FC2ブログ

いざ行かん、未踏の山へ!
月別アーカイブ  [ 2009年12月 ] 

金剛山 第173回  (2009.12.27) 

20091227-1.jpg
左より、katsuyukiさん,kosiziさん,Takeshiさん,あ~ちんさん,キバラー
#クリックで拡大可

今日は単独登山の予定で、誰とも約束をせずに金剛山に向かった。
出発時間もそれぞれ違い、それぞれ単独で登ったのに偶然合流。
このブログに最近よく出ていただいているメンバーが大集合した。
2009年の締めくくりとして、とてもうれしい顔合わせとなった。
といっても年内まだ登れるかもしれませんが。

今年はほんとに多くの新しい出会いがありました。
元来、文章が下手で言葉足らずなので、コメントのコメントに対しても
不快な表現や言葉使いがあったかもしれません。
声を掛けていただいた方、ブログにコメントいただいたみなさまにお礼申し上げます。
ありがとうございました。


登り:清井山ルート+なんちゃって石ブテ西谷ルート(エスケープ)
下り:ババ谷ルート+鱒釣り場ルート


金剛山に向けて車を走らせていたら、偶然、友人あ~ちんの車が目の前を走っていた。
そんなわけで、まつまさ駐車場から一緒に登ることになった。
駐車場スタートが9時20分。
マイミクで金剛山大先輩のkosiziさんに、以前、ちらっとヒントをいただいていた
未踏の新ルートの確認に、単独登山で行くつもりだった。
その気持ちは曲げることができず、あ~ちんご一行も一緒に登ってくれることになった。
ルートへの取り付きがよくわからないまま、どんどん高度は上がって行っているのに
山頂からはみるみる離れていっている。
そしてようやく入口らしい部分を見つけて進入。
ほどなくして尾根に出ると、くっきりはっきり道が続いている。
道なりにその尾根を登り切ると、そこは「清井山」と書かれた山頂だった。
清井山山頂を越えて少し下ったあと、ひたすら登っていく。
ずいぶん進んだところで、左から坊領ルートが合流してきた。
坊領ルートの最後の激登りが終わってさらに進み、青崩ルートの山火事跡に出る。
その後、すぐにセトに到着。ここまででおよそ一時間。
そこからはまた少し下って「なんちゃって石ブテ西谷ルート」をトレース。
大日岳に出る少し手前で、青崩道の尾根に取り付いてエスケープし、迂回路を通って山頂へ。
山頂到着が11時10分。気温0℃。少しだけ雪が残っていて滑りやすい部分もあり。
到着と同時に、前からkatsuyukiさんが向かってこられた。
今日はkatsuyukiさんは単独で登られるとあらかじめ聞いていた。
山頂でお会いできるといいですね、というメールを送っていたところ、
結果的に待っていてくださった。
登りだしてからは圏外で、連絡が取れなくなっていたので、
わざわざセトまで様子を見に行ってくださったりと、
ずいぶんお待たせして申し訳ありませんでした。
山頂で売店でみんなで昼食をとろうとしていたところに、
サングラスをかけてベンチに座っている怪しそうな人を発見。
なんと、先日もみじ谷本流で大冒険を共にしたTakeshiさんでした。
Takeshiさんも予定が急に変更になったそうで、たまたま山頂にいらっしゃった。
それだけにとどまらず、売店の中にはあの金剛山の大ベテランで大先輩の
kosiziさんがいらっしゃいました。 

昼食後、記念写真を撮ってもらった後、水越側に下山するkatsuyukiさんとは分かれ、
その他のメンバーで鱒釣場ルートを目指すことになった。
こちらも未踏ルートで気になっていたので、わがままを聞き入れてもらった感じ。
kosiziさんを先頭にまずはババ谷ルートをめざす。
鱒釣場ルートは、kosiziさんは登りで使ったことしかないとのことで、
分岐がよくわからないかもしれないとのこと。
ババ谷ルートを下りていると3方向分岐があらわれた。
真ん中のルートがそれだったかどうか下山で使ったことないとのことで思い出せない様子。
とりあえずそちらにはいかず、さらにババ谷ルートの下山を続けた。
ババ谷ルートは後半部で2つ3つに分かれる。
その一番右側のルートを選んで下山していくと、そこは松の木がある見慣れないルートだった。
これは期待できるかも、とさらに下山を続けるとババ谷に下りきってしまった。
妙見谷ならともかく、ババ谷に下りきってしまうのは(まつまさに駐車しているので)
ほぼ百ヶ辻からまつまさまで車道を行く、最悪のパターンだなぁと言っていたら、
kosizuさんがさりげなく「登り返しましょうか」と。
なんと、ババ谷前の車道を目前にして、99.9%下山完了と思われる状況の中で、
鱒釣場ルートへのやりなおしができるの??と一同唖然。
せっかくなので行きましょう!と全員の同意を得ることができたので、
またまた知らない道をどんどん登っていくことに。
そして尾根を登り切ると「鱒釣り場→」と書かれたテープを確認。
あとはkosiziさんの後について思った以上に長くアップダウンのあるルートを行くと
無事、鱒釣り場に到着した。
どんなところに出るのかなと思っていたら、まったく予想外の場所に出た。
車道を歩いていても入口を見つけるのはむずかしいほど意外な所だった。
14時少し前にまつまさに到着して下山完了。
今日も長い距離の登山を楽しめた。
みなさんお疲れ様でした。

その他の画像は以下より。

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ
ラズパイ・SDR

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
ツイート
月別アーカイブ
バックナンバー