fc2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山を探検に行こう

日本百名山 霊峰白山 (2021.7.17-18) 

2021071718-150.jpg

【動画編】


梅雨明け直後、灼熱の太陽の下は花盛り

ヤマレコはこちら。

白山は御嶽山同様、関西からギリギリ日帰り登山ができる高峰。
なのでもっと通ってもよかったが
未踏の山がまだまだ無限にあるので
同じ山に繰り返し登っている暇はない。
だがしかし、やっぱり久しぶりに行ってみたくなった。
早いもので、あれから10年。

大阪を22時前に出発し、市ノ瀬に到着は2時くらいだったかな。
仮眠もそこそこに始発のバスに飛び乗って別当出合の登山口まで。
今回は日帰りでは時間的に厳しい火口周辺のお池巡りを
したいと思い、室堂ビジターセンター泊にして初日にゆっくり歩こうと思いきや
各自の平均ザック重量はなぜか13kg、思っていた以上に気温は高く
花さがしや撮影に忙しく、行動時間が長くなってしまい、
室堂ビジターセンターに到着したときには7時間越えでヘロヘロに。。
翌日の事を考える気力もなくなってしまい、
不要なものをデポした上、初日のうちに御前峰ピークに急遽登ることに。
その結果疲れすぎてしまったのか高山病なのか腰痛気味&食欲なし。
大好物のカレーも大盛りにすることもなければお代わりもせず。
19時には全員爆睡。。
よく寝たので翌日は大復活。\(^o^)/
しかしながらお池めぐりする時間?気力?もなく、
少し散策しただけで、早く下りておいしい蕎麦を食べようってことで
下山に専念するも、あれ?こんなに時間かかったっけ?ってくらいに長かった。
白山、もっと楽なイメージがあったけど侮れないなぁ。
あれから10年も経ってるんだからなぁ。
詳細は写真のインラインやヤマレコにて。

[ 2021/07/21 22:29 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(14)

まつさか香肌イレブン 栗ノ木岳・修験業山 (2021.7.10) 

20210711-00.jpg
栗ノ木岳ピークにて

まさかの難所まつり

お久しぶりです。
新コロ自粛ムードが長かったので、
記事更新がすっかりサボり癖ついてしまっていた。
気持ち新たに再開していけたらと思います。

いつもながらあまり予習して挑むとサプライズが少なくなるので、
だいたいのコースタイムと高低差と様子をチラ見程度の予習。
それによると沢沿い歩きがあって渡渉が多いとか。
ほとんどの方が周回しているパターンをただなぞるだけ。
まだ梅雨が明けやらない空模様とのことで雨が降る覚悟もあり
ちゃちゃっと周回して美味しいもんでも食べて帰ろうと。
装備も軽量化で金剛山に登るときとさほど変わらず。
・・・完全に舐めていた。(≧∇≦)

