FC2ブログ

山は無数!思い立ったが吉日、気になる山に登りに行こう!

紀宝町 子ノ泊山 (2021.4.18) 

20210418-0.jpg
子ノ泊山山頂にて

いろんな性格を持ち合わせる山、紀宝町バンザイ!

独特のユニークな山頂看板で知られる子ノ泊山(ねのとまりやま)。
あの山頂看板の実物を見に行きたいという思いはずいぶん前からあったが
その道程は果てしなく遠く、どう見積もっても家から車で最低でも4時間はかかる。
3時間なら行こうという気になれるが4時間は萎える。。
そんなこんなでなかなか足が向かなかったが、
やっぱりあの看板の横に立ちたいという思いは強く。
オチャラケた看板と言う人もいるようだが、あれは紀宝町の宝だと思う。
あの看板が無かったら行こうという気には一生ならなかったかも。
別に関西100名山や近畿100名山全制覇を目指しているわけじゃない。
行きたいと思った山にこそ縁があると思っている。
4時間、そんなに時間がかかるはずはない、もっと早く着くはず・・。
時間はともかく登山口に辿り着くまでがたいへんだった。
離合不可の狭く荒れぎみの林道を延々と走る。
前から車が来るはずもなさそうなところではあるが
運が悪いと落石の直撃食らう可能性もありえる。
写真で見慣れた登山口にようやく辿り着いた時点ですっかりお疲れ。
辿り着くまでが核心の山だ。
せめて山登りは楽であってほしい。。
山は周回しなければ、その片鱗しか知ることができない。
というポリシーを持っているのでなるべく周回したい。
一座一座を丁寧に歩き倒す。
ちなみに登山口までの往路は、十津川から熊野本宮大社を越え
丸山千枚田のほうへ大きく迂回して桐原方面から来た。
吉野、和佐又からの上北山村方面から来たとしても同じ時間がかかる。
復路は新宮に用事があったのでダメ元で浅里方面に抜けようと
やってきた方向とは逆へと林道を進んでみるも浅里へは通行不可看板。
そこは分岐になっていたので通行可能な方へと。
これまた延々と長い舗装林道をまだかまだかと進んでゆくと
都合よく新宮市内に着地できた。
新宮からは国道42号線、309号線と上北山村方面から吉野経由で帰った。

さて、山である。
干支の子年の名の付く山は全国でもここだけだそうである。
子ノ泊山の山頂名物ピカチウもどきのユニークな看板。
ついに実物を目のあたりにできるという期待だけがあって
山そのものはどんな感じなのかまったくわからない。
歩いてみないとわからないが、特筆すべきところが何もなさそうな予感。
かつて遭難が多く、平成15年以降15名が遭難していると紀宝町の公式サイトに書いてある。
おそらくそれは現在は崩落で廃登山道となった浅里登山口ヤケ嵓(ぐら)という
核心部を通るコースではないかと思ったが、
どうやら下和気登山口からのルートのほうかもしれない。
今回はどちらも通らない。
植林帯中心の取り立てて特徴の無い和歌山や奈良にありがちな山じゃないかなと
まったく期待せずに行ってみたら意外と変化に富んでいた。
岩ゴロ、急登、植林帯、なめ滝、自然林帯、展望、廃林道、ナイフリッジ、
苔ゾーン、渡渉などほぼ全部入りかも。
あとは芝生弁当広場が無かったくらいかな。(^^ゞ
先週末、先々週末とハードなルートで疲れたので今回は程よい短さで楽できた。
強くて冷たい吹き付ける風だけが辛かった。

詳細は以下より。
[ 2021/04/20 19:29 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(3)

宍粟50座 三室山・空山 (2021.4.10) 

