FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2021年04月 ] 

紀宝町 子ノ泊山 (2021.4.18) 

20210418-0.jpg
子ノ泊山山頂にて

いろんな性格を持ち合わせる山、紀宝町バンザイ!

独特のユニークな山頂看板で知られる子ノ泊山(ねのとまりやま)。
あの山頂看板の実物を見に行きたいという思いはずいぶん前からあったが
その道程は果てしなく遠く、どう見積もっても家から車で最低でも4時間はかかる。
3時間なら行こうという気になれるが4時間は萎える。。
そんなこんなでなかなか足が向かなかったが、
やっぱりあの看板の横に立ちたいという思いは強く。
オチャラケた看板と言う人もいるようだが、あれは紀宝町の宝だと思う。
あの看板が無かったら行こうという気には一生ならなかったかも。
別に関西100名山や近畿100名山全制覇を目指しているわけじゃない。
行きたいと思った山にこそ縁があると思っている。
4時間、そんなに時間がかかるはずはない、もっと早く着くはず・・。
時間はともかく登山口に辿り着くまでがたいへんだった。
離合不可の狭く荒れぎみの林道を延々と走る。
前から車が来るはずもなさそうなところではあるが
運が悪いと落石の直撃食らう可能性もありえる。
写真で見慣れた登山口にようやく辿り着いた時点ですっかりお疲れ。
辿り着くまでが核心の山だ。
せめて山登りは楽であってほしい。。
山は周回しなければ、その片鱗しか知ることができない。
というポリシーを持っているのでなるべく周回したい。
一座一座を丁寧に歩き倒す。
ちなみに登山口までの往路は、十津川から熊野本宮大社を越え
丸山千枚田のほうへ大きく迂回して桐原方面から来た。
吉野、和佐又からの上北山村方面から来たとしても同じ時間がかかる。
復路は新宮に用事があったのでダメ元で浅里方面に抜けようと
やってきた方向とは逆へと林道を進んでみるも浅里へは通行不可看板。
そこは分岐になっていたので通行可能な方へと。
これまた延々と長い舗装林道をまだかまだかと進んでゆくと
都合よく新宮市内に着地できた。
新宮からは国道42号線、309号線と上北山村方面から吉野経由で帰った。

さて、山である。
干支の子年の名の付く山は全国でもここだけだそうである。
子ノ泊山の山頂名物ピカチウもどきのユニークな看板。
ついに実物を目のあたりにできるという期待だけがあって
山そのものはどんな感じなのかまったくわからない。
歩いてみないとわからないが、特筆すべきところが何もなさそうな予感。
かつて遭難が多く、平成15年以降15名が遭難していると紀宝町の公式サイトに書いてある。
おそらくそれは現在は崩落で廃登山道となった浅里登山口ヤケ嵓(ぐら)という
核心部を通るコースではないかと思ったが、
どうやら下和気登山口からのルートのほうかもしれない。
今回はどちらも通らない。
植林帯中心の取り立てて特徴の無い和歌山や奈良にありがちな山じゃないかなと
まったく期待せずに行ってみたら意外と変化に富んでいた。
岩ゴロ、急登、植林帯、なめ滝、自然林帯、展望、廃林道、ナイフリッジ、
苔ゾーン、渡渉などほぼ全部入りかも。
あとは芝生弁当広場が無かったくらいかな。(^^ゞ
先週末、先々週末とハードなルートで疲れたので今回は程よい短さで楽できた。
強くて冷たい吹き付ける風だけが辛かった。

詳細は以下より。
[ 2021/04/20 19:29 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
バックナンバー