FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

ブラックダイヤモンド社 『ディスタンス カーボン Z』 

20160713-1.jpg
BlackDiamond社 「Distance Carbon Z(ディスタンス カーボン Z)」

新世代トレッキングポールで軽量化

キャップをしていない(石突きスパイク状態)のストックや長傘を横に持って歩いている人が怖い。
ましてや、ストックを振り上げてVとか☓の字とかいうパフォーマンスはやめて、という恐怖症。

楽になるのはわかっているが、
実は、未だかつて自分用のストック(トレッキングポール)を所有したことがなかった。
過去、必要性を感じた山行きでは借りて持って行ったことは多々ある。
たとえば、富士登山とか、チャレンジ登山大会がそうである。
膝痛をきっかけに導入した膝サポーターは、ちょっとしたことでズレて落ち着かず、
インナーで使っているとズレを直すのにパンツによってはめくり上げれず大変。
下山時だけパンツの上から巻いて使おうと思ってザックに入れてきたつもりが、
ザックの底の底にあると思っただけで取り出すのが面倒で使わなかったり、
はたまた忘れてくることもしばしば。
小物が多すぎて持ち物チェック項目が増えてたいへんなのだ。
そこで、ついにトレッキングポールを買おうと思うことになったわけは、
撮影のある山登りの場合、カメラを取り付けた三脚を手にずっと持っているので
ストックが使える状態ではない。
しかしながら、下山時は安全のためもあってほとんど撮影を行わないので、
手に持ったカメラ付き三脚はフィットネスのダンベルよろしく腕の筋トレにしかなってない。
そこで、特に膝に負担がかかる下山時こそトレッキングポールを使えるシーンだと思った。

スズメの涙ほどの小遣いのヒラリーマンは、節約術で今回もTrekkinnにて個人輸入。
こういうグッズ系は山道具屋では値引きやセールがほぼ望めないのが通例で、
日本では20,736円であるが、関税・送料込みで12,010円だった。
注文から11日かかってオランダ経由で到着。

開封いちばん、げき軽っ!
紙でできてるのか?紙のほうがもっと重いよな?的な。
それもそのはず、カーボンファイバー製なのだ。
一般的なトレッキングポールはアルミ製で、カーボンとアルミはそれぞれ一長一短ある。

 アルミ=重いけど丈夫
 カーボン=軽いけどアルミほどの強度は無く、岩などに当てると竹みたいにささくれる?!

ディスタンス・シリーズはさらなる軽量化のために3シーズン用となっている。
4シーズン対応のアルパイン・シリーズのカーボンモデルだと200gほど重くなる。

ここは最新鋭の最軽量を目指してみたわけである。
気に入らなければすぐに使わなくなるし、気に入ると壊れるまで使い倒すという性格なので
まずはお試し、というノリにしては高いよね。(^^ゞ
ちなみに僕の使っている山道具?!で、最も古くて、今でも現役なのが三脚である。
山登りをコンスタントに行くようになる前からずっと使っているが、
まっさきに壊れそうな足を固定する部分がぜんぜん壊れない。
もしこの三脚が壊れたら、今でもまったく同じ製品が継続販売されているのでそれを買う。
そんなわけで、一見、とっかえひっかえ新しいモノ好き人に見えて、
実は気にいるとボロボロになっても空中分解するまで使い続ける人です。
帽子も古いし、初代のザックもまだ家にある。(^^ゞ

さて、この新世代トレッキングポールは、従来と大きく異なるのが、
ポールを固定する機構が無い点である。
したがって伸び縮みしないわけで、折りたたむ分、かさばる。(^^ゞ
だがしかし、軽さゆえに何もかも許してしまう。
こんなに軽いんだったら、も~、好きにして!って感じか?!(≧∇≦)
そして、驚くのは軽さだけではなかった。
テントのポールみたいなのを左右2本分、
合わせて計4箇所をそれぞれ差し込むのかと思いきや、
なんと!ワンタッチ、いや、ツータッチである!!
言い方悪いが、の標本のガイコツの足みたいにぶらんぶらんした状態で、
使用時に握るグリップ部分を、シュパッ!ペコンッ!
以上。
一本あたり1秒、計2秒くらいでシャキーン!と。
こんな説明でわかりましたぁ?
ようするに自転車の空気入れみたいな原理というか。。
あえてわかりにくく説明しているので、
実物の動きを見たときに驚いてもらおうというサプライズなマージンを残しておこうと思う。

20160713-2.jpg
梅雨空の下で

ポールの長さが調整できないので、
自分の身の丈に合ったサイズ(直立したときに腕が直角になるような)のものを
購入する必要がある。
小うるさい人はこう言うだろう、「登りと下りでは長さを変えるのが基本」だと。
もひとつ上の高級タイプである「ディスタンスカーボンFLZ」であれば、
15~20cmの長さ調整ができるフリックロック(バージョン2)機構が付いている。
フリックロックという言葉が出たので、
せっかくなのでロック機構を世代別に比較してみた。

第1世代
最も普及していて安く、ポールをクルクルと回して長さ調整する仕組み。
これが空回りしてロックしなかったり、長さを左右同一にするのがたいへんだったり
ポールがすぽっと抜けるとなかなか収まらなくなるというイライラ棒だ。
20160713-3.jpg


第2世代
フリックロック(ブラックダイヤモンド社特許)という機構で、
正確かつ簡単に決めた長さで固定することができる画期的な方式。
しかしながら、強すぎず弱すぎない締め付け具合の調整に気を遣う。
フリックロック(バージョン2)は、従来に比べて20%小さく、
レバーなどの形状が改良され、強度そのままに操作する力が軽減されたとか。
20160713-9.jpg


第3世代
Zポールテクノロジーを採用した今回のモデル。
20160713-8.jpg
伸びた水飴みたいな・・

※世代については当ブログが便宜的に表現しているだけです。

壊したり失くしたりするのが得意なので、いったいこれはいつまでもつだろうか。。

ちなみに・・・
[ 2016/07/13 21:36 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
バックナンバー