20210410-0.jpg
三室山山頂にて

意外や意外の隠れた名山だった

先週の鈴鹿は低気圧もあってか、けっこう長くて疲れたので
今回はもっと楽して昼寝できるくらいな山でゆっくり過ごしたい。
近場でがんばらない山登りのつもりが。。
週末土日があまりにも天気が良さそうなので、
候補としてリストアップしている山でどこに行きたいか?
と考えるも行きたい山が定まらない。
先週のついでに連続で10座を終わらせるか、鈴鹿の別の未踏に行くか
天気が良いなら展望のある山がええよなぁ。
しかし、わざわざ遠くへ行ってもどこにでもありがちな山ばかりだろうと
夜中に行き先を考えるとついセンチメンタルになってマイナス思考になりがちだ。
地図を眺めていてふと目に止まった平成之大馬鹿門だ。
2016年10月に「後山」に登ったときにその存在に気づき
わざわざ行ったみた平成之大馬鹿門
対になっているもう一つの平成之大馬鹿門が存在することを帰ってから気づいたが
それがある空山だけをわざわざ行くのもマイナーすぎだなぁと気づいたら
はや5年も経過してしまっていた。
空山と近くの三室山とやらをセットで周回している人のレコに気づいたが、
15km越えを遠方の日帰りでは先週の二の舞だ。
なんとか短くならないかと考えた結果、前半はバリエーションとマイナールートの併用。
後半はマイナールートでの三室山へ登って一般登山道で下山。
約12kmと少しだけ短くはなったが、バリエーションの激登りや
マイナールートゆえの障害物巻きなどで疲労困憊。
前半だけで十分疲れたので、大通峠から舗装路で下山しようかとも思った。
しかしながら、あと少しだけ、もうちょっと、あとちょっと・・・と三室山に進み、
1,111mピーク付近で遅い昼にした。
スタート9時、時間にしてすでに13時半になっていた。
自分にとっては短い、たった一時間の休憩後、体力も気力も回復。
クールダウンも通り越して寒くなったので三室山へと進行することにした。
時すでに14時半である。
ピークには大展望があるという程度にしか期待していなかった不人気な山と言われている三室山。
まさかの意外性のある個性的な山だったので本日の核心はこっちだったといううれしい誤算。
三室山の大通峠側面は、大峰の最深部七面山のあけぼの平を彷彿させた。
山頂直前の最後の急登は、すでに疲れきっている身には堪えたが
展望はさすが遮るものにない355度の大展望で期待以上だった。
目前にはどっしりとした存在感のある氷ノ山がそびえる。
あまりにも眺めが良くて時間を忘れ、気づいたらもう16時20分。
三室山山頂からの下山は一般登山道でコースタイムが一時間半だ。
一般登山道なので平和にスムーズに一気に下れると思いきや
これがあまりにも予想外すぎて意表を突かれた。
まずは垂直に近い鎖場があって慎重に下らなければならず、
さらには大峰で言うところの七曜岳から無双洞の中間くらいにある
道迷いしそうなステージが幅広すぎて踏み跡見失う。
しかもまだかまだかの長尺ぶりにはマイッタな。
これ、三室山単品を一般登山道ピストンで登ったらどんな感じなんだろ。
その魅力の半分しか知らないまま終わるのではないだろうか。
山頂からは見えないあけぼの平風の西尾根はもちろんのこと、
日本庭園風に見えたという北側の尾根も行ってみたくなる要素がたっぷりあった。
今回は時間切れと体力切れで歩けなかった竹呂山も続きで行けるので
季節を選ぶものの再訪ありな山だと思った。
[ 2021/04/12 21:48 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(10)

ふるさと兵庫100山 朝来山 (2021.3.7) 

20210307-000.jpg
朝来山展望台にて

なかなかゴキゲンな山だった

今回、この山に登りたくてわざわざ遠くまで行ったのではなく(^^ゞ
このあたりで販売しているものを調達するお使いや蕎麦がメインであって
ついでに登れる山はないか?と周辺を調べたら、
いちばん最寄りの山がここだったというわけ。
どんな山にも個性があって、登れば何かしらの良いところがあるに違いない。
そんな良い面を見つけてやるという思いでいろんな山に登っている。
今回の山はまさかのボリュームで、山も展望も良く結果的に満足度は高かった。
宗教的なオブジェなどが無いという点でも良かった。

