FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

GARMIN 『inReach MINI』 (2020.7.30) 

20200725-1.jpg
ガーミン 「inReach MINI」  ※ロック機構付きエスビナーは別売のナイトアイズ社製

ソロハイカー御用達の最強デバイス
圏外よ、さらば。


ヘリレスキューや第三者への個人賠償に加え、
会員証を兼ねた900MHzの電波を発するビーコンがセットになったアレ。
あのビーコンはかなり普及・浸透しているのか、山友の中でも所有者は多い。
もし遭難して動けなくなった場合に限り、上空が開けたところであれば、
至近距離まで飛んできたヘリがビーコンの電波をキャッチすることができれば
要救助者の早期発見・救出が可能になるというものである。
まだ全国対応では無いようであるが、あれはあれで非常時には有用だと思う。

遭難と言ってもその状況は様々だ。
ソロで、目撃なしで、
 ・滑落等で大怪我をして動けないか意識が無いような重大事故の場合
 ・木の根っこにつまづいて変な転け方をして動けなくなり誰も通らない場所だった場合
 ・体調不良・気分不良で歩けなくなった場合。
 ・道迷いで現在地がわからなくなって抜け出せなくなって日没になった場合

などなどいくらでもまさかの想定外がある。

それらが起きた時にケータイが通じないか、ケータイがかけれない状態の場合、
レスキューに来てもらえるのはいったい何時間後?いや、何日後かになるだろう。
しかもそのためには、
 ・登山届を出していて登山計画やルートがあらかじめわかっていること。
 ・遭難した事に仲間や家族がいち早く気づいて関係機関に連絡してくれること。
 ・レスキューヘリが飛べる気象条件であること。

という最高の条件が揃っていても最短、翌日夜明け以降にはなるのではないだろうか。

そうなると置かれている状況によっては低体温、熱中症、脱水、
またはその他の事態で生存できる残り時間に待ったなしとなるかもしれない。
もっと早くアクションを起こせないか?
レスキュー隊に頼る前に仲間や身内だけで対処・解決できないか?
と考えた場合、結局は何らかの手段で助けを呼ぶしか無い。
ホイッスル等で近くにいる他人に気づいてもらうのが最短かもしれないが、
それすらも期待できない状況であれば、残るは通信手段しかない。
スマホ圏外だったら?通じても意識がなかったら連絡しようがないではないか?
それらを叶える、最新鋭の双方向衛星通信デバイスがinReachシリーズだ。
しかも平常時の山行等でも活用できるというデバイスなのである。

かつてGPS専用機を中心として市場を席巻してきたガーミン社。
最近ではアスリート向けのウォッチなどでもすっかりその社名が一般にも浸透。
スマホの耐候性や即位性能、バッテリー持続時間の性能向上により
個人的にはGPS専用機の出番はほぼゼロとなり、
スマホトラブル時の予備機という位置づけになってしまったこの頃。
GARMIN社の製品とは今後、もう縁は無いかもなぁと思っていたら、
高機能アウトドアウォッチ「Instinct」(ソーラーパワー版も出た)もそう、
物欲をくすぐる気になる製品がいつの間にやらチラホラと出ているではないか。
そんな中でも最速で導入すべきだと思って購入したのが
今回紹介する「inReach mini(インリーチ・ミニ)」である。

機能の詳細に関しては他のレビューサイトなどを探していただくと出てくるので
当記事では現実的な運用を想定した部分について書いてみた。

 ・全世界をカバーする66機のイリジウム衛星経由で通信ができる。
 ・通信は空が開けていれば事実上圏外は無い。
 ・双方向でメッセージ(メール)のやり取りができる。
 ・メッセージには位置情報を付加できる。
 ・絶対絶命の時にはSOSボタンでグローバルレスキューを呼べる。
 ・本体は100gでたまご1個分の重さ
 ・アンテナ部を除く本体部分は名刺の半分ほどのサイズである。
 ・フル充電で50時間持続(つけっぱなしでなくても良い)
 ・USB-B端子でモバイルバッテリーでも充電可能


20200725-2.jpg
iridium connectedロゴが入っている

ランニングコストがかかり、いちばん安いプランで月額約12ドル。
これを高いとみるかどうかはイザというときの命綱と思えば許容範囲かなと思った。
以下の範囲内でメッセージを利用すればこの12ドルを越えることはない。

 ・自由に編集できる3種類のプリセットメッセージは何通送信しても無料。
 ・自由に編集できる最大10種類のクイックテキストを選択して送信するか
  Bluetooth接続したスマホアプリからの自由メッセージ送信は月10通まで無料。

  (11通目から1通あたり0.5ドル、また返信する場合も同料金)

メッセージは、デバイス直接操作やスマホ経由操作で送信する以外に、
一定間隔(10分~4時間)で位置情報付きメッセージを自動送信させることもできるので
移動経路・経過を知らせることができる。

では実際にこのデバイスを山登りではどう活用していくか。
[ 2020/07/30 21:15 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(2)

モンベル『岳人』 8月号(2020年) (2020.7.24) 

20200724-1.jpg

ふるさとの山

今シーズンの遠征は非常に厳しいムード。
特に東方面(アルプス)には行かないほうがよいような
どこからともなく無言の圧力が感じる気がするのは自分だけ?
それならそれでこういう時こそあらためてふるさとの山、
近場の山をもっと見直そうと思っていたら「岳人」がそういう特集だった。

