FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

金剛練成会が変わる、会員証が変わる?! 

20201123-3.jpg

変わりゆく金剛山

リハビリ登山、一週間でまぁまぁ回復したので久しぶりの金剛山。
突如、金剛山山頂トイレ前の掲示板に張り出された紙。
現時点では「案」となっているが、いろんな憶測が飛びザワついている。
この掲示から何が読み取れるか?想像を膨らませてみた。

1)練成会既存会員(年会費を払って回数登山をしている人)
  →現在の年会費6000円のままモンベルクラブ会員になれる。
  →モンベルクラブ会員年会費1500円が不要になる。

2)モンベルクラブ既存会員(年会費を払って会員になっている人)
  →練成会員でありつづける限り年会費不要。(と思われる)
  →現在のモンベルクラブの会員番号は新番号に統合される。(と思われる)
  →現在のクラブ会員のランク(プラチナやゴールドなど)やポイントは移行できるか?
   移行できるとしたら手続きはモンベル店舗で?
   山頂と山麓まつまさにモンベル店舗ができるとか。

3)「提携カードで入会すると個別入会より500円お得」
  →モンベルクラブ会員カードで練成会に新規入会すると5500円か?

4)磁気テープ入りプラスチック製会員証・デジタル会員証
  →従来の練成会会員証がモンベルクラブ会員証と兼用になるだけか?
  ※磁気テープ(磁気ストライプ)は現在のモンベル会員証の認証に使われている。
  →捺印カードでの捺印が電子認証化(無人)になってしまわないか?
  →葛城神社の運営からモンベル(法人)運営に変わるのか?

5)練成会員ではないが回数登山している人
  →捺印は従来どおりか?

等々、疑問は尽きない。

登山道の補修・整備やし尿処理などで大きな維持費がかかる中、
減りつつある錬成会費収入の中で切羽詰まっていたとか。
二剛会や金剛山自然を守る会ボランティアさんの働きで維持されている金剛山。
歴史ある練成会の仕組みを従来通り運営を継続できるような、
昔から変わらない良いものを残し、新しいものも取り入れる、
新しい世代の人たちにも受け入れられる
新時代の練成会に発展するようなコラボ効果を期待したいなぁ。

コロナ禍のあおりで金剛山に登る人が急速に増えつつあるとか。
今年、日本山岳遺産に選定されるなどの追い風もあり、
今後ますます金剛山が認知されて
心身一如の身体づくりの場となると良いですね。

20201123-1.jpg

20201123-2.jpg

奥大山 烏ヶ山 (2020.11.14-15) 

20201114-62.jpg

【動画編】


遠征グループ山行、シーズンフィナーレ!

ヤマレコ版はこちら

温かな山陰地方の休日だった。
この冬はなんだか厳しい(雪も積もりまくる)冬になりそうな予感。
寒さに弱い自分は、11月中旬なんて冠雪もあちこちでチラホラで寒いやん、
もっと早い日程で行けないかなぁなんて自分都合で思いながら迎えた休日。
いろいろバタバタしていたので結局この日になってしまったという必然。
さすがに高原はひと桁の気温であったが、翌日の山陰地方は外気温が22℃にもなる陽気。
過ごしやすかったぁ。
そうそう、肝心の山登りのほうはというと、
烏ヶ山(からすがせん)へ行こうという以前から温めていた企画が今になった。
近年の「山と高原地図」で登山道が復活するまでは実線も破線も消されていたレアルート。
山友のarajinさんから「烏ヶ山」の熱い想いをブログコメントでいただいてからずっと意識していた山。
ここに来てようやく実現。
登ってみてもマニアックな山で、伯耆大山を眺めるのにこれ以上の場所は無いと言えるほどだった。
あらためて伯耆大山のどっしりとした存在感を再認識できた。
思いのほか登山者が多数居たのも、グループ山行の企画に上がったのも、
元はと言えば、数年前のテレビCMでのロケ地になったということで一躍有名になったからだ。
宇多田ヒカルさん出演の「サントリー天然水 奥大山」がそれ。
自分はあまりテレビを観ないから、そんなCMがあったのかどうか記憶にもなかった。(^^;