急遽思い立った計画では、朝来山→竹田城跡→買い物→出石そばというコース。
実際には、朝来山→買い物→温泉→出石そばという結果になった。
朝来山だけで疲れてしまい、過去に行ったことのある竹田城跡はパス(^^ゞ
それよりなにより寒すぎた。。(≧∇≦)
フリースパーカーの上にソフトシェルは暑すぎると思いきやそれでは足らないくらい。
下りてからもダウンジャケットが要るくらい寒かった。

「朝来山」というと雲海に浮いた竹田城跡を眺められる山として知られている以外、
他に何があるの?という程度の知識で向かった。
雲海が出るとまるでマチュピチュのようにその眺めは天空の城と表現される。
そのため、朝来市のポータルサイトには「勝手に雲海予報」というページまである。
竹田城跡のある山は、そこそこ高い山の上にあるかと思いきや意外と低い。
そのため、そのような低空に雲海が出るタイミングなんて季節と時間を選ぶ。
今回のような季節、時期、時間帯には望むべくもないのは最初からわかっていた。
朝来山の山麓には「立雲峡」と言って、昔ながらの桜の名所がある。
当然、桜の開花にもまだ早すぎるので桜も望めない。
そのように何もない閑散期であるが駐車場とか空いているほうがよいのであえて。
そんな立雲峡の駐車場に駐車、1名300円の入山料?駐車料?を支払ってのスタート。
いろんな名前のつけられた桜や巨岩などがある立雲峡。
桜が咲いてなければ竹田城跡方向にちょっとした展望があるだけである。
立雲峡のプラッチック階段を登って通り抜け、「おおなるの池」を過ぎる。
そこからようやく山登りかと思いきやこんどは未舗装の林道。
うねうねと林道を歩いた後、踏み跡の薄い尾根へ取り付く。
序盤の植林帯を抜けるとなかなかワイルドな急登が立ちはだかる。
アキレス腱が伸び切るほどの急登で、立木に捕まりながらの這い上がり。
ゆるりと吹く微風が寒く、汗をかくには至らず。
ようやく急登が終わると落葉した自然林帯で明るくて落ち葉サクサク。
今の季節だから気持ち良いけど新緑以降は葉に覆われて暗いんだろうなぁ。
そんなこんなで寒さ以外は快適な場所だったため山頂未着のまま早めの昼食。
といってもジャンクなカレーメシと行動食のミックスナッツだけ。
今日は浴びるように蕎麦を食べるため腹を空かしておかなければならないのだ。
それにしてもカレーメシ、ほんと美味いなぁ。(^^ゞ
これと何かを足さないと通常ならぜんぜん量が足らないんだけどね。
食後のコーヒーを嗜むも寒くてくつろげないので早めの撤収。
そこから少し登っての山頂到着。
さて、山頂から向こう側が本来の登山ルートのようなので、
どんな感じなのか楽しみに歩くと、なんやこっちのほうがぜんぜんええやん(^^ゞ
あの急登の苦労はなんだったのかと思えるほどゴキゲンなトレール。
朝来山展望台なる弁当広場があって、この山いちばんの展望ポイントになっていた。
ここで昼にすべきだったかなぁ。(^^ゞ
この展望台から下山が本格化するのだが、くまコースとむささびコースに分かれている。
どちらも気になるコースであったが、
駐車地に戻るためには必然的にむささびコースとなった。
朝来山の北側の急斜面をつづら折れでへつる感じでやたらと長かった。
林道に着地してからは立雲峡方向へ。
登りでは「おおなるの池」と、池を迂回するような分岐があったので
下山では池を通らない迂回ルートから立雲峡へ入ろうと思っていたら、
どこで分岐を見落としたのか、はたまた分岐などあったのかどうか
立雲峡とは尾根違いの方向へ踏み跡を辿って。
そろそろ立雲峡に合流しそうなところで反対方向からの林道の終点。
詰んたか?バリエーションで戻らなければと思って林道に降り立つと
林道で遮断されていた踏み跡の続きがあった。
そこからほどなく立雲峡へ復帰。
朝はほとんど居なかった観光客が、桜も無いのにそれなりに入っていた。
そんなこんなでいろいろ良かったので予想していたより時間がかかっての下山完了。
下山後しばらく車内は冷房(笑)入れてるほど暑かったが、
午後も15時くらいになってくると着込まないと寒くて寒くて。。
温泉に入らないとやってられんとなって最終目的地の出石市になんと源泉かけ流し?
流れてなかったけど?一軒だけあった温泉「乙女の湯」に飛び込んだ。
グランピングの施設を兼ねる感じだったなぁ。
そしていつぞや蘇武岳の帰りに立ち寄って気に入った出石そばの花水木を目指して一目散。
そんなこんなで下山後も大満足な山行となった。
しかし、下山してから花粉症大爆発でえらい辛いことになったのをメモしておかなくては。。

