FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2021年04月 ] 

鈴鹿山系 銚子ヶ口 (2021.4.3) 

20210403-0.jpg
銚子ヶ口山頂にて

風は冷たく距離は長かったが、鈴鹿山脈一望は圧巻だった

天気予報通り登山口到着するも霧雨。
しばらく待ってからのスタート。
しょっぱなから延々と続く植林帯。
稜線に飛び出すまで思っいてた以上に長く感じた。
銚子ヶ口のレコを見ても山頂に至るまでの情報が少なく
特筆すべき所が無いピークを取るだけの山かな?
という程度にしか思っていなかった。
そんなわけで片道のコースタイムはだいたい一時間半くらいだろうと
ろくに確認もせずにナメてかかっていた。
なかなか植林帯が終わらないのであらためて地図を確認すると
コースタイムが片道二時間半もあるではないか。
さすがにちょっと疲れてきて足取りが重くなってきたところで
ようやく明るい自然林帯に飛び出してほどなく稜線に飛び出した。
流れる雲は速く、寒風吹きさらしで寒いのなんの。
もうソフトシェルは季節的に暑すぎかなと思っていたけど
停滞するならさらにダウンでも着込まないといけない寒さだ。
雨乞岳から御在所、釈迦ヶ岳・・御池岳・・と鈴鹿山系が一望できる展望は
さすが鈴鹿10座に認定されるほどのことはある。
往路では雲が多かったが、復路では雲が吹っ切れてばっちり見渡せた。
しばらく眺めを楽しんだ後、急登を登りきって山頂かと思ったらまだ東峰だった。
東峰は展望があってフラットで食事適地であったが、風で寒すぎてムリである。
そのままスルーして山頂へと向かった。
山頂は樹木に囲まれていて展望こそ無いが風が当たないので暖かく感じた。
さすがにここでお昼していたら記念写真の邪魔になるだろうから
もう少し先へと進んでお昼適地を探しに行こうと移動。
たしか池があったはずと地図を確認すると山頂からけっこう遠いではないか。
どこかお昼できそうなところがあればそこまでとして折り返すか
池まで頑張ってたどり着いて折り返す途中の適地でお昼にしようかと葛藤が続く。
やっぱり池までは遠いなぁ・・やめようか・・もうちょっとがんばってみよう・・
等高線を確認したら池までけっこう下るなぁ。。けどだいぶ近づいてきだぞ・・。
お昼適地は稜線上のあちこちにあるが風が強くて寒い。
樹林帯の中の池なら風もなく快適かも?という期待。
植林帯を激下っているとようやくキラリと光る池が見えてきた。
水舟の池である。
そこでようやくお昼にありついた。
13時~14時まで一時間も休憩してしまったが昼寝は寒くてできず。
静かで侘び寂びのオアシス空間であった。
銚子ヶ口山頂までの復帰はほとんど撮影をしなかったので早く感じた。
東峰に戻ってきたときは15時ということもあってすでに人影はない。
空はすっかり晴れ渡っていて鈴鹿山脈の展望をほしいままに堪能できた。
さぁここからはもう登りがないのでサクサク進めるかと思いきや
ズルっと滑りそうで油断ならないモノレール道の激下りでけっこう疲れ、
やっとのことで舗装林道に着地したもののこの林道がやたらと長く、
途中、芝生箇所があったのでザックを下ろして靴も脱ぎすて横になると
30分ほど爆睡してしまった。
起きてからも駐車地まで長かったなぁ。
鈴鹿は侮れないなぁ(^^ゞ
久しぶりに疲労困憊となった山行であった。
[ 2021/04/05 19:06 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
バックナンバー