 ・サントリー天然水 奥大山 CM本編
 ・CMメイキング映像
 ・宇多田ヒカルさんロケ・インタビュー

CMオンエアから4年?ほど経過してるというのに、未だにこの山の人気が衰えることがない。
この日、我々以外にも宇多田ヒカル岩を探す方やヒカルポーズをする方が後を絶たなかった。
登山道はというと、笹ブッシュの連続にロープ場多数の難所だらけ。
それでもコースタイムが短いので疲労度は少ない。
近くの象山と合わせて周回する人が多いようだが、今回はゆるめで一年お疲れさま山行なので
朝5時に地元待ち合わせ場所出発で登山開始が10時近いという遅スタート。
じゅうぶん日帰り圏ではあるが、GOTOトラベルを利用して山小屋より快適な旅館に泊して
翌日は行き当たりばったり旅の帰路途上立ち寄り観光。
高級ホテルなんて望まない、ビュフェなんか食べ過ぎてしまう。
小ぢんまりした昔ながらの小さい旅館「大山館」。
かつてはスキーブーム全盛期、貸しスキーや貸しウェアなど団体利用などで興盛だった様子が偲ばれる。
今では見る影もなく地下の貸し装備品の部屋はがらんどうだ。
昔懐かしい保養所に泊まりに来たように落ち着く。
部屋は隣の部屋も使って良いよと8畳✕2部屋分だったかをドッキング。
夕食は昔から大山館の名物のジンギスカンに日本海の海の幸。
寒ブリ、トロっとろ。こんなに美味しいブリは初めてかも。
もずく酢ですらまさかの美味。
その他いろいろ、アワビまで。
お腹いっぱい、至福のひととき、お世話になった。
こんな旅館に泊まるのが本当は好きなんだよなぁ、自分。

いろいろややこしい年となった中での今シーズンの山行。
現時点で振り返ってみると、あそこはがんばったなぁという山は無かったように思う。
ラクをしすぎたというと語弊があるが、なんかね、
夜移動で仮眠もそこそこに、山に登り、その日のうちに帰阪するというルーティンが、
もうそこまで無理しなくていいんじゃないの?って今年は思うところがあった。
泊まってゆっくり帰るか、前泊して登るゆとり登山をしていこうかなと方針転換へ?!
今回の山陰地方も良いところだった。
高原で、キャンプなどしてゆっくり滞在したいかななど。
ゆるキャンや車中泊へもウェイトを置いて、これまでと違ったスタイルを取り入れて行きたい、
そんな事をよりいっそう強く感じた一年だった。

今回の写真は以下より。
[ 2020/11/18 21:06 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(10)

砥峰高原・峰山高原 (2020.10.31) 

20201031-0.jpg
砥峰高原にて

【動画編】




大河ドラマや映画のロケ地として使われたことのあるススキで有名な景勝地。
ホームグラウンドから近いところだと生石高原や曽爾高原が似たようなところで
標高も850mくらいとほぼ同じ。
なのになんだろう?遠くまで来た開放感なのか?
いや、以前に段ヶ峰に来たときにも感じた兵庫県の?スケールの大きさ?寛容さ?
なんだかもっと長く居たくなるような懐の大きさを感じるのはなぜだろう。
昔、パジェロに乗っていた頃にやっていたキャンプを思い出して新たにリブートし、
キャンプと山登りの両方を楽しめるニュースタイルをやってみたいと思っていたので
兵庫県(といっても範囲が広いが)はまさにその適地であると認識した。
和歌山でも奈良でも滋賀でもアレとソレとコレの条件が揃ってないので
無理なんだよなぁ兵庫県でないと、なんて妄想が膨らむ。

さて、今回は山登りのようで山登りではなかった。
峰山というピークを踏めるだろうから、いちおう名目上は山登りのつもりだったが、
なんと!うっかり八兵衛、峰山をスルー。
ほぼ山頂をかすったはずなのであるが、仮に峰山のピークを取ったとしても
なにそれどこ?の宍粟50山にも含まれていない山だった。
じゃあ含まれてる山ってどこだったのか?
「暁晴山(ぎょうせいさん)」というのが峰山高原のスキーゲレンデの頂上にあった。
なんだか人工物だらけの山なのだが、ゲレンデの一部を歩いたのに
せめてちょこっと立ち寄れば良かったなぁ。
今回の核心部は歩いたところ全部というか、大好きな秋の季節に
落ち葉サクサクの中をほぼ水平移動で、山登りを頑張ることなく
たっぷり歩けたのが良かった。
それなのにまだ遊び足らない。
やっぱり車中泊でも何でもしてもっとじっくり滞在しなければならない。
そんな良い所だった。
[ 2020/11/02 18:39 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(4)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
バックナンバー