FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

京都西山 半国山・烏帽子岳 (2021.2.20) 

20210220-0.jpg
半国山山頂にて  <磨崖碑>

変化に富んだステージが楽しい

別名、丹波富士とも呼ばれる半国山(はんごくやま)は、丹波・摂津・播磨の三国が
それぞれ半分見られるとか三国にまたがっている山だとかで名付けられたらしい。
山頂には象徴的な、ケルンを連想させる不動明王像の磨崖碑が山頂にあるという以外は
これといって特筆すべきものがなさそうだなぁと思いきや、
行ってみたらまさかのルーファイがあったりと変化に富んでいてなかなか楽しかった。
独立峰的な富士と形容されるだけあって山頂まで登り切ると
下山中には登り返しが一切登場しないのが楽チンで良い。
さすがはなんとか富士、これからは富士シリーズだ!なんてね。
ただし今回は、明智光秀の神尾山城跡を確かめるためにわざわざ登り返す
遠回りルートを歩いたが、城跡こそなんの跡形もなかったが、
金輪寺(きんりんじ)を包含する城跡の面影を一体として体感できた気がする。
初めて挑む山というは、予習段階で写真などを見てざっくりイメージしていても
行ってみたらその予想が大きく外れていたという事はよくあって
むしろをそのギャップが楽しみの一つにもなっている。
それゆえに予習はほどほどにあまり詳しく調べすぎないで挑むのが好きかな。
たまに下調べをしなしさすぎて、帰ってからの復習段階で
近くにそんなのがあったんなら立ち寄ればよかったなぁ
という失敗もたまにはある。(^^ゞ
今回、大峰でお会いしたことがあるnono720さんの周回ルートを参考にさせていただいた。

半国山は774mほどの低山なので夏場には登りたくない冬季向きのターゲットであった。
以前、下調べしたときは赤熊ルートの取り付き付近に駐車するとメモしていたが、
駐車場らしいものがあるわけではない様子。
そこで今回、宮川神社・金輪寺の駐車場が利用できるようなのでそちらに行ってみた。
今回、反時計回りということで赤熊ルートから登るために舗装路を移動。
取り付きから獣避けゲートをくぐるとそこは幅広のゴキゲンなトレイル。
スタートから清々しい爽やかな雰囲気からしてすでに予想外。
しかしそれも長くは続かず終点となり、いよいよ登山道へ。
いつぞやの風水害で登山道は荒れ、ピンクのリボンにて巻道へと誘導される。
写真を撮りながら登っていると、後から来られた2人があっという間に抜いて行った。
渓流沿いの荒れた登山道は冬枯れシーズンの今でもやや薄暗い。
沢の水は澄んでおり、かなりキレイなほうである。
滑りそうな岩のあるガレた登山道はやがて二手に分かれようとしたその時、
上から見たことのある人が下りてきたと思ったら抜いて行った2人だ。
「あれ?もう登って来られたんですか?」と声をかけると、
「この先に危なっかしい難所があったのでやめて引き返してきました」とのこと。
どんなところなのかひと目見たかったが、その後すぐに分岐となり
計画ではその分岐を2人が下りてこられた左の赤熊ルートを峠まで詰めるのではなく、
先に烏帽子岳へ登る予定だったので右へと進んだためどんな難所だったのかわからずじまい。
ようやく斜度のあるあまり見通しのない天然林帯を登り始めるとようやく暑くなってきた。
稜線の鞍部に登り切って右手を見ると、急登と巻道の二手に分かれていた。
とりあえずピークを目指して急登のほうへ距離にして150mほど登って烏帽子岳に到着。
フラットでそこそこ広い快適な山頂なのに三角点も山名板も無いのが残念だった。
そこからは鉄塔のある開けたほうへと下り、踏み跡を辿って鞍部に戻るプチ周回をした。
やや方向感覚がおかしくなりそうな感じではあった。
鞍部から登り返しでこの先ずっと一本道の単純な登山道を辿るだけだと
気楽にかまえていたら、まさかのルーファイとなってややこしかった。
踏み跡も薄く、油断していると別尾根に誘いこまれそうだった。
右往左往していると妙なものを見つけてしまい、下山後、亀岡警察署へ届けた。
半国山への手前ピークを下りきった峠(鞍部)が赤熊ルートとの合流点であり、
牛くくり広場となっていた。
テフロン製のたまご焼き器のぶら下がるそこからはピークまで長い登りで、
一部は残雪が残ってドロドロで滑りそうになる。
ピークまでの間も植生が変化に富んでいた。
それは他のどこの山とも形容しがたい感じ。
ピークに到着すると男性が一人だけおられた。
山頂は広くてフラットな弁当広場適地でもあった。
もう腹ペコすぎて早く昼休憩にしたかったが冷たい風は強く、周辺をうろついて適地を探すも断念。
千ヶ畑から登ってきたというその男性とは延々と立ち話をすることになり、
山頂から見渡せる山をひとつづつすべて教えてもらった。(^^ゞ
いつしか男性は下山してしまい、自分も後を追うようにピークから離れる。
山頂周辺での昼休憩を我慢した甲斐あって、
下り切ったところには寝転んだまま運動会できそうな広さの落ち葉積もる
快適な場所があったのでようやく昼食にありついた。
登山開始して5時間後のことであった。
あ、もうこんなに文章が長くなってしまっている。

