FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

比良山系 釈迦岳(次郎坊山・カラ岳) 周回 (2020.6.27) 

20200627-79.jpg
比良 釈迦岳ピークにて  ※ピークの看板なのか道標なのかどっち?

伏線回収するも核心部にあらず。
下山のワンゲル難路は楽しめた。


まさかの二週連続でまたもや比良にやってきた。
気になることがあるのをこのまま放置してたら次にいつになるかわからない。
この勢いに乗じて行っておかないと。(^^ゞ
前回気になった箇所の確認に行ってきただけなので
今回は地味なやっつけ仕事的な感じでちゃっちゃと終わるかと思いきや、
そこはやっぱり比良山系、どこから登ってもけっこう時間がかかる。
結果的には前回より少し遅いくらいの下山完了時刻となった。

天気はあいにく終始曇り空、ガスで展望がほぼ無し。
梅雨時期の雨上がり後は湿度が高くて蒸し暑くしょっぱなから汗だくに。
最初から足取りが重く、なかなかペースが上がらない。
撮影するフリして休憩、じゃなくて撮影するために立ち止まっていると不思議とすぐに汗が引く。
こんな時期でも千メートルを越える山そこそこ気持ちが良いはず。
ましてや豪雪地帯の比良山系だけに涼しくないわけがない。(^^ゞ
往路、これって冬道じゃないの?と思えるほど変わり映えしない地味な情景で
ハッキリ言って登りに使ったのが失敗したと思わざるを得なかったが、
前回、気になった、

 ・謎の構築物
 ・カラ岳にあると思われるアンテナ
 ・地図上の次郎坊山
 ・地図上の比良明神

のすべてを確認することができたのでまぁヨシとしよう。

比良ロッジ跡に来たのは初めてであったが、そこは北比良峠よりも小ぢんまりで良いと思った。
ここで大休憩(昼食)していると、こんなガスった天気でも多数のハイカーが通過していった。
ざっくり20人くらいのうち、ふた組から道を尋ねられた。
いずれも、
 「現在地がどこなのか、イン谷口に下山するにはどこへ行けば良いか」
というものであった。
見せられた地図はいろんな山が載っているガイドブックの大雑把な地図だったりで
5万分の1の縮尺ものだった。
山と高原地図でも広域図だけだとここが北比良峠かと勘違いしてしまう。
ましてや初めて来たのなら現在地がわからないのも無理はない。
スマホアプリにGPS連動の様々な登山地図があることを知らない感じ。
当然ながら安全な「ダケ道」を推奨したのは言うまでもない。
うぅ、自分もダケ道を使ったら1時間50分ほどでイン谷口に下山できるというのに
ピークらしいピークを踏んでいないので、泣く泣く一時間以上も余分に時間のかかるルートへ。
本日のメインピークは「釈迦岳」であるが、7年前の記憶どおり単なる通過点のようなピーク。
あのときは大勢が休憩していて写真撮影がままならなかったが今回は誰もおらず。
さて、後半戦の大津ワンゲル道は7年前に一度歩いたっきりなので
どんな感じだったかすっかり忘れていたが、
なかなかの難路(ワイルド)で下山で使うにはスリリングであった。

これにてオモテ比良の気になるところはだいたい確認が終わったかな。
いや待てよ、天巧磨崖仏を見逃しているし、比良岳や烏谷山、荒川峠ってどんなとこだ?
比良まではそこそこ近いといっても移動コストがけっこうかかるので一旦はお預けかな。
そんなこんなでしばらく離れていた比良山系に突然目覚めたこの頃であった。
[ 2020/06/30 20:07 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(8)

比良山系 堂満岳 周回 (2020.6.20) 