美杉のミツマタ群生地を少し過ぎて伊勢奥津駅手前で国道422号を南に折れる。
昭和レトロを感じる周辺建物を眺めながらどんどん突き進むと道路を跨ぐ古い鳥居。
そこからは参道なのだろう古い灯籠が道路脇に並ぶも神社はまだまだ奥だ。
どこかジブリの世界を彷彿とさせられながらも車を走らせるとついに行き止まった。
そこは川上山若宮八幡神社のやたらと広い駐車場だった。
普段はめったに満杯になることは無いのだろう朝8時半で先客は一台だけ。
自転車に乗って社務所のおばさんが通勤?してこられた。
鳥居をくぐってしばらく参道を歩くと社務所に突き当たった。
登山者ウェルカムな神社なのか、
社務所の横には立派な石柱で登山口の案内がある。
取り付きはどこやろかとしばし立ち尽くしていると
社務所のおばさんが親切に誘導してくれた。
「私はここからしか登ったことがないけど渡渉が多いので気をつけて」と。
社務所脇から渓流沿いを進むと今にも朽ち果てそうな橋。
前日までの雨で水気を吸った木橋は歩くだけでたわむので
飛び跳ねたりしたらたちまち二つ折れになるか踏み抜きそうだ。
「はらい滝」前に以前はあったと思われる橋が無残にも転がっている。
対岸に行くため、右岸から植林帯に取り付いて滝の上部から最初の渡渉。
幅広の左岸をしばらく歩くと「左へ」という古い看板がありまたすぐに渡渉。
たいして渡渉多くないやん?と思っていたら
トータルでみれば渡渉で始まり渡渉で終わる渡渉だらけのルートだった。
この日は前日までの長雨の後ということで水量が多い時だったとはいえ
ラスボス以外の渡渉はさほど難なし。
それより何より緊張の高所へつりトラバースが多かった。
お助けトラロープが無かったとしたら厳しすぎる。
ここいちばんロープいるとこやんって所だけ途切れてたりってあるよね。
初めて来た山だから過剰にそう思うだけなのかな?
稜線にたどり着くとそこは栗ノ木分岐で、右は修験業山、左は栗ノ木岳。
先に修験業山へピストンしてから栗ノ木岳へと向かって周回する予定。
分岐からの稜線は平和で、両手を使うようなところがほぼ無しの快適トレイル。
修験業山ピーク周辺はフラットで明るく休憩適地。
虫がそこそこ飛んでいたがじっとしてられないほどではなく小1時間ほど昼休憩。
折返しで栗ノ木岳へもこんな感じのトレイルなんやろなぁと勝手な想像するも
栗ノ木分岐に戻ってきてから先は様相が一変。
アップダウンや険しいところもあったりで時間がかり気持ちが焦る。
まつさか香肌イレブン認定の山なので少しくらい他のハイカーがいるかと思いきや
まったく人の気配が無く、五感が研ぎ澄まされて敏感になるような所。
本日本命の栗ノ木岳ピークは狭く展望なしで虫やトンボがブンブン。
早々に立ち去るも、そこからはさらに険しい難路の連続だったような。
そんなこんなで写真を撮るのも忘れて若宮峠に到着。
空を見上げると灰色の雲に覆われて薄暗い。
ここからは一気に下山であるが陽の当たらない側なので薄暗くて不気味。
トラバースしながら斜面を進む踏み跡は薄く迷いそうな箇所も。
小さな谷が複数が寄せ集まっているのを跨いで越えていく感じであるが、
地形図を見れば主となる谷を忠実に下れば済むように思う。
わりと傾斜が穏やかで水量も少ないので主谷を下ってみたかったが
途中で滝などに出くわして詰んだりしたらリカバリーする時間が厳しくなる。
勝手知らない初めての山だけにマーキング通り進むことにするが難多し。
道幅30cmくらいで足を滑らせると転落必至という場所多数。
今回の登りルートは下りでは使いたくないと思った難路だったが、
下山ルートはさらに難ありまくりなのでどっちもイヤなやつだ。
今回の周回、もし人に薦めるなら時計回りか反時計回りか?
やっぱり今回同様の反時計回りのほうがマシかもなぁ。。
というのも、最後のラスボスの渡渉は登山靴を脱がないと無理。
時計回りだといきなりラスボスなのでありえないかな。
それとも今日は水量が多かっただけのことだろうか。
尾根ルートもどんなだったのか気になるのでまだまだ遊べる山だ。
今回夏場ということもあって1.5リットルの水分ではちょっと厳しかった。
ザックが日帰り登山フル装備の重量級じゃなかったことがせめてもの救い。
雨に降らなくてよかった。
やれやれ。。
[ 2021/07/12 19:12 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(10)

T-MAC OUTING 『MINIMALight(ミニマライト)』 

20210705-1.jpg
T-MAC OUTING「MINIMALight(ミニマライト)

