fc2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、未だ見ぬ山へ!

日本百名山 霧島山/韓国岳(からくにだけ) (2024.2.17) 

20240217sk-00.jpg
霧島山(韓国岳)山頂にて

異世界感にしびれる

暖かい週末だった。
またもや所用で九州へ行ったので半日だけの山行へ。
鹿児島はかなり遠いと思っていたので生涯行くことないやろなぁと思いきや
滞在地の福岡県南部からたったの2時間半ほど。
雲仙普賢岳に行くとしても同じ2時間半くらいなのでそれならいっそ鹿児島へ。
阿蘇や九重に至ってはもっと近いので春が待ち遠しいところだ。
ところで九州の有名な山は火山が多いので標高が低いにもかかわらず森林が無い。
そのため、まるで森林限界を越えた高山に登っているかのような錯覚に陥る。
言い方を変えると、手軽に絶景が楽しめる山が多いと思った。
名前の有名なあの山もこの山もその山も手が届くではないか。
九州は行くのに安・近・短とは真逆だと思っていたがそんなことはなかった。
いろいろオトクな方法がある。
しかしながら山行目当てで行くとなると天候に左右されるので手段選択が難しいかな。
ともあれ今回は霧島である。
ほぼまっすぐな九州道を南下して鹿児島が近づいてくると
これまでまったく無かったトンネルやカーブが出現しだす。
えびの高原に向かって高度を上げていくも前後にまったく車がない。
もしかして時間が早すぎて駐車場が開いていないとか?
駐車場到着は8時過ぎで料金所は開いていないが駐車はできる。
料金は出庫時に支払えばよい。
韓国岳のみに登るには、一般的にはえびの高原からのピストンがもっとも手軽。
楽すぎると思ったので周回ルートにしてみたのが今回である。
それ以外には大浪池(おおなみのいけ)登山口から池の経由してのルートも人気が高い。
さらには池めぐりであるとか高千穂峰や甑岳(こしきだけ)に登ったりも。
そんなこんなで霧島はまだまだ楽しめる再訪したい山域だ。

えびの高原第一駐車場(500円)
plus code=WRWV+8C えびの市、宮崎県


詳細は以下より。
[ 2024/02/20 21:22 ] 九州の山 | TB(0) |   コメント(10)

九州百名山 小岱山系 筒ヶ岳 (2024.1.7) 

20240107k-0.jpg
筒ヶ岳山頂にて

地元鎮守の山

小岱山、いったい何と読むのか?
案内板等そこかしこに書かれているというのに
どこにもルビやふりがなを振ってないではないか。
登っている間もあまりにモヤモヤするので「こたいさんさん」でええわと。
帰って調べてみたら「しょうたいさん」だった。笑

さて、年が明けて雪のない暖かい正月だったので初登りは金剛山。
正月を過ごした感が年々希薄になってしまって新年を迎えた実感がない。
その後、またもや所用で九州へ。
観光の予定はなかったが、せっかくなので1座くらいは登らずにおれず。
九州とて連休あたりはかなり冷えた。
朝方、冷凍室から取り出したかのように車が全面氷結していた。
寒いので午前中にちゃちゃっと終われるようにと滞在地から近い九州百名山へ。
いったいどんな人たちが登ってるんだろう?
植生はどんなだろう?
関西の山では見られないようなものが発見できるのだろうか?
などなど、いろいろ期待を膨らませながら向かう。
ちなみに九州はくまモンが有名なのに、山には熊はいないらしい。(絶滅した)
九州全体のことなんてまだ何もわかってないので九州はどうだったとかいう表現はなし。
とにかく滞在地地域の道路はただただ走りやすくて快適。
水も米も美味しく、温泉は無数にあり、源泉掛け流しがあたり前なのでわざわざ表現していない。
うどんはどこで食べてもとんでもなく美味しくて安かった。
日本中、どこへ行っても目に入るチェーン店の類はめったにみかけずコンビニにも少なめ。
人は親切だし、方言が和む。
滞在中、大阪では日常的な救急車を見かけるどころかサイレン音すら一度も聞かなかった。
ちょっと散歩して集落へと足を向けると懐かしい古き良き昭和っぽさがまだまだ残っている。
こんなに良いことずくめなら、もはや他へ遠征する理由が無いではないかとさえ思えた。
なにはともあれ今回の山がどうだったのかがメインではあるが
ほんとにあっさり終わったのでどうこう言えるものではなかった。
観光以外の純粋な山登りをしたのが今回が記念すべき1座になったことは確かである。
土地勘がまったく無いので、道を走っても、どこもかしこも、
何もかも、目に入るものすべてが初めての光景なので新鮮だった。

P.S.
小岱山(しょうだいさん)って筒ヶ岳より低い観音岳がメインだったのか・・。

= 今回の登山口位置情報 =
 plus code
 XGG7+CQ 荒尾市、熊本県
 マップコード
 69 196 659*27
 what3words
 にざかな。しょにち。きょうか


その他の詳細は以下より
[ 2024/01/09 21:33 ] 九州の山 | TB(0) |   コメント(6)

ザ・九州登山(予告編) (2023.12.9) 

20231209-0.jpg
長者原(ちょうじゃばる)ビジターセンター前にて

好天の週末だったにもかかわらずまたもや山登りに行けなかったが
所用で九州は福岡県南部に行ったついでに
滞在時間わずか一時間足らずだったが九重連山の登山口、
「長者原(ちょうじゃばる)」へ表敬訪問。
三俣山の西峰あたりにはうっすら冠雪も見られて
近くの「くじゅう森林公園スキー場」は前日8日にシーズンオープンしたばかりなので冬山だ。
それでも登山をするには雪山にはまだ早く暖かく気持ち良い気温だった。
これから登ろうというハイカーさんに声をかけるとなんと東大阪市出身だとか。
大きなザックだったので尋ねてみると今日は「坊がつる」でテン泊だとか。
山登りにそのまま一緒に付いていきたかったし、もうちょっと話をしたかったが
あまり足止めしては迷惑だろうと思って短く切り上げてお見送り。
7年前、初めて長者原に来たとき、「九州の山こそが自分の登りたかった山だ」
と思ったというのに、大阪に帰って現実に戻ってみたら
「やっぱり遠すぎる、無理」と、そんな気持ちから遠のいていたのだ。
久しぶりに来てみたら、やっぱり九州は何もかもサイコー!だと思った。
来年は九州に行く機会が増えそうなので
今度こそ九州の山に登るぞ!という誓いを立ててきた。
九州の登山といえばイケシンさんに出会えるかな。

ざっくりとした長者原はタデ原湿原からの様子は以下より
[ 2023/12/10 18:30 ] 九州の山 | TB(0) |   コメント(6)

金剛山の一日

↑CLICK HERE! 静止画一覧

 
金剛山山頂気温
30分毎更新(画像タップ)
金剛山登山回数

2024.1.3時点

1088回

キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルデバイスが大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・LCR・GNSS
Raspi・SDR・3Dprinter
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
新ステッカー(Ver.3)

強剥離タイプで耐候性のある素材で屋外対応へ

お会いした際にお声がけいただければ差し上げております
山仲間(過去1年以内更新)
月別アーカイブ
更新日カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
バックナンバー