20200620-0.jpg
北比良峠にて

久しぶりの比良を堪能
沢ルートでの下山はなかなか大変だった


正式に県境越えを解除ということもあって久しぶりのプチ遠出。
かつては何でもなかったのに滋賀まで来たってだけでかなりの気分的な開放感。
大阪在住であるが用事でちょこっと奈良県とかにはみ出すことはあっても
それでもやはり大阪圏内中心で過ごしてきたかな。
うしろめたい気持ちで県境越えして登山に行くのも楽しくないからね。
そんなこんなで山域的にもご無沙汰していた比良山系。
まさかの未踏だった堂満岳を中心とした周回コース行きを思い立った。
予報では日本海側はグレーゾーンで下手したら小雨かも。
雨でも何でも今回は比良から呼ばれるような引力を感じたので行くしかない。

久しぶりの「イン谷口」駐車場に到着すると案の定の曇り空。
本来なら沢ルートは登り利用が基本であるが、雲の流れなどを考えると
反時計回りの沢ルート登りでは最悪は雨。
増水など不測の事態は避けたいので時計回りの尾根ルートにて
先に堂満岳のピークを取り、北比良峠で昼休憩できたらと作戦変更。
下山は天気等を考慮して神爾の滝コース(沢ルート)を使うか、
それとも別ルート(ダケ道だけは過去に歩いているので避けたい)で下山
という柔軟な対応としたいと考えた。
結果的には途中で会った人によるとやはりダケ道側の尾根は雨だったとか。

暗雲立ち込める中、登りだし早々、廃墟別荘地帯で陰鬱な雰囲気スタート。
時計回りは失敗だったかなぁと思ったのもつかの間、
植林帯まじりであったがだんだん比良らしさが出てきて気分は高揚。
「ノタノホリ」ではまさかの池渡渉?みたいな場面に出くわすと
北陸の夜叉ヶ池で見て以来のモリアオガエル?の卵塊があった。
時折、急に大合唱を始めたかと思いきや急に止んだり。
しかし、そのカエル自体を現認することはなかった。
溝の中歩きみたいなところが続く植林帯に飽きてきたところで
枯れた沢になったかと思いきやまた植林が少しあって
ポンっと自然林帯に登り着くとそこからはゴキゲンなトレール。
それも長くは続かず激登りに転じてようやく堂満岳山頂に到着。
写真では見ていたが、予想以上に狭い山頂は展望はあまり無い。
堂満岳ピークは核心部とはならなかった。
やはり今日のメインは北比良峠でのまったり休憩か?!
下山の神爾の滝ルート(破線ルート)は気が抜けない箇所多数で参った。
登りと下りじゃ難易度が違う沢ルートは下りで使うべきではないよね。
なかなかワイルドなシーン多数で楽しめたのは確か。
久しぶりの長丁場での山行はヘトヘトになった。(^^ゞ
比良とぴあで汗を流し、くら寿司でたらふく食べて帰った。
[ 2020/06/22 20:08 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(10)

奥槇尾山(仏岳・上山・猿子城山) (2020.6.6) 

20200606-0.jpg
槇尾山 仏岩にて(左の壁は仏岳)

ディープ・奥槙尾

先週末に引き続いてまたもや槇尾山に来るとは思わなかった。
過去のおさらい歩きをした前回。
あらためて槇尾山周辺の奥深さを再認識することになり、
いただいたコメントにも影響されてもうちょっと歩き倒してみようかなと
今回も午前中メイン(昼メシ準備なし)のプランで歩いてみた。
山中で一日ゆっくり過ごしても良かったが、
前回は下山後の回転寿司が旨くて最高だったので今回もまたそんな感じで。
(^^ゞ
天気は雨こそ降らなかったが終始曇り空。
今回は気になる小さなピークを踏んでいきながら三国山を目指すも、
午前中では帰れそうにないので上山までとした。
上山が気になったのは、そのピークの標高が777mという数字だというだけ。
それ以外に何か収穫あれば儲けものとかすかな期待もあったが・・。
秀麗な猿子城山を離れて眺められたのが良かったのと、
道中はなかなかゴキゲンなトレイルで暑さを忘れるくらい。
それでも下山後は汗だくで、水分1リットルではギリギリ足らないところだった。
今回の行程で人と出会ったのは計4名だけ。
静かな山に引きこもるのに最適。
近場にこんなに良いところがあったとは。
[ 2020/06/07 22:01 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
バックナンバー