FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

金剛山 第366回 (2014.8.23) 

20140823-0.jpg
金剛山 妙見の滝

【動画編】


あいかわらず予測不可能なゲリラ雷雨

【ルート】
 登り:妙見谷ルート
 下山:千早本道


不安定な空模様が続いていて、なんとなく今年の夏は終わった感あり。
お盆を過ぎて急に日が短くなるのを感じるし、秋が確実に近づいてきている。
もたもたしているうちにまもなく9月へ。
気になって、昨年の今ごろはどこの山に登ってたっけ?と確認してみたら、
なんと、金剛山メインだった。(^^ゞ
な~んだ、同じやん。。
それにしても広島の大変な水害はもとより、
六甲山系も台風11号被害などでメジャー登山道の5ルートが通行止めになるなど
近年には無かった被害が拡大している。
今回、金剛山では大きな被害は無かったようであるが、
まさかの千早本道が倒木やフロノ谷付近の登山道が崩落するなどの影響があった。

今日の午前中はいい天気で、遠くの山もくっきりスッキリ見通せるなど
絶好の登山コンディションであったが、朝から予定があったのでまたまた午後からのスタート。
午後からとなると大気が不安定になるのはわかっていたが金剛山ならなんとかなる。
15時スタートで久しぶりに刺激を求めて妙見谷ルートへ突入。
事前情報ではそんなに荒れていないとのこと。
沢ルートではあるが、突然の豪雨でも濁流になることはない。
いくら深いところでも膝までの半分程度にしか達しないほどである。
ゲートを越えて林道に進入するとほどなくイワタバコの群生が圧巻であった。
すでに時期は終わっていた。
一昨年前の冬の大雪の重みで折れた木が針の先端のようになったハリセンボンがそのままに。
コンクリート橋手前で体調50cmくらいのマムシに遭遇。
よく見かけるシマヘビなどとは模様も違えば挙動がまったく違うのですぐにわかる。
マムシを見つけたらその場で駆除しなければならないと聞いたことがあったので
付近にあった大きな石をいくつか使って退治。
陽のあたるところは鬱蒼としているがごくわずかで、
快適に歩けるのは人気ルートゆえに歩く人がそれなりに確実に居るからだろう。
左手の沢の最後の堰堤を越えところにある入渓ポイントはスルー。
横飛びの滝を見下ろす最初の難所(高所)である「脚折れハシゴ」を下りる。
昔っからこのハシゴだけは脚が折れたまま修復されるなどしてまったく変わらない。
すぐにまた穏やかになって沢伝いに妙見の滝のほうへと分岐。
滝をまったく通らずに行く道もある。
国見塔の高さでも計ってみようかなと思って持ってきたレーザー距離計を使って
ピタゴラスの定理のモードで滝の落ち口と滝直下の距離から滝の高さを自動計算。
約12.3mと出た。(以前にも測定したことがある)
滝を右側から登って落ち口に出たら、そのまま沢を進むのをやめてトラバース道を歩く。
たちまち沢から離れ、転落するとタダでは済まない高さとなる。
高いところが苦手な自分はこういうステージは苦手であるからして、
次に沢に降り立ったところからは沢の中を行くことにした。
ここで沢を行かずに再びトラバースのほうへ進出すると本ルート最大の難所となる。
トラロープはあるにはあるが、足場が沢のほうへ落ちるように斜めになっていて幅も無い。
しかしながら沢を行けばこんな楽しいルートは無い。
妙見谷ルートは大阪側(千早側)ではいちばん楽しくてハードなルートであるのは間違いない。
ただ、車道歩きのアプローチがイヤなだけ。。

そんなこんなで機嫌よく沢遡行を楽しんでいたら雨がポツリポツリと。。
やがてカミナリが鳴り出して豪雨となってきたので安全地帯に避難し、
珍しく持ってきていたレインウェアを着て、さらにユーロシルム互換の最強の傘をさして待機。
スマホでレーダーを確認すると30分もすれば上がりそうな動きだった。
その間、ひたすら雨音を聞きながらボケ~っと過ごす。
戻るほうが早いほどで、山頂までまだまだの地点である。
どれくらいの時間待機したか、やがて雨があがったので登りを再開。
妙見谷ルートは沢の水が無いところまで登りつめてもなお登りが続く長いルートだ。
再び沢歩きを楽しんでいたらまたもや小雨。
カメラをしまいこんで登りに専念する。
汗に雨にすっかりボロ雑巾になりながら登り続けるも、いつまで経っても終わりが見えてこない。
ガスっていて先が見えないだけにまるで無限ループである。
もう山頂をとっくに通り越してるのでは?と思ったほど。けど、山頂を通り越したさらに上ってどこ?(≧∇≦)
なんてありえない発想をするほどである。
ようやく沢の源頭部に達して水が無くなり、さらにさらに登りつめてさらに登ってポンっと山頂に到着。
今日は朝からの用事で疲れていたのでハードだったなぁ。。
けど楽しかった。

山頂18時の気温は20℃で少し寒いくらい。
ライブカメラに間に合ったが、うっかり横を向いている間にパチリ。
売店のカップ麺自販機で蕎麦を買って食べ、キリンレモンをプハ~。
涼んでいるとたちまち19時となって捺印所が閉まる。
ヘッデンを灯してナイトハイクをしながら千早本道を下山。
途中、捺印所の方に抜かされた。。
今週末もなんとか山に登る時間が作れてよかった。

その他の写真は以下より。
[ 2014/08/24 16:11 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(14)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
バックナンバー