200321-0.jpg
大江連峰トレイル「大江山(千丈ヶ嶽)」山頂にて

百人一首で歌われている大江山
ここはトレランの聖地か!?

百人一首
大江山 いく野の道の遠ければ まだふみも見ず 天の橋立


<意味> 
生野をたどって大江山へ行く道が遠いので、
まだ天の橋立を見たことがありませんし、母からの手紙も受け取っていません。

もったいないことをした。。
歩いてなさすぎて、なんの下見ですか?って。
しかも天の橋立のすぐ近くまで行ったというのに、
大江山を越えて辿っていく道が長いので、天の橋立どころか日本海すらも見てません。(` ´)

赤赤縦走路とは、全長約16kmにおよぶ整備された快適な縦走路の
両端の赤石ヶ岳~赤岩山の赤を取って呼ばれ、丹後天橋立大江山国定公園でもある。

最初に赤石ヶ岳へ行っておけば、もっと先へ足を伸ばせたかもしれない。
しかし、赤石ヶ岳はスタート地点の加悦双峰公園から見ると右側、対する大江山は左側。
メインはあくまで百人一首の大江山なので、ピストンで戻ってきて余力があれば
赤石ヶ岳もついでに登っとこかという程度に思っていたが、
登り出してすぐに目の前にどーんと存在感をあらわにする赤石ヶ岳と
岩稜帯っぽい個性がむき出しで、これはぜひとも登りたいという思いに変わった。
それなのにやっぱり大江山を先に済ませる的なやっつけ仕事をしてしまった。
それには理由があって、大江山へのアプローチの大半は未舗装林道だったからだ。
ところがよくある林道と違ってなぜか爽快感のあるゴキゲンなトレイルで、
これは走りたくなるわぁと思った。
さらには大江山より先は林道ではなく?もっと足を伸ばしたくなるような風景が続いていた。
途中で出会って話した二人の男性、
ひとりは若者で、テント担いで赤赤を二日間で縦走しているという。
もうひとりの男性は、鳩ヶ峰から鍋塚まで行ってピストンか、
余力があれば周回したいと言っていたが、自分もそれにならってもっと歩けばよかった。
遠方に来ていたことと、なるべく早く下山して美味しい蕎麦でも食べたいと思っていたが
どっちつかずでどっちも叶わず。
山陰地方っていつも曇り空や雨のイメージで、今日のようなピーカンの日が珍しく?
歩き倒すには絶好のチャンスだったのに。。
いやぁ~、なにしに行ったんでしょ?・・下見です!(` ´)
とにかく近年まれにみるゴキゲンなトレイルだったことだけは確か。

写真は以下より。
20200321-1.jpg
往路は大江山へトレイルどうり、復路は林道つづらを自然林ショートカット
2座目の赤石ヶ岳は周回に失敗。

20200321-2.jpg

20200321-00.jpg
歩いたのはブルーのライン
赤赤縦走路はグレーのラインを含む全部

20200321-000.jpg
大江山の札を探しまくってやっと見つけた。(^^)
百人一首といえば坊主めくりしか知らず、蝉丸の札しか覚えてなかった。(` ´)

20200321-3.jpg
加悦双峰公園(かやそうほうこうえん)って読まれへんわぁ。

20200321-4.jpg
絶好の天気である

20200321-5.jpg

20200321-6.jpg

20200321-8.jpg

20200321-9.jpg
大江山(千丈ヶ嶽)と赤石ヶ岳の分岐。正反対だ。
分岐は左ルートを登りきったところにもある。

20200321-10.jpg

20200321-12.jpg

20200321-11.jpg

20200321-13.jpg
東屋

20200321-14.jpg
東屋から北方向眺める正面は大江山だ。

20200321-16.jpg

20200321-15.jpg
背後は赤石ヶ岳への尾根道

20200321-17.jpg

20200321-18.jpg
林道に着地

20200321-19.jpg
延々と林道であるがなかなか気持ちのよいトレイルである。

20200321-20.jpg

20200321-21.jpg
右手は堰堤により堰き止められたため池状態で金魚や巨大カエルもいた。

20200321-22.jpg

20200321-23.jpg

20200321-24.jpg
ここで林道が終わって、ヘアピンカーブで林道のようなトレイルに。

20200321-25.jpg

20200321-26.jpg
林道っぽいけど・・ほな林道ちゃうか、いやそれ林道やろ?

20200321-27.jpg
オカンが轍が無いから林道ちゃうっていうんやけど、これ林道か?
ほな林道ちゃうよなぁ。

20200321-28.jpg

20200321-29.jpg

20200321-30.jpg

20200321-31.jpg

20200321-32.jpg

20200321-33.jpg
林道ちゃうよね。

20200321-34.jpg

20200321-35.jpg
大江山山頂
めちゃくちゃ広くて開放感も展望も抜群!

20200321-39.jpg
だれも居ない!

20200321-36.jpg

20200321-37.jpg

20200321-44.jpg
展望抜群!

20200321-42.jpg

20200321-43.jpg

20200321-45.jpg
三角点

20200321-46.jpg
あの白いのは氷ノ山?

