fc2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、未だ見ぬ山へ!

福井 銀杏峰(げなんぽ) (2024.4.26) 

20240426k-000.jpg
銀杏峰(げなんぽ)山頂にて

春の空気に包まれて

GW初日の土曜日は雨の予報。
その前日があまりにも天気が良さそうなので
それならばと休暇を取って平日を利用してのプチ遠征山行へ。
夜移動の車中泊が久しぶりなのでカラダのほうの耐性の確認。
つまり睡眠時間が極端に短くなるので下山後のオネムな具合はどうかなと。
結論から言うと帰りの北鯖江PAで睡魔に耐えれず仮眠。
起きてみたらまさかの3時間も経っていてびっくり。
だいたい30分ほどで目覚めるのだが。(^^ゞ
おかげで高速の深夜割引適用時間に突入となった。
さて、遠征先は北陸の候補4座のいずれかだったが
残雪あり林道通行不可などの情報によりルートや開始地点が変わってしまい
そうなると上位候補がことごとくNGとなり補欠だった今回の山となった。
低山とはいえさすがは雪国北陸の山、周りを取り巻く風景もスケールが違う。
遠征なのでちょっとでも楽をしようという下心虚しく、
片道2kmのピストンなので楽ちんのうちに早く終わるだろうから
ついでに山頂周辺散策にも時間をかけようという画策はもろくも崩れ落ちた。
2kmで高低差700m以上の急登は厳しかった上に
まさかの固くて滑る雪渓に阻まれて山頂周辺散策はおろか、
下山でまた雪渓を乗り越えてあの急登を下山するくらいなら周回したいなと。
そもそもメインルートは高低差千メートルもあるので楽なほうを選んだというのに
底まで下らなくてもよい方法はないかと昼休憩中に調べてみると
駐車地よりも高低差で約160m下で水平移動周回ができそうだった。
そんなこんなでピストン予定を急遽変更する形となったが結果的に両ルートを楽しめた。
いやそれにしても福井県はやっぱりええとこだなぁ。
大野市と勝山市がえらい離れていることもわかってなかったし
いろいろ気づきのあった一日だった。
片道200km(約3時間)なら通常日帰り山行で早朝出発なのに、
今回は片道300km(約4時間)なので夜移動車中泊にしたわけだけど
泊遠征してきたくらいの気分的になれたが帰りの眠さはどうにかならないものか。
そして今回の道中、誰一人登山者に会わなかった。

詳細は以下より。

小葉谷コース駐車地
plus code=VFX3+JRV 大野市、福井県

[ 2024/04/28 19:44 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(10)

南丹 奥ノ谷山(おくのたんやま)・中山谷山 (2024.4.20) 

20240420n-0.jpg
中山谷山にて

南丹もついに新緑シーズンに突入

冬枯れのうちに、晴れの続かない南丹へもう一度
という思いで駆け込みするも新緑が始まっていた。
前日に行き先を決めたというエリアだった。
間違いなく良いとわかっているのは八ヶ峰周辺の若丹国境尾根歩きであるが、
そこをあえて過去に歩いたルートとの重複を避けての未踏エリア。
若丹国境尾根から南へ伸びる尾根を麓から登って周回する計画。
疲れてきたらショートカットもできると思っていたが
結局は最大周回ルートを歩くことになった。
舗装路下山中、ショートカットで下りてきたどこに着地するのかを確認。
2経路あったが、いずれもこんなところから下りてこなくてよかったってところだった。
田歌舎」の代表のマタギの方には親切にしてもらった。
今回も歩きすぎてクタクタになって仮眠せずには帰れなかった。
荷物が重すぎるんだよねぇ。
そろそろカメラをスマホのみにしたい年頃。(≧∇≦)

詳細は以下より
[ 2024/04/24 20:46 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(4)

高島トレイル 若狭駒ヶ岳 (2024.4.13) 

20240413k-0.jpg
高島トレイル 明神池にて

神秘の池と圧巻のブナ林

この時期、良いに決まってる中央分水嶺・高島トレイル
八ヶ峰にしても頭巾山にしても南丹があまりにも良かったので
未踏箇所を歩きたいところではあったが、ちょっと視点を変えて
南丹から続く福井県境の稜線つながりで東へ目を向けてみる。
そういえば百里ヶ岳も良かったなぁ。
さらに東というとまったく未知の世界。
周辺を調べていたらさらに「熊川トレイル」なるものもできたみたい。
新緑目前の冬枯れのうちにもうちょっと歩いてみたい。
そこで今回は高島トレイルへ。
高島トレイルは、マキノ、今津、朽木エリアに大きく分けられる。
マキノエリアだと赤坂山周辺を何度か歩いた。
今津エリアだと大御影山が印象に残っている。
朽木エリアだと百里ヶ岳だ。
いずれもハズレ無しの好印象しかない。
そんな高島トレイルもまだまだ未踏箇所が多い。
ざっくりと未踏箇所のポイントを拾うと
1.三国岳(さんごくだけ)周辺、2.駒ヶ岳周辺、
3.武奈ヶ嶽周辺、そして4.乗鞍岳周辺を残している。
今回、そんな中から駒ヶ岳周辺を歩いてみることにした。