雑誌「岳人」の歴史は古く、
山岳部有志によって創刊→中部日本新聞社→東京新聞出版局→モンベルと
廃刊の危機を乗り越えながら移管されながら存続されつづけきたもの。
他の山岳雑誌(広告も多いが)に比べると厚みが薄いながらも中身は濃い雑誌だ。
特集以外の記事でも様々な山とその歴史、山の楽しみを広げる記事が紹介されている。

今回の特集である「ふるさとの山」として取り上げられていて、
関西から日帰りで行けるのは

 ・金剛山
 ・氷ノ山
 ・石鎚山

の三座だった。
金峰山もギリギリ日帰りで行けるかな。

20200724-2.jpg

お馴染みの我らがホームグラウンドの金剛山は別として、
氷ノ山は過去に一度だけ。
ぶん回しコースを通しで歩く課題が残っている。
百名山の石槌山は未踏である。
アルプスがダメな今年こそ、泊まりでは九州の山にお邪魔したい。
九州の阿蘇や九重は本州の山々とは趣を異にするのでぜひ歩いてみたい。
あとは山口、広島あたりに関西に無いような雰囲気の山は無いだろうか。

ちなみに金剛山の記事では、
金剛山と縁のあるモンベル代表の辰野会長が娘さんと登るツツジオ谷が紹介されている。
野点や野筆、野笛など、モンベルならではの山の楽しみの幅を広げるグッズを
会長自ら嗜まれておられる様子も。
ぜひ手元に所蔵しておきたい一冊になっている。
あれ?もしかして。。

20200724-3.jpg

P.S.
金剛山のスズメバチ緊急情報
馬の背ルート(谷ルートのほう)で蜂に刺される被害者が7/19より続出中。
7/18に登られた方は大丈夫だったそうです。
登山道のすぐそばにキイロスズメバチの巣があるとの情報。
[ 2020/07/24 09:21 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(4)

長老ヶ岳 周回 (2020.7.18) 

20200718-00.jpg
長老ヶ岳にて  ※ここは山頂ではありません(≧∇≦)

山頂はまさかの・・

今年の梅雨は長雨どころか局地的豪雨でまたしても災害級。
それでなくても新コロ禍でグダグダだというのに
ほんと2020年ってトンデモ記録更新中である。
明日は我が身、考えていても仕方ないのでささやかな山登りだけでも。

さて、梅雨が明けやらん空模様でもなんとかなりそうな山域で未踏、
天候によって途中中断しやすそうな山ということで丹波方面へ。
市内を高速道路で跨いで北へ行くと交通費が高くつきすぎる。(≧∇≦)
東や南、つまり奈良、和歌山の山はなんとなく土地勘ができてしまっているので
勝手知らない地へ行くことは遠くまで来た感があって気分が良いのは確か。
今回も駐車地、登山口、ざっとしたコースタイム以外、
ほとんど下調べをせずに突撃してみた。
いちおう関西・近畿百名山ではあるようだ。

鋭利な落石を排除しながら森林公園まで車で上がって行くも
途中、崩れている箇所があって軽トラくらいがやっと通れる状態に断念して引き返し、
振り出しに戻り、いちばん底からの登山開始である。
結果的には周回できた(といっても後半はまさかの舗装路)のでええかな。
もし森林公園スタートだったら山頂までほとんど歩かないので遊歩道を歩き倒すことをしたかな。
果たしてどっちが良かったかであるが、山頂周辺はがっかりな面と良い面があった。
下山は舗装路だけではつまらないので、仏主峠経由で下山を試みるも失敗。
少し登り返してトラバースでリカバリ。
そんなこんなで時間的には一日仕事となった。。
なんだか言葉少なげって?(^^ゞ

詳細は以下より。
[ 2020/07/21 21:17 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(9)

金剛山山頂売店の新ソフトクリーム (2020.7.4) 

20200704-9.jpg
金剛山山頂売店の新ソフトクリーム ※スマホ片手では美味しそうに撮れなかった。

しばらく金剛山関係の記事を書いてなかった。
カメラ忘れてスマホでちょこっと撮っただけな写真で山頂売店の宣伝マン。

山頂売店のソフトクリームが新しくなって美味しくなったと聞いていたが
なかなか食する機会がなかったが、ついに遅ればせながら嵐の中で揉まれながらいただいてきた。
ソフトクリームの味についてはちと小うるさくてめったに美味しいと言わないが、
以前はスジャータのやつで妙にボソボソしていてバタークリームのような感じで?
わざわざ食べたいと思う味ではなかった。
ところが今回のは食べてビックリのうまさ!(≧∇≦)
400円もしたらふつうはワッフルコーンでしょ?的な山頂価格であるが、
この味ならリピート大あり!わざわざ食べたい味になった。
いやぁ、うまかった。(^^)
珈琲自慢の山頂売店、今度はコーヒーフロートもぜひ試してみたい。

さて、久しぶりに登った寺谷ルートの写真が一枚も無いのは
嵐のような強風で、いつ枝落ちや倒木があるやもしれない状況だったため。
新しい寺谷ルート、序盤の崩落地の落石にも気をつけないとね。
そんなこんなで大荒れの今日の山頂は静かで人もまばら。
こんな天気でも登ってる人がおるんやぁ~って、自分もだけど
連続登山100回以上達成の武内さんともお会いした。
何回まで記録を伸ばされるのか楽しみである。

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
バックナンバー