FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2021年04月 ] 

宍粟50座 三室山・空山 (2021.4.10) 

20210410-0.jpg
三室山山頂にて

意外や意外の隠れた名山だった

先週の鈴鹿は低気圧もあってか、けっこう長くて疲れたので
今回はもっと楽して昼寝できるくらいな山でゆっくり過ごしたい。
近場でがんばらない山登りのつもりが。。
週末土日があまりにも天気が良さそうなので、
候補としてリストアップしている山でどこに行きたいか?
と考えるも行きたい山が定まらない。
先週のついでに連続で10座を終わらせるか、鈴鹿の別の未踏に行くか
天気が良いなら展望のある山がええよなぁ。
しかし、わざわざ遠くへ行ってもどこにでもありがちな山ばかりだろうと
夜中に行き先を考えるとついセンチメンタルになってマイナス思考になりがちだ。
地図を眺めていてふと目に止まった平成之大馬鹿門だ。
2016年10月に「後山」に登ったときにその存在に気づき
わざわざ行ったみた平成之大馬鹿門
対になっているもう一つの平成之大馬鹿門が存在することを帰ってから気づいたが
それがある空山だけをわざわざ行くのもマイナーすぎだなぁと気づいたら
はや5年も経過してしまっていた。
空山と近くの三室山とやらをセットで周回している人のレコに気づいたが、
15km越えを遠方の日帰りでは先週の二の舞だ。
なんとか短くならないかと考えた結果、前半はバリエーションとマイナールートの併用。
後半はマイナールートでの三室山へ登って一般登山道で下山。
約12kmと少しだけ短くはなったが、バリエーションの激登りや
マイナールートゆえの障害物巻きなどで疲労困憊。
前半だけで十分疲れたので、大通峠から舗装路で下山しようかとも思った。
しかしながら、あと少しだけ、もうちょっと、あとちょっと・・・と三室山に進み、
1,111mピーク付近で遅い昼にした。
スタート9時、時間にしてすでに13時半になっていた。
自分にとっては短い、たった一時間の休憩後、体力も気力も回復。
クールダウンも通り越して寒くなったので三室山へと進行することにした。
時すでに14時半である。
ピークには大展望があるという程度にしか期待していなかった不人気な山と言われている三室山。
まさかの意外性のある個性的な山だったので本日の核心はこっちだったといううれしい誤算。
三室山の大通峠側面は、大峰の最深部七面山のあけぼの平を彷彿させた。
山頂直前の最後の急登は、すでに疲れきっている身には堪えたが
展望はさすが遮るものにない355度の大展望で期待以上だった。
目前にはどっしりとした存在感のある氷ノ山がそびえる。
あまりにも眺めが良くて時間を忘れ、気づいたらもう16時20分。
三室山山頂からの下山は一般登山道でコースタイムが一時間半だ。
一般登山道なので平和にスムーズに一気に下れると思いきや
これがあまりにも予想外すぎて意表を突かれた。
まずは垂直に近い鎖場があって慎重に下らなければならず、
さらには大峰で言うところの七曜岳から無双洞の中間くらいにある
道迷いしそうなステージが幅広すぎて踏み跡見失う。
しかもまだかまだかの長尺ぶりにはマイッタな。
これ、三室山単品を一般登山道ピストンで登ったらどんな感じなんだろ。
その魅力の半分しか知らないまま終わるのではないだろうか。
山頂からは見えないあけぼの平風の西尾根はもちろんのこと、
日本庭園風に見えたという北側の尾根も行ってみたくなる要素がたっぷりあった。
今回は時間切れと体力切れで歩けなかった竹呂山も続きで行けるので
季節を選ぶものの再訪ありな山だと思った。
[ 2021/04/12 21:48 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(10)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
バックナンバー