FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

金剛山 第367回 (2014.8.30) 

20140830-1.jpg
金剛山 カトラ谷ルートにて

【動画編】


カトラの水で入れる金剛山コーヒーは格別。

【ルート】
 登り:カトラ谷ルート→ワサビ谷ルート→青崩道
 下山:千早本道


4000kmに及ぶ長い前線が通過中の週末で、今回もまた天気が予想できなかったが、
それ以前にいろいろヤボ用もあって、スキマ時間を見つけて行ける山はやっぱり金剛山。
特に日曜日は爽やかで良い天気だったのが惜しい。
台風11号以来、山は金剛山しか行けてない。
金剛山麓まで自宅から車で約45分。
それゆえに時間的にゆとりがありすぎて朝早くから出かける必要が無く、
ついつい夜更かしで朝は7時台に起きるという生活が続いたので朝早く起きるのが辛くなった。
今回も登り出しが11時すぎという遅さ。(^^ゞ
せっかくなので、いつも新作を楽しみにしている動画「山と珈琲、心の一杯」(ブログもあり)を真似て、
金剛山の湧水の一つであるカトラの水を使ってドリップ珈琲を作るというオマージュ動画を撮ってみた。
結果的には、一杯の珈琲を丁寧に入れてなおかつ一部始終撮影をするという作業はわりと大変だった。
「山と珈琲」さんの苦労がよくわかった。(^^ゞ

まつまさ駐車場で出発準備をしていると、遠目にもよくわかる知人の姿。
昨年のチャレンジ登山以来の再開となる「すぎちゃん」だった。
僕の事がすぐにわからなかったみたいで、あなた誰?みたいっぽかった。
あ~、記事にも触れられてないなぁ。(≧∇≦)
下山されたばかりだったので挨拶もそこそこにカトラ谷へと向かう。
ゲートを越える舗装林道は歩かずに、しばらく対岸を行く。
ほどなく舗装林道に合流し、ごく普通にカトラ谷へと入って行く。
曇り空でここ数日暑さが和らいだせいなのか、たったそれだけのことで?サクサクと登って行ける。
カメラを置いて歩いて行ったり取りに戻ったりが余裕。
動画の編集段階でモーションコントロールをかけてスライダー撮影的な効果を出してみた。
この手法は昨年7月の六甲山ロックガーデンの動画でも用いている。
立ち止まり撮影が多かったのでぜんぜん運動にならず、すぐにカトラの水場に着いた感じ。
夏場のカトラ谷ルートの夏場は、なんの原因なのか、しんどい時がたまにある。
やっぱり暑さなのか?
カトラの水はあいからわず冷たくて喉を潤してくれる。
水を入れるだけの2カットだけでも誰かモデルが居ないとぜんぶ自分でやらないといけないので大変だ。
2テイクやりなおし。
水場からすぐ上の堰堤を登ってからは、そのまま素直にカトラ谷ルートを行くのをやめて、
分岐している左側の沢を詰めようと進む。
障害はほとんどなく新鮮で楽しいが、ここを詰めると出るところが想像がついた。
そうこうしているとロープが垂れているところがあったので、そちらのほうへと登ることにした。
といってもその方向はワサビ谷ルートに合流するであろうことはわかっていた。
アキレス腱が切れそうなほどの激登りが続いてほどなくワサビ谷ルートに合流し、
さらに登りつめて青崩道に出る。
そしてそのまま山頂へ。
時間が時間だけに山頂は賑わっていた。
知人とも遭遇。
山頂では休憩することなく捺印をもらっただけで葛木神社裏のトラバース道からちはや園地へと移動。
一の鳥居手前でとある男性の方からお声掛けいただきました。
その節はありがとうございました。
林道を素直に歩いて香楠荘へ直行し、腹ペコだったので、最近お気に入りの「冷し月見山かけそば」に
一玉増量して注文。冷たくひえていて大満足の一杯だった。
モンベルクラブ会員カードで5%引き。
この時点で14時半に達していた。
17時には下山完了したいので大急ぎでベンチのあるミュージアムの上へ。
隠れ家のようなこのスポットはお気に入り。
持ってきたドリッパーや挽いた豆、ジェットボイル、抽出した珈琲を受けるチタンカップ、
さらには温度管理のための放射温度計や、今回使わなかったがチタンシェラカップなどなど。
いやはやお湯が沸いてからバタバタと忙しかったなぁ。(^^ゞ
今回の豆は成城石井で調達した、すでに挽いてある「有機珈琲バードフレンドリーブレンド(中細挽)」。
炒りたての豆を買ってきて、ミルを使って挽きたてを淹れたらもっと美味しかっただろうな。
珈琲はかなり好きで、飲む時は必ずブラック。
最近増えている珈琲チェーン店、アイス珈琲を飲むとその店のこだわりようがよくわかる。
取り寄せでは土居珈琲のブルマンブレンドの味が忘れられない。
金剛山へ向かう途中、金剛駅前店舗時代からお世話になっている菓子工房「yamao」で茶菓子を調達。
プリン「乳卵糖」(500円)がベストであるが、その半額のなめらかプリンでも異次元の味。ついでにシューも。
カトラの水で淹れた金剛山コーヒーをのんびりと楽しんだ。
今回、真似できなかったが、山と珈琲さんではいつもシェラカップを使って珈琲を飲まれている。
ダブルウォール(二重)のマグカップだと冷めにくいのにと思っていたが、
シェラカップは再加熱しやすい点や開口部が広く、香りが楽しめる点などでなるほどと思った。

その他の写真は以下より。
[ 2014/08/31 20:57 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(19)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
バックナンバー