FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

ふるさと兵庫100山 大岩ヶ岳 (2020.1.11) 

20200111-0.jpg
丸山湿原にて

まさかの樹海、迷える森

油断していた。
しょっぱなの核心部、千苅ダムからのダム湖(水源地)沿いの
明瞭な踏み跡で、ニセピークを経ての最高地点の大岩ヶ岳まで
たいした登りもなく平和すぎて、これといって変化もなく、
したがってシャッターを切ってもどこも似たような光景なので
歩くことに専念するしかなかった。
駐車場で一緒だった姫路から来たという団体さんが先行していて
大岩ヶ岳直前で、引き返してきたところをすれ違う。
尋ねるとピストンとのこと。
「まだ午前中なのにもうお帰りですか?」といろいろ質問してしまう。
ふるさと兵庫100山なのでわざわざ来られたようで、
この後は別の山に行くわけでもなく途中でお昼して帰るとのこと。
大岩ヶ岳は絶景でしたよ、と。
これで終わりなんてもったいない、僕は丸山湿原へ周回して帰りますと
一期一会の別れ。
大岩ヶ岳、たしかに眺望は良かった。
しばし山座同定。
現地に来てみて気づく「あの山は何だろう?」というあるある。
登ってみたい形してるなぁと思った山はというと、
これもふるさと兵庫100山になっている羽束山(はつかやま)だった。
移動がうまくいけば2座狙えたし、ダム湖周回も出来たのかぁ。。
後から気づいた、あるある。
まぁ今日はここだけにしておこう、うん、そうしよう。
核心部の千苅ダムも大岩ヶ岳も、地図にもなかった東大岩への岩登りも済み、
あとはお昼して、おそらくこの時期何もないだろう湿原をくるっと回って
帰るだけとのんびり休憩していたら、後半戦がとんでもないことに。
日没迫る中でのルーファイを強いられることになろうとは思いもしなかった。
事実、丸山湿原の樹海(って勝手に呼んでる)で遭難もあったとか。
なかなかの迷路っぷりには六甲山もそうであるが、
こちらはまったく人の気配がないだけに気持ちが焦る。
千苅ダムに少し課題を残してきたので、
安泰な「道場駅」に出て駐車場に戻るルートをやめて
踏み跡の無い、しかしかつては登山道があったっぽいショートカットで
なんとか戻ってこれた。
そういえば湿原に居る頃、千苅ダム付近を低空で長時間ホバリングするヘリあり。
確認すると防災ヘリで、かなり時間かかって遭難者をピックアップしていた。
あの辺りは不動岩、烏帽子岩、百丈岩というロッククライミングの人気スポット。
事故があったようだ。
さて、なんとか日没までに千苅ダムに戻ってきたところで
ダムに登ってなかったので行ってみたら最上部は立入禁止だった。
何やら向こうに神社のようなものがみえる。
そういえばあっち側を歩いているとき多数の分岐があったので
湖岸にたどり着けるルートがあったのかもな。
時間があれば確認したかったが。。
そんなこんなで、現地に来てみなけりゃ知ることもなかったという
スポットに出会うことあるあるで、またここに来ることがあれば行ってみるけど
まぁええかぁで終わった経験は多々ある。
さぁて今日はどれくらい歩いただろう。。

その他の写真は以下より。
20200111-59.jpg
山と高原地図2012年版+Geograhpica軌跡
※軌跡が同系色になっているけど下の方、時計回り。

20200111-61.jpg
ジオグラフィカ地図 時計回り周回

20200111-58.jpg

20200111-3.jpg
神戸市水道局 千苅貯水場前に駐車場がある
※現在、河川敷工事中でダンプ出入りあり。

20200111-4.jpg
スタートの取り付き

20200111-5.jpg

20200111-6.jpg

20200111-7.jpg
貯水場を大きく迂回
中が通れたら快適なのに、
どういう特権の人たちが入れるのかムダに広い公園風になっていた。

20200111-8.jpg
フェンス沿いを行く。
フェンスの防御力は高く、上部は有刺鉄線で内側へオーバーハングしている。

20200111-9.jpg
フェンスが途切れたと思ったらまさかのトイレが出現。
貯水場の中の人も、自然歩道を歩く人も利用できるので、
トイレを通じて中へ侵入できるセキュリティーホールになっているのではと思いきや
あちらの世界へは行けない構造になっていた。