続きは以下写真のインラインにて。
[ 2021/02/22 22:03 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)

淡路島 諭鶴羽山・沼島 (2021.2.11) 

20210211-0.jpg
淡路島にて

【動画編】


国生みの地、日本人の心のふるさとを感じた

※現地集合現地解散、分散乗車など他者との接触を極力避けるよう配慮した行動を行いました。


スキーなら楽しいけど、山登りではしんどいだけの足かせになる雪山は
美しい樹氷と青空が見れるとしても、アイゼン取ったり付けたり、
ワカンだのピッケルだのストックとかカメラ以外の持ち物が多すぎて無理ゲー。
めんどくさすぎてすみません。(^^ゞ
年齢とともに寒さに弱くなったのも確か。。
基本的には森林浴登山のほうが好きなヘタレ屋なので、
それでも良ければ久しぶりにどこかプチ遠征に行きましょかという成り行きで
孤島のような島もええなぁ~、という流れになり沼島が浮上。
島だけじゃ歩き足らないかもしれないので
過去、と言っても7年も前に歩いた諭鶴羽山にも登ることになった。

雨の心配の無い絶好の天気で、標高を考えると山登りには最適な気温だ。
今冬の寒波はもう終わりなのか?と思わせる春の陽気。
つらい朝2時起きの集合場所4時待ち合わせにて淡路島縦断をして南端へ。
夜明け前後の早朝はほんとに気持ちが良くて心が洗われるようだ。
加えて海の情景は、いつまでもボーッと眺めたくなるがそうもしておられない。
下山してから11時55分の沼島行きに乗船しなければならないからだ。
じっくりと山を楽しみながら歩く我々のペースはわりと適当で
コースタイムは参考程度で脱線によるみち草がどの程度なのか予想がつかない。
今回は、薬師堂跡に悠久の歴史に思いを馳せ、
諭鶴羽神社では往路も復路も立ち寄っては舐め回したり、
山頂では地元の方との立ち話が長く、いろいろ教わったりで予想外の時間泥棒。
建国記念日の今日、淡路島は国生みの地だけに特別なイベントが多いみたい。
諭鶴羽神社では祈祷や植樹をしていたりと慌ただしそうであったが
みなさん親切で、我々よそ者?に対する無関心さや排他的なところがない。
直接会話しなかった人からもウェルカムなムードを感じた。
未踏だったメンバーには今回どのように感じた山だっただろうか。
下山ルート、以前は周回したがそのほうが時間がかかるのでピストンで。
予定よりも早く下山完了したが、水仙郷に行くには時間が不十分。
かなりゆっくりしてからの移動でも乗船場所で30分くらい待ったかな。
山登りをやっていると海や船とはわりと無縁なので
たった10分間の乗船でも旅行気分になった。

さてさて初上陸の沼島(ぬしま)は、7年前に諭鶴羽山登山をしたときの
下山コースからの眺めで目に留まり、とても気になった島である。
あんなに気になっていたのに7年間も放置していたってどういうことだ?!
淡路島よりも先の国生みの地とかで、沼島八幡宮やおのころ神社がある。
我々の沼島での核心部はハート岩の上立神岩である。
それ以外には、四国八十八ヶ所巡りにちなんで八十八ヶ所の石仏があるようで
時間があれば一つづつ確認してみたかったなぁ。
そんな石仏が散らばる周回コースは、海の展望が乏しく、
山登りしたまま同じ重装備で歩いたので後半は疲れてしんどかったなぁ。
島の人はみなさん親切で、10代くらいの若い子でも向こうから挨拶してくれた。
帰り際、時間がタイトになり、まだ元気の残っている先発隊に、
船の出港を足止めしてと託して走っていってくれたが、
島民の人が、急いで駆けている先発隊を見かねて乗船時間を調べてくれたり
「まだ間に合うからがんばって!」と声をかけてくれたらしい。
コロナなどどこ吹く風?という勢いだ。
ほっこりさせられるのはやっぱり「人」の温もりだよなぁ。
沼島は人が押し寄せるような特別な何かがあるわけではないが、
大阪から日帰りで来れて俗世間から離れられる孤立感にワクワクさせられる。
400人あまりの島民はみなさん親切でウェルカム。
静かな孤島の中に身を置いて、外野から日本を眺めるような気分に浸って
時間に追われることを忘れるにはとてもよいところだなと思った。
そんなこんなであっという間に終わった一日だった。

他の写真は以下より。
[ 2021/02/14 20:46 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(5)

