FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2020年05月 ] 

槇尾山(清水の滝・蔵岩) (2020.5.30) 

20200530-0.jpg
槇尾山 蔵岩にて

槇尾ブルー・ビューポイントを探して

たいへんお久しぶりです。
件の自粛により2ヶ月ぶりの更新となった。
その後みなさん、お元気でしょうか?
新コロ緊急事態宣言解除となった後も感染リスクと共存しなければならず
6月中旬あたりまでは不要不急の越境はなるべく控えるようなムードの中、
当ブログもようやく再始動できるか?!
山登りなんてやってる場合じゃないような世の中の情勢下、
自粛期間があまりに長かったので再起できるのか心配になるほどに
山にあまり興味が向かず、カメラは埃をかぶり、別のことに打ち込んでた次第。
徐々にこれまでのような山行ができるようになるのだろうか。
今の混沌とした状況ではまだ先のことはわからない。
とにかく山へ行け、である。
季節はすっかり移ろい、すでに山は新緑に覆われている。
槇尾山はずいぶんご無沙汰していた。
ゆたか茶屋が無くなったと聞いてから一度も来てなかった。
そんな槇尾山になぜか今回は呼ばれた気がした。
これも何らかの伏線か?

最新の山と高原地図2020年版には実線登山道が詳しく掲載。
一方、現地ではダイトレ以外は歩かないでほしいと書かれていることを後で気づいた。
登って良いのかダメなのか、案内板多数あるしでどっちを信じて良いのやらよくわからない。
しかも普通に多数のハイカーさんと遭遇。
山慣れしていないハイカーさんだと転・滑落や道迷いの恐れがあるのでご注意。

今回の山行の核心目標は、
 ・蔵岩の下を歩く
 ・槙尾ブルーのビューポイントを探す
というささやかなもの。

午前中にあっさり完結するつもりで、
根来谷から五つ辻を経て反時計回り周回するというラフなプランで、
途中、上記の核心部を探せたらという程度だ。
美しい植林帯の中、五つ辻までこんなに遠かったっけ?と10年前の記憶を頼りに歩く。
五つ辻から槇尾山へと回るつもりが、懐かしの清水(きよず)の滝が気になって見に行った。
こんなに長いトラバースだっけ。。さすがに忘れている。
滝に到着すると、そこは記憶にある姿のままであった。
あの滝の脇を直登したときはロープも無く怖かったが、
真新しいトラロープが張り巡らされてあったが今回は敬遠。
またあのトラバースを引き返すのかぁと登り返しているとテープ箇所を発見。
這い上がるようにして登りきったら五つ辻からのルートでベンチのある場所に合流した。
ちょこっとだけショートカットになったかな。
槇尾山、実際には山と高原地図にはない枝道など多数あり、
何も考えずにあるいていると山頂すら通り過ぎてしまうところだった。
山頂から蔵岩へのアプローチは忘れていたがわかりやすかった。
蔵岩の下におりるルートは結局わからずじまい。
施福寺近くまで下ってきたところで槙尾ブルーの池が見えるポイントを探すため
少し戻ってみては西側の開けたところを探すも障害物が多すぎてなかなか見つけられず。
最終的には「祐さん山」とかいう怪しげな勝手に命名したような弁当広場のあるピークを経て
大きく登り返したところでバッチリ見えるところがあった。
おっと、もうこんな時間、昼食の準備もなく、すでに10時半を過ぎていたので下山へ。
猿子城山や三国山方面など、まだまだ歩いてみたいルートがあったが今回はこれくらいにして終了。
時おりハルゼミの鳴き声する中、初夏の陽気ですっかり汗だくになった。

他の写真は以下より。
[ 2020/05/31 18:25 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
バックナンバー