20200111-10.jpg
フェンスの反対側、河川敷は現在工事中
入り口看板には「土日は工事を休む完全週休二日制モデル職場」
みたいな事が書かれているのに全力で工事中の土曜日の朝であった。(^^ゞ
あやうく入り口前に駐車するところだった。

20200111-12.jpg
放水していたら圧倒的迫力だったであろう「千苅ダム」

20200111-57.jpg
大正八年に5年かけて建造されたらしい。

20200111-13.jpg
あんなところにトンネルが?
もしや旧福知山線のトンネルか?と思いきや、あれも放水用らしい。
つまり、放水時はダムとトンネルからのコンボ放水となり
まさに洗濯機の中に居るような注水体験ができたかもしれないのに残念。

20200111-16.jpg
グーグルマップにある兵庫登山会碑って何?
と思いきや・・

20200111-15.jpg
「兵庫登山会碑」はこれでした。
「人は誰しも明日という日を夢み、今日を行きている。
 未だ見ぬものとの出会いに人生は、感動の連続でありたい!
 今日一日、自然の美を満喫した自分の人生に、祝福の乾杯を・・」

20200111-14.jpg
この橋で対岸へ渡る。
濁っているのは工事中のせいだろう。

20200111-17.jpg

20200111-18.jpg
対岸から振り返って見た歩いてきた歩道。

20200111-19.jpg
工事用ダンプの出入り。

20200111-20.jpg
謎のハッチ
この下は地下空間か?!

20200111-21.jpg
フェンス沿いからいよいよ取り付き。
滑って登りにくい。

20200111-22.jpg
以後、ほぼ代わり映えのしない風景が終始つづく。

20200111-23.jpg
神の水場かと思いきや、神戸市水道局の略だろうあちこちにあった。

20200111-24.jpg
しばらくはダム湖?沿いなので迷うことがない。

20200111-25.jpg
落葉してない時期はどんな光景なのだろう。

20200111-26.jpg

20200111-27.jpg
木の枝、根っこ、人の血管、神経、みんなこんな構造。
ってことは・・?

20200111-28.jpg
大岩ヶ岳とおぼしきピークを確認。
手前はニセピークで、その向こう(右)が大岩ヶ岳

20200111-29.jpg
せいぜい200m登るかどうかってところだろう。

20200111-30.jpg
ニセピーク
山頂を避けての弁当広場か?

20200111-31.jpg
大岩ヶ岳が見えた。
にセピークと変わらないようなところだろうと思いきや・・

20200111-32.jpg
いよいよ大岩ヶ岳のピーク、看板が見えた。

20200111-33.jpg
大岩ヶ岳山頂

20200111-34.jpg
声を枯らして何度も言うけど、山は高さじゃないからね。

20200111-36.jpg
なかなかの眺望。
正面は羽束山
写真ではわかりにくいが存在感があった

20200111-35.jpg
山頂はそこそこ広い
現時点、食事休憩するならニセピークか山頂しかフラットで広い場所は無かった。

20200111-38.jpg
休憩もそこそこに山頂を後にして下る。

20200111-39.jpg
下り切ったコルには看板があるも、そう単純ではなかった。

20200111-40.jpg

20200111-41.jpg
なかなか存在感のある「東大岩」
迂回ルートもあったが岩登りした。
眺めもよく、馬の背を通って突堤みたいなところまで行けのに行かずに写真も無し。