京都北山 愛宕山 <パートⅤ> (2021.2.6) 

20210206-0.jpg

この時期に雪がまったく無いなんて・・

【今回のコース】
清滝有料駐車場(8:30)-(梨ノ木谷道)-首なし地蔵-(裏参道)-愛宕山境内(大休憩)-
愛宕神社-(大杉谷道)-清滝有料駐車場(16:30)


【前回までの愛宕山】
 パートⅠ 2013年2月10日 初の愛宕山で竜ヶ岳まで足を延ばす 
 パートⅡ 2013年2月24日 無料駐車場からトンネル上の試峠を越えて米買い道で 
 パートⅢ 2013年3月17日 無料駐車場からトンネル内を通って幻の愛宕ケーブル跡を歩く 
 パートⅣ 2013年10月8日 ヨー君と保津峡駅からの尾根ルートにて 

またしばらく更新の間が開いてしまった。
骨折から復活したものの、その養生をしている間にストレッチをやれずにいたら
今度はぎっくり腰になってしまい、またもや今回もリハビリ登山となってしまった。
ぎっくり対策に有効とされるストレッチを毎日続けてきたので昨年は一度も発生せずで
前回のぎっくり腰からまる2年経っての発症。
まったく油断ならないな。。

清滝トンネル手前の無料駐車場が満車だったのと時短のため清滝有料駐車場へ。
清滝有料駐車場は平日700円、休日1200円と以前から値上がりしていた。
しかも現在は情勢を鑑み?16:30に閉門である。(以前はたしか18時まで)
駐車場のそばにはトイレやゴミ回収箱があって至れり尽くせりである。
8:30スタートと遅かったものの、ルートを脱線したり、長距離を歩いていないのに
駐車場の閉門ギリギリ、カツカツ滑り込みセーフでジャスト16:30の下山となった。(^^ゞ
竜ヶ岳や地蔵山まで足を伸ばしていた過去に比べると歩くのが遅くなってしまったのか?
いやいや閉門時間が短くなっているせいだろう。
休憩時間も長いんだけどね。

愛宕山をひと言でまとめると「静かな京都の金剛山」。
大部分のルートが1時間前後で登れる金剛山とは異なり、
登りはその2倍以上の2〜3時間くらいはみておくべき山である。
そして金剛山なみにルートバリエーションがあって丸一日過ごせる山である。
お気に入りの山であるが近いような遠いようなで未踏の山を優先してしていてずいぶんご無沙汰していた。
金剛山で言うところの千早本道に相当する表参道も久しぶりに歩きたいところであったが
今回はあえて未踏箇所を塗りつぶすルート取りを行った。
清滝有料駐車場到着時はけっこう寒かったが、渓流伝い林道が終わって
本格的な登りに転じると小春日和の陽気の暑さでシャツ一枚に。
梨ノ木谷道はこれまで下山でしか歩いたことがなかったが今回は登りで利用。
登りの未踏箇所は首なし地蔵から山頂までの区間。
首なし地蔵までのこんなに長かったっけ?気づいたら3時間もかかっていた。
以前はいかにも谷ルートを歩いている感じがあったのに今回はそうは思わなかった。
途中、下りてきたマウンテンバイクを乗った人とすれ違って目を疑ったが、
こんなとこどうやって突破したんだ?と思えるステージがあるので
輪行バッグにでも入れて担いで下りたのだろうかなと。
それにしても以前に歩いたときとは随分と姿かたちを変えていたのは
いつぞやの大きな台風のせいだろう。
ほぼ登りきった感のある場所にある首なし地蔵、
そこから山頂までわりと近いという感覚だったが
地図を確認するとコースタイムでまだあと50分もあった。
すっかり空腹になっており、途中で良い場所があればいつでも昼休憩にしたいくらいの
ポカポカ陽気であったが、傾斜が緩やかになったこともあって山頂までがんばることにした。
実質山頂である愛宕山境内に到着すると、至るところにあるベンチで昼食を摂ってるハイカー多数。
以前とは明らかに若い人が増えている気がする。
売店や茶店などが存在しないのは相変わらずであったが、
以前の古いトイレはそのままに、男女別の個室バイオトイレ(女性用は2基)が増えていた。
コンビニで調達した簡素な昼食を済ませて一息つくと、
まるで狐につままれたのか、沢山いたハイカーが消え誰も居なくなっていたのは驚いた。
食後に愛宕神社に参拝し、下山は表参道と迷ったが、大杉谷ルートにて下山。
このルートは私道とのことで大部分が植林帯で特筆すべきランドマークはなかった。
最後は速歩きから小走り、最後は金ちゃん走りと閉門時間に追われる慌ただしい下山となった。
久しぶりに高低差、距離、ボッカともにボリュームのある登山となった。

他の写真は以下より。
[ 2021/02/09 19:33 ] 金剛山(その他) | TB(0) |   コメント(4)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
バックナンバー