FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!
月別アーカイブ  [ 2011年07月 ] 

金剛山 第248回 (2011.7.17)  

20110717-0.jpg
丸滝谷ルートにて  ※左から、Takeshiさん、段取八分さん、キバラー、うっちぃさん、ちゃみさん

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分34秒)


登り:丸滝谷ルート
下山:もみじ谷ルート


須磨アルプスのときのメンバーが再び集まる機会に恵まれた。
連休の中日にあたる今日、遠征ではなくまったりと金剛山へ。
かかる費用のほとんどが食費のみというエンゲル係数?!の高さ。
低予算で満喫できるのが金剛山の魅力でもある。

青崩の石筆橋をだいたい8時40分くらいにスタート。
まずはウォーミングアップで林道をのんびり歩き。
意外と長いこの林道、意外と登りでもある。
今日の気温はどれくらいだろう、じわじわと汗が出てくる。
鉄板の橋を渡ったらいよいよ森の中、沢の中。
じっとするとヒンヤリ涼しい。
清涼感たっぷりの沢歩き。
石ブテ東谷方向の垂直の滝を眺めながら、いよいよ丸滝谷ルートである。
小滝をどんどん越えて行く。
楽しい!
やっぱり丸滝谷は良いなぁと思う。
途中、下の丸滝を見に行く。
これはどうやって登るのだろう?おもいっきり左から巻くしかないなぁ。
そっから先はどんなんだろ、気になるなぁ。いつか行ってみたい。
涼を求めてか、他に3組くらいと単独女性の計7名くらい見かけた。
いよいよ核心部の崖っぷち。
今日はそのまま直登できそうに見えたが、安全第一で右から。
しっかりと束ねられたトラロープのおかげで難なく登れるが、
やはり下を見るとその高低差にちとドキっとする。
そこをクリアするとあとはしばらく小滝越えを楽しんでV字ゾーンを過ぎて蟻地獄へ。
蟻地獄は石ブテ東谷ルートのそれほど長くはない。
蟻地獄の後、忘れていたちょっと長い急登。
ようやく登り切ったところで大休憩。
ここは中尾の背ルートや石ブテ東谷ルートのゴールが集まるところ。
そよ風があって涼しい。
うっちぃさんが凍らして持ってきてくれたパイナップルの美味いことといったら、
筆舌に尽くしがたい至福のひととき。
身も心もとろけそう。。
すっかり汗が引いたところで登山再開。
まだ山頂までしばらく登りが続く。
大日岳も越えなければならない。
そんなこんなで大日岳を下りきったところで青崩ルートのほうへとエスケープし、
そこから登り返して国見城址広場の時計台の裏から山頂へ。

山頂11時25分の気温は24℃。
じっとしていると涼しい。
山頂捺印所で捺印と、転法輪寺で捺印。
と、すぐそこへarajinさんが汗だくで到着されたので仲間を紹介。
どこを登られたのかお尋ねするのを忘れてました。
arajinさんとは龍門山以来のご無沙汰でした。
そして伝説のスノーボーダー、和泉中央Iさまとも遭遇。
まだ紅葉谷に行って登り返されるとか。いやはやスゴイ。。
みなさんとお別れし、昼食のために香楠荘へ。
だいたい15分で行けると思っていたら実際は20分と少々。
注文はざる蕎麦率が高かった。
食後、みんな眠くなり、まった~り過ごすこと一時間以上。
二時間くらい居たかも。
この後は時間を忘れることに。
最後のシメにソフトクリームを食べて再出発。
下山はもみじ谷ルートから。 ※本流ルートではない。
笹プールに始まって、フカフカの植林地帯、そして急登の下り。
もみじ谷本流ルートと合流し、さらに沢を行く。
石とびのように沢を跨いでは反対側への繰り返しが楽しい。
一度、ミスって深みにドボン。
浸水はまぬがれたが、もともとどこか穴があるのかじわじわと靴下が濡れてくる。
そしてガンドガコバ林道と合流し、ダラダラと青崩まで。
最後にちゃみさんから凍らした昆虫ゼリーみたいなのをいただく。
この季節、凍らし系はうまい!
みなさん、差し入れありがとうございました!
金剛山の沢ルートに癒された充実した一日だった。

ところでブヨの件、教えていただいたハッカ油を原液で帽子、ウェア等々に
噴霧していったところ、いつもぜったいやられる箇所などまったく刺されず。
しかしながら無防備だった左右の手のひらのみを二箇所もやられて痛痒い。

その他の画像は以下より。
[ 2011/07/18 01:49 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(27)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
バックナンバー