FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2013年02月 ] 

金剛山 第297回 + 葛城山 (2013.2.2) 

20130202-31.jpg
葛城山頂にて(バックは金剛山)

タイムラプス動画 (28秒) ※サウンドは鳴りません


金剛山山頂周辺はアイスバーン状態。
雪の無いところはぬかるんでいてズルズルの最悪コンディションだった。


【ルート】
<金剛山>
 登り:水越峠よりダイヤモンドトレール(白雲岳 経由)
 下山:ガンドガコバルート
<葛城山>
 登り:ダイヤモンドトレール
 下山:(ピストン)


晴れに向かっているとはいえあいにくの天気で夜間に雨。
午前中も雨が残ると思われたので未踏の山行きは中止。
ホームグラウンドの金剛山へ向かって車を走らせると、
雨は上がっていたが山沿いに近づくにつれて濃霧で蒸し蒸しした状態。
このところ天候に恵まれなかったり、雪山シーズンでもあって
重い荷物を背負ってたっぷり歩くことから少し遠ざかっていたのでダブル登山を決行。
本日2座目の葛城山のダイトレの登りはさすがにきつかったなぁ。

7時20分、水越川公共駐車場より登山開始。
雨上がりで雪も無く、気温、湿度はこの季節にしてはかなり高めである。
山間部はガスっていて視界が悪く、ミストな状態。
こんなコンディションの日に水越側から登る人はさすがにほとんどいないようだ。
越口を過ぎて最初の石橋のあたりから残雪が溶けたものが凍ってツルツルで水浸し。
端っこのほうの残雪がサクサクとして残っている部分を歩いてクリアするも
金剛の水を過ぎてカヤンボまでがそんな状態であった。
カヤンボからダイトレに入ると残雪も少なくなってなんとか歩ける状態になった。
登りはなんとかアイゼン使わずに歩けそう。
前後にまったく人が居ないので、のんびり自分撮りなどしなからスローペースで行く。
パノラマ台に到着するも外界は真っ白にガスっていて何も見えない。
薄暗いダイトレをしんみりと歩き続ける。
このままふつうにダイトレを歩いているだけでは退屈になってきたので、
久しぶりに白雲岳ピークを目指して適当なところから急登を上がる。
植林の中であるがダイトレの大通りに比べて明るく静かでいい感じ。
以前に白雲岳ピークに来たのはもう2年も前の事になる。
ピークを過ぎると急激に下ってまたダイトレである。
今日のダイトレはなぜか長く感じる。
荷物が重いのでスローペースだからだろうか。
一の鳥居直前までは誰一人出会わずすれ違わず。
葛木神社が近づくにつれてアイスバーン、いや水浸しのスケートリンク状態が
さらに広範囲で逃げ場が無くなってくる。
雨なのかしずくなのかついに傘をさすことになる。
冬道でなんとか境内まで下りて捺印所へ。
その後、国見城址広場に上がる途中、端っこを歩いていたら溝を踏み抜いてドボン。
溝には雪が積もっていて路面と面一になっていただけでなく、
水混じりのシャーベット状だったために登山靴の中に流れ込んで完全に浸水。
歩くとジュージューと。
靴と靴下を脱いで絞ってある程度はマシになったが不快感たっぷり。
横着してアイゼンを付けなかった罰だな。。
そんなこんなで山頂周辺の写真を撮ることをすっかり失念してしまった。
山頂到着は10時15分くらいなので登りに実に3時間近くかかっている。
のんびり自分撮りに時間かけすぎた。。
その後、直ちに簡易アイゼンであるPinoPlanのマジックアイゼンを付けて
今回は先を急ぐので売店には立ち寄らずに下山モードに。
大日岳に来たところでDCRの無線が入り、電源を入れっぱなしだったことに気づく。
せっかくなので立ち止まってサカイKK503局(堺市堺区)と出力1Wにてメリット5で短い交信。
空がゴーゴーと唸って風も強くなってきたので下山を急ぐ。
途中、西名阪道の香芝ICに居る方から電波が入感するが先を急ぐ。
太尾塞を過ぎてガンドガコバ林道へ。
途中、前から気になっていた延伸している新たな林道のほうに向かって足跡があってので
どこまで林道が続いているのか気になって歩いてみたが500mほど歩いたところで行き止まり。
そこからバリエーションで登っても太尾塞を経由して山頂に行くだけの単なる植林地帯であろう。
引き返してきてガンドガコバ林道をだらだら歩いてカヤンボへ。
マジックアイゼンを取ったりつけたりとせわしない。

水越峠までもどってきたら12時20分にもなっていた。
下山中は30人以上とすれ違った。
売店の混雑状況も昼時はもちろん最近では午後遅くまで多いと聞いていたが、
午後近くからや完全に午後から金剛山に登るという人がかなり増えてきている実感がある。
朝5時に置きて朝食を摂ったのでさすがに空腹であるが、
葛城山に登ってからでないと戦意喪失してしまうのは確実なのでがんばって登り始める。
天気はどんどん回復していっているようだ。
こんなに階段があったっけ?と思うほど今日は長く感じた。
つつじ園に到着するとまたもや空はどんより曇り唸りをたてておりガスって視界不良。
てっぺんは寒そうなのでつつじ園の下のほうのデッキで遅い昼食を摂る。
コンビニフードである。
食べ終わって腹が落ち着いてきた頃に天気が回復してきたので山頂目指して登り切る。
太陽の日差しが明るく暖かい。
金剛山はどんよりした雲がかぶさったまま動こうとしない。
葛城山から眺める金剛山はいつ見ても良いものだ。
のんびりまったり時間を過ごして登ってきたルートから下山。
下山完了は16時30分であった。

その他の画像は以下より。
[ 2013/02/02 23:02 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(14)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
バックナンバー