充電式LEDライトは初。

T-MAC OUTING公式サイト

久しぶりの光りモノである。
これまでLEDライトといえば、ヘッデンしかり、
手持ちLEDライトとしては、爆光ライト、4色ライトなどなど
ここぞというときにだけ活躍しそうな特殊なものを収集してきて飽和状態。
いずれもアルカリ乾電池やエネループに代表される
ニッケル水素充電池を使うものばかりだった。
そう、単4形や単3形のものを偶数本ならまだしも
電圧の関係で半端な3本を使用するものもあってモヤモヤするよね。
そもそも乾電池って他に使用する機器が無くなったので
いまやLEDライトにしか使わない。
しかも容量が小さいので予備を持っておかないといけない上に
本数が多いだけに充電管理がたいへんだ。
さらには、最大充電回数にぜんぜん達していないのに
充電エラーが発生しだして一本、また一本と寿命を迎える。
ええかげんにエネループの面倒を見ることから開放されたい。
そこでミニマライトだ。

ぱっと見はLEDランタンに見えるミニマライトは
いろいろできることが多い優等生で一台何役もこなせるマルチタレントだ。
ひとつひとつ丁寧に説明すると長くなるので以下に簡潔にまとめると、

 ・白色フラッシュライト(強・弱)250/200ルーメン
 ・温白色ランタン(強・弱)
 ・電球色ランタン(強・弱)


以上の6通りであるが、フラッシュライトモードでは
なんと拡散光とズーム光を無段階に調光できる。
そしてズーム光は100m先まで照らすことができるという。
ちなみにユーザーにしか知り得ない秘密をちょっとバラすと
ズーム光が当たったところは半導体スクエア!(≧∇≦)
何を言ってるのか意味わからないよね?
こんなの生まれて初めて見たぞ。笑
そしてさらに充電端子は最新のUSB-C。(ケーブル付き)
さらにさらに2500mAhのバッテリー内蔵なので、
非常用モバイルバッテリーとして使用することができる。
iPhone12proの場合、1回充電するのに約5000mAh必要なので
だいたい半分は充電できる計算。
そしてアルミ素材を使うなどで丈夫に出来ている。
しかもリチウムイオンバッテリーがベースなだけに、
フラッシュライト(強)でも連続約6時間も照射できるのだ。

20210705-4.jpg
電球色ランタンモード  ★撮影のため暗めにしているが実際には直視できない明るさ

ところで「T-MAC OUTING(ティーマックアウティング)」ってどんなブランド?
自分の個人的なイメージでは、
いま流行のワークマンや格安ブランドでもない、
わが道を行く独創的な商品ラインナップで、
しかも素材や物としてはこだわった上での適正価格。
知る人ぞ知る庶民向けブランドかな。
山登りにもキャンプにもフェスにも使えそうなものばかり。
今なら他の誰ともカブらない。
シンボルマーク、あれはキツネではないらしい。

いやぁ~、それにしてもついに熱帯夜が始まりましたね。
低山では長時間戦えない季節に突入。
部屋にエアコン欲しい。。
[ 2021/07/05 21:16 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(4)

まつさか香肌イレブン 白猪山 (2021.07.03) 

20210703-3.jpg
白猪山山頂にて

訳あって公開しなかったものを
覚え書きとして写真の一部のみオープンにするものです。
写真のみになります。
コメント欄もオフにしています。

20210703-1.jpg

20210703-2.jpg

20210703-4.jpg

20210703-5.jpg

20210703-6.jpg
[ 2021/07/03 21:24 ] その他の山 | トラックバック(-) |   コメント(-)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
金剛山山頂気温
30分毎更新(拡大可)
金剛山登山回数

2024.1.3時点

1088回

キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルデバイスが大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・LCR対応
ラズパイ・SDR・GNSS
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
新ステッカー(Ver.3)

強剥離タイプで耐候性のある素材で屋外対応へ

お会いした時にお声がけいただければ差し上げておりまして
ぜひもらってください!余りまくっています!!

山仲間(過去1年以内更新)
月別アーカイブ
更新日カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
バックナンバー