阪神高速乗り放題が終わってしまったので交通費が嵩む。
有料道路は京都東ICまで行くだけなのに片道2千円越えかぁ。。
そんなこんなで鯖街道を北上。
裏比良は坊村の駐車場もいっぱいだ。
安曇川沿いの桜が満開で美しい。
朽木を過ぎて国道367号から外れるといきなり車の往来がなくなる。
そして県道23号ともなると行き止まりで集落があるのみなので
すれ違ったのはマイクロバス(朽木市営バス)のみだった。
山登りか渓流つりか住民以外にこんな奥地に入ってくる者は居ない。
聞こえてくるのは鳥のさえずりのみ。
静かだ。。

話の途中ですが、長くなりそうなので続きは以下より。(≧∇≦)

木地山バス停横駐車地
plus code=9RVQ+VR 高島市、滋賀県

[ 2024/04/15 20:21 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(4)

鈴鹿山系 藤原岳西尾根 (2024.4.6) 

20240406nk-0.jpg
藤原岳西尾根にて

シン・スズカノカミコウチ
※要:ゴム長

昨年秋に行きたい候補だった藤原岳西尾根。
週末の天気が合わずに冬を越して今になった。
国道421号は登山基地になっている道の駅「奥永源寺渓流の里」。
朝は時間が早すぎて夕方は戻ってくるのが遅すぎて営業時間に居れた試しがない。
そんな道の駅から石榑トンネル方向に進んでからの
ダート林道を北上すること8.6kmの末に辿り着いた茨川(いばらがわ)。
スタート時すでに9時半にもなってしまった。
果たして日没までに間に合うのかと気持ちが焦る。
藤原岳は過去にも登っているので新鮮味は無いかと思いきや
あの荒涼とした台地の眺め、やっぱり鈴鹿はこういうところがあって良いよなぁ。
そして今回始めての西尾根、紅葉シーズンはどんなだろうと想像してしまった。
さらには茶屋川の幅広で穏やかで澄んだ水の流れ。
ココこそが鈴鹿の上高地ではないかと思ったほどだった。

茶屋川沿い駐車スペース
plus code=4CWH+GXW 東近江市、滋賀県


そんな今回の山行がどんなだったか、詳細は以下より

[ 2024/04/08 19:33 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(8)

南丹 頭巾山(ときんざん) (2024.3.30) 

20240330k-00.jpg

ナンタン、サイコー!

先週末は土・日共に絶望的な天気だったが今回はみごと反転。
雪解けの晴れの日を待っていた京都府北部。
歩いていて思い出した。
思い起こせば2021年11月に登った八ヶ峰、めちゃくちゃ良かったなぁと。
またすぐ来たいと思ってはや2年も経ってしまった。
こんなに早く時間が過ぎるなら山活人生あっという間に終わるぞ、待ったなしだぞ。
つまりはあの東西に伸びる名田庄(ナタショウ)トレイル。
紅葉、落葉の秋か、はたまた冬枯れの芽吹く前の春先がなんとも心地良い。
そして静か。
落ち葉を踏みしめる音しか聞こえない。
いやもう最高という言葉以外、他に書くことがない。
こんな山を歩きたかったので大満足の一日だった。

頭巾山登山口駐車場(無料)
plus code=9H44+W9R 南丹市、京都府


詳細は以下より

[ 2024/04/01 21:23 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山の一日

↑CLICK HERE! 静止画一覧

 
金剛山山頂気温
30分毎更新(画像タップ)
金剛山登山回数

2024.5.4時点

1092回

キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルデバイスが大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・LCR・GNSS
Raspi・SDR・3Dprinter
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
新ステッカー(Ver.3)

強剥離タイプで耐候性のある素材で屋外対応へ

お会いした際にお声がけいただければ差し上げております
山仲間(過去1年以内更新)
月別アーカイブ
更新日カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
バックナンバー