FC2ブログ

いざ行かん、未踏の山へ!
月別アーカイブ  [ 2009年12月 ] 

石ブテ東谷ルートの真実 

20091202-1.jpg
※忘れてはいけないあの坊領ルートを入れると、他のルートが小さくなってしまった。

石ブテ西谷ルートから一週間後に、石ブテ東谷ルートを登ったわけであるが、
さすがに一週間も経つと「たしか難儀なルートだったはずだよなぁ」という程度に
漠然と記憶に残っているだけだ。
「のど元過ぎれば・・」何とやらで、良かったことはいつまでも記憶に残っていても
良くなかった事はすぐに忘れてしまうという都合の良い自分。
そこであらためて、撮影した動画の素材(編集したものはずっと短いので)を見直してみた。

石ブテ西谷ルートの難ルートは全長の半分程度で終わる感じであるのに対して、
石ブテ東谷ルートの難ルートは終盤直前まで続き、終盤はというと延々の激登り。
そのため、石ブテ東谷ルートのほうが体力的に過酷である。
しかし危険度はというと、確実に石ブテ西谷ルートのほうが上だと思う。
雨で濡れていたり、凍結するようなコンディションでは望まないほうが良い。
ましてや単独で行かれて何かあった場合(足の怪我)、
運が悪ければ丸一日、人は通らないであろう。
石ブテ西谷ルートに比べるとまだ登る人が居る可能性は高い。

ちなみに石ブテ西谷ルートの前半は、もう登りたくないなぁと思う。
石ブテ東谷ルートはまた登る?と問われると・・う~ん。
甘ったれたヤツをお連れするには最適な修行場かな?
じゃあ、石ブテ東谷ルートと坊領ルート、次に登る可能性があるとしたらどちら?と問われると
う~~んと悩んだあげく、石ブテ東谷ルートでしょうね。

どちらのルートも金剛山の最難ルートの1位と2位であることはほぼ間違いなさそうである。
(クソマル谷ルートも厳しいと聞くが、果たしてどうなのだろう)

ここで、ちょっとルートのコンディションをわかりやすく表現してみた。

 R=楽ちん舗装路
 Y=しっかり道の付いた山道
 W=わかりにくいが何とか進むべき方向がわかる楽な道
 K=階段路
 S=歩きにくい沢
 T=沢上の小滝
 X=危険な滝・崖
 N=急激な登り

千早本道・・・・・・RKKKKKK (50分くらい)
石ブテ西谷ルート・・RSTXTXTXTXTXTWWWWWWWNY (3時間)
石ブテ東谷ルート・・RSTXTXTXTXTXTXTXTNNNNY (3時間)

以上、参考になれば幸いです。

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