20200111-43.jpg

20200111-44.jpg
左の尾根ルートから飛び出てきた。
ここから湿原の駐車場は近かった。

20200111-62.jpg
左へ行くと湿原らしい

20200111-45.jpg
右なのか左なのか、どちらを進んでも合流するのかだんだんややこしくなってきた。

20200111-46.jpg
湿原の木道に出た。

20200111-47.jpg
ルートから外れたところにあるハゲ。
樹海を見渡せた。
なかなか広いぞ。

20200111-48.jpg

20200111-49.jpg
湿原を眺めるスポットらしい。

20200111-50.jpg
時間が少々押してきたので先を急ぐ。
この高圧線の延長上で遭難事故があった。

20200111-51.jpg
道場駅へ迂回しなくても済むためには関電道をも利用する

20200111-52.jpg
難所通過中・・

20200111-53.jpg
難所クリア
危険なところは無かったが難ルートだった。

20200111-55.jpg
ダムまで戻ってきたところでやり残した課題、ダムの上に登る。

20200111-63.jpg
謎のボタン
押すのに勇気がいったが押してみた。
あたりにあるスピーカーから一斉に響き渡る・・案内音声。(^^ゞ
このダムがどういう歴史があって云々。
なるほど。

20200111-56.jpg
通行止めフェンスがありダムの上は歩けなかったが対岸に神社。
あの神社にはあちらから行けそうな気がする。

20200111-1.jpg
下山というか下ダム。
日没に間に合ったぁ。
[ 2020/01/13 20:50 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)
去年、山の師匠と一緒に、その反対側の鎌倉峡に行きました。
この大岩ヶ岳にも興味があったのですが、「次回」ということにしましたが、低山ならではのややこしさがあったのでしょうか?

去年の山といいこの山といい何かに取りつかれているのでは・・・。(笑)
[ 2020/01/13 21:13 ] [ 編集 ]
思うままにのんびり山を歩ける休日が一番リラックス出来る時間かと思います。
夕刻は焦る場面もあったようですが後になれば良い思い出
私も徐々にではありますがちょっぴりと行動出来る時が近づいているように感じます。
[ 2020/01/13 22:31 ] [ 編集 ]
お疲れ様です
WXQ局長、今回もWX(天候)に恵まれたようですね。
昨日は葛木神社サイドのショート・アイボールTnxでした。

当局の 2003/10/02 近傍の山ラン移動(山頂無線)は
①「大岩ヶ岳・384m」②「丸山・325m」③「竜王山・366m」
④「古宝山・459m」 ⑤「ナダレ尾山・527m」でした。

「丸山」の北東まで車で詰めて最短距離を上ったので
竣工100年の千刈ダムは目にしていません
立派なダムがあったのですね。

[ 2020/01/14 11:48 ] [ 編集 ]
鎌倉峡というと百丈岩ですね。
クライミングとは無縁な場所ですが、ここは大人の巨大迷路ならぬリアル脱出ゲームです。
どこで撮っても同じ場所に見えます。(^^ゞ
今の時期こそ歩き倒すにはベストシーズン、今回歩いていないエリアに何かあるんじゃないかと気になっています。
広大のようでありコンパクトでもあり、しかし意外と時間がかかりました。
踏み跡のあるところだけがすべてじゃない隠れスポットもありましたよ。
次回があるなら今回の周回の内側部分にも切り込みたいです。
[ 2020/01/14 19:53 ] [ 編集 ]
高低差があまり無くて好きなだけ歩けるここは、山行再開にはちょうど良いかもしれません。
知らない地に来てまだ見ぬ先に何が現れるのかと考えるだけでワクワクします。
早期復活をお待ちしております。
[ 2020/01/14 19:54 ] [ 編集 ]
昨日はショートでしたが久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
あの日はアマ機を持参しておりませんでした。
またゆっくりとお相手してください。
大岩ヶ岳周辺でも山ランされてらっしゃったとは驚きです。
あの丸山って登れるのですね。
軽く探してみましたが取り付きがわかりませんでした。
他の山はまったく認識ありませんでした。
私の祖母が生まれた年に竣工されたダム、大正時代にあのような技術があったとはスゴイです。
たまたま放水されてませんでしたが、ひと目見たかったです。
[ 2020/01/14 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
バックナンバー