[ 2021/03/11 19:57 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(9)

京都西山 半国山・烏帽子岳 (2021.2.20) 

20210220-0.jpg
半国山山頂にて  <磨崖碑>

変化に富んだステージが楽しい

別名、丹波富士とも呼ばれる半国山(はんごくやま)は、丹波・摂津・播磨の三国が
それぞれ半分見られるとか三国にまたがっている山だとかで名付けられたらしい。
山頂には象徴的な、ケルンを連想させる不動明王像の磨崖碑が山頂にあるという以外は
これといって特筆すべきものがなさそうだなぁと思いきや、
行ってみたらまさかのルーファイがあったりと変化に富んでいてなかなか楽しかった。
独立峰的な富士と形容されるだけあって山頂まで登り切ると
下山中には登り返しが一切登場しないのが楽チンで良い。
さすがはなんとか富士、これからは富士シリーズだ!なんてね。
ただし今回は、明智光秀の神尾山城跡を確かめるためにわざわざ登り返す
遠回りルートを歩いたが、城跡こそなんの跡形もなかったが、
金輪寺(きんりんじ)を包含する城跡の面影を一体として体感できた気がする。
初めて挑む山というは、予習段階で写真などを見てざっくりイメージしていても
行ってみたらその予想が大きく外れていたという事はよくあって
むしろをそのギャップが楽しみの一つにもなっている。
それゆえに予習はほどほどにあまり詳しく調べすぎないで挑むのが好きかな。
たまに下調べをしなしさすぎて、帰ってからの復習段階で
近くにそんなのがあったんなら立ち寄ればよかったなぁ
という失敗もたまにはある。(^^ゞ
今回、大峰でお会いしたことがあるnono720さんの周回ルートを参考にさせていただいた。