20200321-38.jpg
大江山から続いていくトレイルを見やるともっと先へと歩いて行きたくなったが、
ピストンを嫌って早々の折返し。。もったいなかったなぁ。

20200321-47.jpg
自然林帯ショートカットするなど、途中でお昼するなどして戻ってきた。

20200321-52.jpg

20200321-48.jpg
赤石ヶ岳に向けて

20200321-50.jpg

20200321-49.jpg

20200321-51.jpg
下って登り返しがしんどそうに見えるが遠近法マジックかも。

20200321-53.jpg
駐車地の双峰公園が見下ろせる

20200321-54.jpg

20200321-55.jpg

20200321-56.jpg

20200321-58.jpg

20200321-57.jpg
振り返ると大江山山頂看板のようなものが点に見えた。

20200321-70.jpg
スーパーズームすると大江山山頂看板が見えた。

20200321-59.jpg

20200321-60.jpg
確かに土も岩も赤い

20200321-64.jpg
赤石ヶ岳に到着

20200321-65.jpg

20200321-62.jpg

20200321-66.jpg

20200321-67.jpg

20200321-68.jpg
赤石ヶ岳の正面に見えたのは三岳山か。

20200321-73.jpg
赤石ヶ岳山頂周辺を調査するとパラグライダーテイクオフ場があったが、
ここまで登ってきて飛ぶとは思えない。

20200321-69.jpg
モノレーラーだったか、かつては赤石ヶ岳まで
観光モノレールで登ってこれたようだ。
ピストンを嫌ってレール伝いに下ってみようとしたが土が滑る滑る。
二度も転倒して小怪我。懲りて登山道に復帰。

20200321-71.jpg
戻ってきた。

20200321-72.jpg

20200321-75.jpg
パラグライダーが見えたが、
山頂のテイクオフ場からではないと思われる。

20200321-74.jpg

20200321-77.jpg
左手に少し下れば下山完了で楽すぎた。。
Check [ 2020/03/25 21:57 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(8)
「 大江山(千丈ヶ嶽)・832m 」方面山行お疲れさまでした。

私の山ラン(山頂無線)は2002/03/16、18年前

①「赤石ヶ岳・736m」②『 大江山 』
③「鳩ヶ峰・746m」 ④「鍋塚・763m」でした。

山容のイメージが前年、2001/05 GW 、山ラン移動の
蒜山高原(岡山県真庭市北部)犬挟峠から往復登山の
「下蒜山」「中蒜山」「上蒜山」と似ている!でした。

記憶にないのですが15キロ程先の「天の橋立」が望める??
[ 2020/03/26 10:07 ] [ 編集 ]
京都の日本海側は私の守備範囲ではありませんが
とても開放感のある風景ですね。

それで、今回は下見なんですね?
赤赤縦走路はまだ5分の1くらしか歩かれていないようだし
ぜひぜひ、季節のいい時期に遠征隊を組んで縦走しましょう。

私はその地域の登山地図は持ってないのでよくわからないのですが
車2台あればデポしての縦走は可能ではないでしょうか?
[ 2020/03/26 21:11 ] [ 編集 ]
蒜山三座縦走をしたことがありますが、あの雰囲気に似てるということですか。それならなおさらもっと歩けば良かったです。蒜山に行くより近いですからね。
せめて日本海が見たかったなぁ。
2002年からあまり変わってませんか。
[ 2020/03/27 06:42 ] [ 編集 ]
実際、あの日はトレラン組数名が車をデポして移動されました。
そのトレラン組とはその後、出会わずでした。
16km片道だと余裕しょうね。
その作戦、決行なら暑くなるまでに!
[ 2020/03/27 06:44 ] [ 編集 ]
毎度、お世話になります
日帰りで赤赤トレイルをプランニングしたことがありますが、鈍足の弥次喜多には無理だと思い断念したことがあります。
結局は赤岩山と大江山の単独に終わりました。
仰せの通り本当に快適なトレイルだと思います。
ヤマレコには赤岩山の登録がされておらず、弥次喜多が登録したのを覚えています。
いつもの仲間とチャレンジされるんですね!
期待しております。楽しんでください。
[ 2020/03/27 09:41 ] [ 編集 ]
私は日帰りだと一日最大10kmくらいまでが理想です。
しかし赤赤縦走路は快適でサクサク歩けるトレイルのように思いましたので片道なら気持ちよく歩けそうな気がしています。
ただし季節は選ぶでしょうね。
今でしょ。
赤岩山のパイオニアでいらっしゃいましたか。
弥次喜多山って宣言してもそのまま通ったんじゃないでしょうか?
無名の山なんか言うたもん価値のようにおもいます。(^^ゞ
またレコを参考にさせていただきます。
ありがとうございます。
そういえば到着直前の国道176号沿いに「やじきた」という焼肉店がありましたよ。
〒629-2303 京都府与謝郡与謝野町字石川945−3
[ 2020/03/27 20:55 ] [ 編集 ]
そのエリヤには足を延ばしたことがないのでよくわかりませんが、
展望の良い山ですね。
それに縦走ができるなんて・・・。最高ですね。
いかんせん、大阪からは遠すぎるので日帰りではもったいない感じがします。
縦走の記事も待っています。
[ 2020/03/28 21:31 ] [ 編集 ]
ちょっと遠かったので、足を延ばすのを温存してしまいました。
もうかれこれ数年カニを食べる機会が無いままなので、せめてカニでも食べて帰りたかったです。。(`´)
縦走するには最高に気持ちよさそうなところでした。


[ 2020/03/29 12:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
ツイート
月別アーカイブ
更新日カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
バックナンバー