FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2016年06月 ] 

GARMIN社 『OREGON 600』(英語版)  

20160622-1.jpg
GARMIN 「OREGON 600

GARMIN社「eTrex20x(英語版)」を日本語化させ、
OSMマップ等の複数の地図データを1枚のmicroSDカードに入れて使用している。
画面が小さいことや、スクロールが重いことなどの欠点を差し引いても
電池の持ちは良いし、本体は小さく軽いし、反射型液晶のため
日中の晴天下でも視認できるなど実用的で頼りになり、
未踏の山や未踏ルートを歩く時は欠かせない道具である。
今日は知った山なのでGPSは要らないだろうと思っていても、
気が変わって突然ルート変更したりするときには無いと困る。
紙地図では持ってきた範囲を越えてしまうとどうしようもないが、
データであれば日本全国を詳細にカバーしている点でももはや必携。

先日、山の先輩と山談義をしていると、ある山の会では
同GARMIN社のOREGONシリーズが流行っていると聞いた。
OREGONというと、画面が大きくてスマホライクなタッチ操作のできるモデルだ。
まず、価格が高そうだし、(旧モデルは)感圧式(だった)ではスマホほどの
スムーズなタッチ操作は期待できなさそうだし、操作していないときも画面がどこか
接触することで誤動作してしまいそうで、そうなると電池の消耗も早そうだ。
そんなものが果たしてシビアなフィールドで実用的なのだろうか?
GARMIN社がアウトドア用に作っているモデルなんだから大丈夫だろう。
旧モデルのOREGON550までは画面が感圧式だったものが
OREGON 600/650になって静電式に変わり、処理速度や補足速度も向上し、
知らないうちにかなり良くなっていたようだ。
「今、OREGONが流行ってるみたいだよ」っていう情報。
これは自分にとっての何らかのヒントであり気づきかもしれないぞ。
日常なにげなく聞き流す言葉や、目にする情報の中に、
これから進むべく方向の重要なヒントが隠されていた、
という経験はこれまでも多々あった。
人生はアドベンチャーゲームだ。
この先ずっとOREGONシリーズというアイテムを知らないままでよいのか?
と思ったものの、きっと高くて買えないと思うけどいちおう価格を調べてみた。

正規日本語版では「OREGON 650TC2J」が最新で、本体は税別9万円。
山と高原地図の登山道も描かれているTOPO10Mplus V3地形図データは別売で
それも含めると10万円越えコースだ。
庶民の経済感覚ではありえない額で、スマホ一括払い並みに高価だ。
スマホでもそれなりの働きをしてくれるが、iPhoneだと寒さに弱いし晴天だと画面が見づらい。
電池の持ちもイマイチで、何かとデリケートな存在なのはたしか。
それに比べてGPS専用機はアウトドアで使うための実用性重視の頑丈な道具だ。
スマホと違ってモデルチェンジの影響をあまり受けずに長年使える。
だからって10万円も出せないよね。。
日本専用モデルだけがガラパゴス化され、高価な正規日本語版本体を買わないと
JAPAN TOPO10M地図などは動作しないようにロックされている。
世界共通モデルは、日本語以外の多国語に対応していて自由度が高い。
なんで日本版だけそんな特別なことをしてしまうのだろうと疑問を呈しているサイトは多い。
これらの製品だけに限らず、世の中、日本だけガラパゴスなことって多いよなぁ。
ってことで、世界共通版(英語版)だと1/3ほどの価格で買えた。
今回、どういう経路で調達したかについては後述するとして、
まず「OREGON 600」になって何が良くなったか?

 ・画面が大きく広い~(^^)v
 ・想像していた以上に静電タッチ操作はスムーズで快適!
 ・あらゆる操作がeTrexに比べてクイックレスポンスで処理が速くてストレスフリー!


他にもいろいろ細かい点でもeTrexよりも高機能であった。
電池の持ちは、10年前に購入してまだ現役のGPSmap64CSxJと同等スペックなので、
エネループ・プロを使えば朝から晩までの日帰り登山でも持ちそうだ。
もしも電池切れになりそうな場合、モバイルバッテリーを使うことで
なんと!ミニUSB端子からの充電が可能。
そしてさらに驚くべきことに、薄手であれば手袋をしたままでもなぜか操作できる!(^^)/
(スマホ対応手袋でなくても良い)

Bluetooth搭載で、スマホからメールやLINEの着信も受けれて、
クアッドヘリカルアンテナ搭載で高感度な「GPSmap64S(英語版)」と迷ったが、
画面の大きさや操作の快適さから、OREGONにして良かったかな。
どっちも欲しいけどどっちかしか使わないに決まってる。(^^ゞ

もし、本体にトラブルがあった場合のバックアップ(本体の予備)として、
スマホ(iPhone)にはカシミール3Dでお馴染みでオフラインでも使用できる
「スーパー地形」(機能制限解除960円)を入れておくと完璧。
※「スーパー地形」はiPhone版のみ
[ 2016/06/23 22:06 ] 金剛山(その他) | TB(0) |   コメント(6)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
バックナンバー