半国山は774mほどの低山なので夏場には登りたくない冬季向きのターゲットであった。
以前、下調べしたときは赤熊ルートの取り付き付近に駐車するとメモしていたが、
駐車場らしいものがあるわけではない様子。
そこで今回、宮川神社・金輪寺の駐車場が利用できるようなのでそちらに行ってみた。
今回、反時計回りということで赤熊ルートから登るために舗装路を移動。
取り付きから獣避けゲートをくぐるとそこは幅広のゴキゲンなトレイル。
スタートから清々しい爽やかな雰囲気からしてすでに予想外。
しかしそれも長くは続かず終点となり、いよいよ登山道へ。
いつぞやの風水害で登山道は荒れ、ピンクのリボンにて巻道へと誘導される。
写真を撮りながら登っていると、後から来られた2人があっという間に抜いて行った。
渓流沿いの荒れた登山道は冬枯れシーズンの今でもやや薄暗い。
沢の水は澄んでおり、かなりキレイなほうである。
滑りそうな岩のあるガレた登山道はやがて二手に分かれようとしたその時、
上から見たことのある人が下りてきたと思ったら抜いて行った2人だ。
「あれ?もう登って来られたんですか?」と声をかけると、
「この先に危なっかしい難所があったのでやめて引き返してきました」とのこと。
どんなところなのかひと目見たかったが、その後すぐに分岐となり
計画ではその分岐を2人が下りてこられた左の赤熊ルートを峠まで詰めるのではなく、
先に烏帽子岳へ登る予定だったので右へと進んだためどんな難所だったのかわからずじまい。
ようやく斜度のあるあまり見通しのない天然林帯を登り始めるとようやく暑くなってきた。
稜線の鞍部に登り切って右手を見ると、急登と巻道の二手に分かれていた。
とりあえずピークを目指して急登のほうへ距離にして150mほど登って烏帽子岳に到着。
フラットでそこそこ広い快適な山頂なのに三角点も山名板も無いのが残念だった。
そこからは鉄塔のある開けたほうへと下り、踏み跡を辿って鞍部に戻るプチ周回をした。
やや方向感覚がおかしくなりそうな感じではあった。
鞍部から登り返しでこの先ずっと一本道の単純な登山道を辿るだけだと
気楽にかまえていたら、まさかのルーファイとなってややこしかった。
踏み跡も薄く、油断していると別尾根に誘いこまれそうだった。
右往左往していると妙なものを見つけてしまい、下山後、亀岡警察署へ届けた。
半国山への手前ピークを下りきった峠(鞍部)が赤熊ルートとの合流点であり、
牛くくり広場となっていた。
テフロン製のたまご焼き器のぶら下がるそこからはピークまで長い登りで、
一部は残雪が残ってドロドロで滑りそうになる。
ピークまでの間も植生が変化に富んでいた。
それは他のどこの山とも形容しがたい感じ。
ピークに到着すると男性が一人だけおられた。
山頂は広くてフラットな弁当広場適地でもあった。
もう腹ペコすぎて早く昼休憩にしたかったが冷たい風は強く、周辺をうろついて適地を探すも断念。
千ヶ畑から登ってきたというその男性とは延々と立ち話をすることになり、
山頂から見渡せる山をひとつづつすべて教えてもらった。(^^ゞ
いつしか男性は下山してしまい、自分も後を追うようにピークから離れる。
山頂周辺での昼休憩を我慢した甲斐あって、
下り切ったところには寝転んだまま運動会できそうな広さの落ち葉積もる
快適な場所があったのでようやく昼食にありついた。
登山開始して5時間後のことであった。
あ、もうこんなに文章が長くなってしまっている。

続きは以下写真のインラインにて。
[ 2021/02/22 22:03 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)

淡路島 諭鶴羽山・沼島 (2021.2.11) 

20210211-0.jpg
淡路島にて

【動画編】


国生みの地、日本人の心のふるさとを感じた

※現地集合現地解散、分散乗車など他者との接触を極力避けるよう配慮した行動を行いました。


スキーなら楽しいけど、山登りではしんどいだけの足かせになる雪山は
美しい樹氷と青空が見れるとしても、アイゼン取ったり付けたり、
ワカンだのピッケルだのストックとかカメラ以外の持ち物が多すぎて無理ゲー。
めんどくさすぎてすみません。(^^ゞ
年齢とともに寒さに弱くなったのも確か。。
基本的には森林浴登山のほうが好きなヘタレ屋なので、
それでも良ければ久しぶりにどこかプチ遠征に行きましょかという成り行きで
孤島のような島もええなぁ~、という流れになり沼島が浮上。
島だけじゃ歩き足らないかもしれないので
過去、と言っても7年も前に歩いた諭鶴羽山にも登ることになった。

