FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

金剛山 第310回 (2013.5.11) 

20130511-0.jpg
金剛山頂 午前10時のライブカメラに写った今日のメンバー <クリックで拡大可>
(大将はキバラーの右隣の男性:お名前を尋ねるのを忘れておりました)

20130511-23.jpg
来る日も来る日も毎日午前10時のライブカメラに向かって立つ大将

【動画編】


新緑の候
念願のあの「金剛山ライブカメラ午前10時の大将」に出会った。
コワそうな人かと思いきや、とても親切で気さくな方でした!

【ルート】
 登り:青崩道
 下山:ダイヤモンドトレール


おもいっきり朝から雨の土曜日。
こんな日は人も少なく、しっとり、しんみり、じっくり、のんびりと金剛山を楽しむにはちょうど良い。
せっかくなので今日こそはあの人に会いに行こうと思った。
あの人とは、日曜日以外は毎日毎朝10時に金剛山ライブカメラの「金剛山の1日」に
必ず写っているという、あの男性とぜひ一緒にライブカメラに写りたいというビッグな目的を持って。

駐車料金を節約して香楠荘でお昼を摂るという涙ぐましい節約努力をするため、
8時登山開始目標で水越峠側へ向かった。
予定ギリギリに青崩トイレ前に到着し、8時に数分遅れでスタート。
10時までに何としても間に合わなければならないので、時間の読めるルートということで
青崩道から登ることにしていた。
整備された歩きやすい青崩道は国見城址広場の時計台の裏側に到着する水越川最短ルートで
さすがに2時間もかからないだろうと思っていたところ、青崩道取り付きのところに
「所要時間2時間」と書かれてあったので焦る。
レインウェアのジャケットを着て、お気入りの耐風・耐水・耐紫外線の傘をさして登り出す。
青崩道を登るのは久しぶりで、金剛登山を始めてここを歩くのは今日で2回目くらいじゃないかな?
水越峠側の千早本道と言ってもよいほどメジャーなルートである。
いきなりの急登な上にいつものウェアの上にはレインウェアを着ているのですぐに汗をかきはじめる。
蒸し暑く、荷物重く、片手で傘をさしているものだから足取りは重い。
それでも徐々にカラダが馴染んてくるとせっせとペースが上がってきた。
ペースを上げるにしたがって大汗をかく。
レインウェアで汗だくになるくらいなら、雨に濡れるだけ濡れてあとで着替えるほうがマシである。
ついこの間まで冬だったのでそんなこともあまり深く考えて予想していなかったなぁ。(^^ゞ
しかも久しぶりの青崩道は勝手がわからず、今、全体のどのあたりか?というのが読めない。(^^ゞ
時間に遅れないようにゆっくりでも休憩せずに歩き続けるしかないのだ。
それでもようやく「セト」まで登ってくると、あと20分くらいだなぁと時間が読めるようになった。(^^ゞ
そんなこんなでスタートしてから一時間半後の9時35分に山頂に到着した。
青崩道はふつうに歩いて登り一時間半、下山一時間というコースタイムだろう。
ちなみに青崩道をピストンはしたことがないが、それができる人ってけっこう忍耐力あると思うなぁ。

捺印を済ませて国見城址広場に戻るところで知人と遭遇。
こんな天気でもニコニコと明るい人だ。
さて、広場の片隅で三脚にカメラをセットしたりと準備しながら時間を待つ。
準備がおちついたところで、ライブカメラに写るポジション付近にちらほらと人が集まってきた。
いよいよだ。
そしてついにあの男性、いや、大将が登場!
隅っこのほうでご一緒させてもらおうと近づいていくと大将が気づいて声をかけてくださる。
驚いたことに、当ブログをご覧頂いている方だったみたいで、
ご親切にまわりの皆さんも気遣ってくださって大将の横に立たせていただく。
そしてカメラに向かって待つこと適当に5分間くらい談笑しながら過ごす。
もうそろそろかなって感じで適当に終わって流れ解散。
わずか数分のふれあいであったがみなさんと時間を共有できて感激した。
今日、ご一緒していただいた皆様、どうもありがとうございました!
ライブカメラ午前10時の輪がどんどん大きくなって、金剛山の名物のひとつとなれば幸いだ。

みなさんとお別れした直後に確認するとちゃんと映っていたが、
家に帰ってからあらためてサイトを見ると狂った時間のキャプチャー画像が上書きされていた。
これは金剛山公式ページ管理人のまっくんさんにぜひとも直してもらわないと。
よろしくおねがいします。→さっそく直してくださったようです
幸い、スマートフォンで確認したときにキャプチャーしていた画像があったので助かった。
おちついたところで香楠荘へ移動。
ふつうにあるけば20分くらいで到着できるが、あいかわらずの雨の中、
写真を撮りながらのんびり歩いていたら、開店時間の11時直前に到着した。
山頂から50分もかかるほどゆっくり歩いた覚えはないのだが。。(^^ゞ
香楠荘はこんな雨の日であるゆえにガラガラであった。
何やらツアー会社の人が打ち合わせにきていて?なんちゃら流星群が飛んでくる日は予約で満室だとか。
そんなことで香楠荘が繁盛したりするもんだとは知らなかったなぁ。
下山はダイヤモンドトレールから。
雨に濡れてしっとりした新緑は鮮やかでとても美しく映えていた。

その他の写真は以下より。
[ 2013/05/11 23:05 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(14)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
バックナンバー