雨の心配の無い絶好の天気で、標高を考えると山登りには最適な気温だ。
今冬の寒波はもう終わりなのか?と思わせる春の陽気。
つらい朝2時起きの集合場所4時待ち合わせにて淡路島縦断をして南端へ。
夜明け前後の早朝はほんとに気持ちが良くて心が洗われるようだ。
加えて海の情景は、いつまでもボーッと眺めたくなるがそうもしておられない。
下山してから11時55分の沼島行きに乗船しなければならないからだ。
じっくりと山を楽しみながら歩く我々のペースはわりと適当で
コースタイムは参考程度で脱線によるみち草がどの程度なのか予想がつかない。
今回は、薬師堂跡に悠久の歴史に思いを馳せ、
諭鶴羽神社では往路も復路も立ち寄っては舐め回したり、
山頂では地元の方との立ち話が長く、いろいろ教わったりで予想外の時間泥棒。
建国記念日の今日、淡路島は国生みの地だけに特別なイベントが多いみたい。
諭鶴羽神社では祈祷や植樹をしていたりと慌ただしそうであったが
みなさん親切で、我々よそ者?に対する無関心さや排他的なところがない。
直接会話しなかった人からもウェルカムなムードを感じた。
未踏だったメンバーには今回どのように感じた山だっただろうか。
下山ルート、以前は周回したがそのほうが時間がかかるのでピストンで。
予定よりも早く下山完了したが、水仙郷に行くには時間が不十分。
かなりゆっくりしてからの移動でも乗船場所で30分くらい待ったかな。
山登りをやっていると海や船とはわりと無縁なので
たった10分間の乗船でも旅行気分になった。

さてさて初上陸の沼島(ぬしま)は、7年前に諭鶴羽山登山をしたときの
下山コースからの眺めで目に留まり、とても気になった島である。
あんなに気になっていたのに7年間も放置していたってどういうことだ?!
淡路島よりも先の国生みの地とかで、沼島八幡宮やおのころ神社がある。
我々の沼島での核心部はハート岩の上立神岩である。
それ以外には、四国八十八ヶ所巡りにちなんで八十八ヶ所の石仏があるようで
時間があれば一つづつ確認してみたかったなぁ。
そんな石仏が散らばる周回コースは、海の展望が乏しく、
山登りしたまま同じ重装備で歩いたので後半は疲れてしんどかったなぁ。
島の人はみなさん親切で、10代くらいの若い子でも向こうから挨拶してくれた。
帰り際、時間がタイトになり、まだ元気の残っている先発隊に、
船の出港を足止めしてと託して走っていってくれたが、
島民の人が、急いで駆けている先発隊を見かねて乗船時間を調べてくれたり
「まだ間に合うからがんばって!」と声をかけてくれたらしい。
コロナなどどこ吹く風?という勢いだ。
ほっこりさせられるのはやっぱり「人」の温もりだよなぁ。
沼島は人が押し寄せるような特別な何かがあるわけではないが、
大阪から日帰りで来れて俗世間から離れられる孤立感にワクワクさせられる。
400人あまりの島民はみなさん親切でウェルカム。
静かな孤島の中に身を置いて、外野から日本を眺めるような気分に浸って
時間に追われることを忘れるにはとてもよいところだなと思った。
そんなこんなであっという間に終わった一日だった。

他の写真は以下より。
[ 2021/02/14 20:46 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(5)

金剛山の一日

山頂10分毎の静止画一覧

 
ツイートbot
お役立ちサイト
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ

日本道路交通情報センター
キバラー動画
このブログ内の検索
 
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
金剛山がホームグラウンド。
毎週どこかの山に登っている
関西中心の登山ブログです。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
デジタルガジェット好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ(LCR)
ラズパイ・SDR
ドローン:航空法第132条
全国フライト許可証取得済

THE KONGOTOZAN
防水ステッカー(Ver.2)

お会いした時、欲しい方には
差し上げております(^^)
ヤマ仲間
月別アーカイブ
更新日カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
バックナンバー